ピクシブ百科事典

国会議事堂前駅

こっかいぎじどうまえ

東京都千代田区にある鉄道駅。国会議事堂の最寄駅。
目次[非表示]

概要

東京都千代田区永田町1丁目にある東京メトロ丸ノ内線千代田線の駅。駅番号は丸ノ内線がM14、千代田線がC07。

千代田線と丸ノ内線は地図上で見れば一番近接してるので乗換やすい…ようでアップダウンが多いので楽とは言い難い。

東京メトロ銀座線東京メトロ南北線溜池山王駅」とは同一駅として扱われ、改札内でつながっている。千代田線と南北線が乗換できるのは当駅のみ。
また銀座線と丸ノ内線も乗換できるが、銀座駅の日比谷線ホーム横断よりも更に長い距離を歩く羽目になるので全くお勧めできない(下手したら赤坂見附に行った方が早い)。

国会議事堂の最寄駅。
千代田線のホームは地上から37.9mの深さに位置している。これは東京メトロで一番深く、かつては「海底駅を除いて日本一深い所にある駅」の記録を維持していた(現在は都営大江戸線六本木駅」1番線の地下42.3m)。
この付近は、首都高速道路のトンネル及び、丸ノ内線のトンネルの下を通過し、現在は首相官邸となっている官庁関係のビルがあった国有地、現在の山王パークタワーの位置にあった山王ホテルの建物の下を通す必要があったためそれなりの深さになった。メイン画像のように、この区間は単線シールド工法で建設された。
そのためホームは1面ながら3・4番線の行き来は一部分でしかできないので急いでいるときは注意。

駅構造

丸ノ内線が地下2階の相対式ホーム2面2線、千代田線が地下6階の島式ホーム1面2線である。

乗り場路線方面備考
1丸ノ内線新宿荻窪方面
2丸ノ内線東京池袋方面
3千代田線代々木上原・(小田急小田原線)唐木田伊勢原方面
4千代田線大手町北千住綾瀬・(JR常磐緩行線)我孫子取手方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は159,494人である。
    • 溜池山王駅と同一駅扱いの為、乗降人員も溜池山王駅と同じである。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度132,555人
2009年(平成21年)度128,530人
2010年(平成22年)度127,591人
2011年(平成23年)度133,373人
2012年(平成24年)度142,482人
2013年(平成25年)度140,487人
2014年(平成26年)度135,662人
2015年(平成27年)度140,867人
2016年(平成28年)度144,028人
2017年(平成29年)度150,373人
2018年(平成30年)度161,573人
2019年(令和元年)度159,494人


停車駅

丸ノ内線

赤坂見附駅 - 国会議事堂前駅 - 霞ケ関駅

千代田線

赤坂駅 - 国会議事堂前駅 - 霞ケ関駅

関連項目

 東京メトロ東京地下鉄 東京23区の駅一覧

関連記事

親記事

東京23区の駅一覧 とうきょうにじゅうさんくのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「国会議事堂前駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント