ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

三船栞子

みふねしおりこ

「スクフェス ALL STARS」の登場人物であり、スクールアイドル「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の追加メンバー。
目次 [非表示]

「私は、自分の適性を最大限発揮できる生き方をしたいと考えています。それは、皆さんの夢をサポートすることです」

「私に…出来るでしょうか」

「もう一度、ここから始めませんか? 私達、もっと仲良くなれると思うんです」


プロフィール

名前三船栞子
読み方みふね しおりこ
英字表記SHIORIKO MIFUNE
学籍虹ヶ咲学園
学年1年
学科普通科
所属クラブ(スクスタ)無所属→虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会虹ヶ咲学園スクールアイドル部→虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
所属クラブ(アニメ)無所属→虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
所属委員会生徒会長
一人称
身長160cm(シリーズ17位タイ)
血液型AB型
誕生日10月5日
星座てんびん座
スリーサイズB79(D)/W56/H78
イメージカラー翡翠色
CV小泉萌香
肩書きまっすぐ
所属ユニットR3BIRTH

概要

ゲーム『スクフェスALL_STARS』(スクスタ)及び『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』作品群のキャラクター。


初登場は、2019年10月31日に実装された『スクスタ』メインストーリー第8章第10話。

2020年8月3日に、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会正式メンバーとして加入することが発表された。外部リンク

ラブライブ!シリーズ史上初の追加メンバーである(これまで「ストーリー上の追加メンバー」はいたが、いずれも「プロジェクト上は初期メンバーと同等の扱い」であり、栞子は「ニジガク」プロジェクト発足時点では一切発表されていなかった)。その後、虹ヶ咲に更なる追加メンバー2名や、『ラブライブ!スーパースター!!Liella!に2期生が追加され、メンバーが後から追加される流れが出来上がっている。

また、それまでのスクスタの総勢27名とSaint Snowを加えたプロフィールが明らかになっている全スクールアイドル中、絢瀬絵里に次いで二人目の10月生まれでもある。


人物

日本有数の名家、財閥の流れを汲む三船家の次女。天王寺璃奈中須かすみ桜坂しずくと同じ虹ヶ咲学園の1年生。身長160cmと虹ヶ咲1年生の中では長身。


緑寄りの黒髪ボブの左側頭部に短い紐のような髪飾りをしている。八重歯が特徴的。

瞳は赤眼


学科は普通科(『みんなへ届け! ニジガクジャーナル』冒頭紹介より)。

1年生の普通科はかすみと同じだが彼女とは別クラスの模様。


常に敬語で誰彼かまわず「さん」付けで呼ぶ。一人称は「私」。「あなた」の事は「あなた」と呼ぶが、本人がいない場では「あの方」と呼んでいる。

スクスタ20章で編入してきた鐘嵐珠とは幼馴染みで親友。年齢こそ栞子が下だが、栞子がただ一人名前を呼び捨てする相手が嵐珠である。彼女にはいつも振り回されてきたと辟易しており、現在は嵐珠のたまのワガママを一喝する保護者役にもなっている。

嵐珠の母虹ヶ咲学園理事長とも家族ぐるみで旧知の間柄。栞子の硬い口調も崩していいと言われ、全面的に信頼されている。


性格は生真面目で誠実。不真面目な者には厳しいが、笑顔で冗談を飛ばす一面もある。ただし天然なところもあり時々他者の冗談が通じず本気にしてしまう。

他人の得意分野「適性」を見極めるのが得意。人の持つ能力や性格から見定めており分野はスポーツから文化系まで多岐に渡る。ところがその人が好みであるだけの不得意分野や上達を気にしない遊びの活動といった非効率の行為は最初意味が無い物として勘定できなかったせいで他者に理想の進路を強要していた。スクールアイドルになってからは遊びの良さも理解し、以前より柔軟なアドバイスが出来るようになった。

実はスマホをはじめとした機械の扱いにあまり慣れていないという一面もある。スペシャルドラマ「コッペパンの誘惑」では、かすみにスマホの壁紙を変えられるというイタズラをされたときも「壁紙の変え方がわからない」というかなり初歩的な理由で壁紙を変え(られ)ずそのままにしていた。


スクスタにて

  • 1stシーズン

生徒会長優木せつ菜もとい中川菜々から生徒会長の資質が感じられないとして生徒会長選挙に立候補し、もし当選すれば「スクールアイドル同好会」の廃部を検討しようと考えた。


最終的に再選挙に勝利して生徒会長に就任、スクールアイドル同好会を廃部にするために動き始めるが同じ生徒会長の絵里ダイヤとの話し合いの末に「中間テストで全員60点以上取れなかったら活動禁止」と告げる。

最終的に目標は達成したが彼女はそれでもスクールアイドル同好会を認める気はないと言い、何が何でもスクールアイドル同好会は廃部にすると告げる。

その後もどういうわけかスクールアイドル同好会廃部への執着を見せ他の部活動に対しては全面的にサポートする一方でスクールアイドル同好会に対しては迫害を行うようになる。

しかし、生徒を強制的に転部させるなどその強引なやり方が災いしてか支持率が低下していたことが判明した。

さらには学校説明会の打ち合わせでは適性試験を行い、合格した者のみを入部させるという方法を貫こうとしたため当然各部長たちの反感を買い、打ち合わせがなかなか進まないという有様だった。

このままでは学校説明会中止という最悪の事態を避けるためにスクールアイドル同好会に直接どうすればいいかを聞きに行った際にみんなの気持ちを理解するために不本意ながらもスクールアイドル同好会に仮入部することとなり、その際に練習着姿を披露した。

練習着しお子

それでも考えを改めないためあなたと話し合った際に、この学校で最後の大会でスタメンに選ばれず泣いていた3年生を見たことやほかにも活躍できず悩み、苦しむ生徒を見てきたこと、そんな姿はもう見たくないと自分なりに学校をよくすることを考えていたことを明かし、あなたの協力もありようやく考えを改め何とか生徒たちと和解し、学校説明会を開催できるようになったのだった。


「学生が学業を疎かにしているのはよくない」等彼女の言い分も分かる反面、やり方が強引な為上記の内容からしても悪役に見えてしまうが、休日はボランティアで児童館や老人ホームに通い児童館の子供たちと戯れる一面があったり天王寺璃奈が拾ってきてしまった猫のはんぺんを部室で飼うことを許可したりと根は悪い人物ではない。


栞子がスクールアイドルを無駄なものと嫌っていた理由は姉、三船薫子の存在が影響していた。

栞子は、「姉(薫子)は自分の適性に見合った生き方をしていれば、三船家の跡取りになれたが、スクールアイドル活動とスクールアイドルフェスティバルに入れ込み過ぎ、何もかも失った。もうそんな人を見たくないから適性を何より大事にし、皆を笑顔にしたかった。」と思う気持ちから、生徒を適性にあった部活に転部させる、スクールアイドルを目の敵にする等の行動をとっていた。

しかし、スクールアイドル同好会との交流や、あなたとの生徒会活動を通して考えが徐々に変わり、せつ菜にも栞子が生徒会長になってくれて学園が活気づいたと喜ばれ、最終的にスクールアイドル活動は素晴らしいものと考えを改めた。


そして2020年7月31日に追加されたFirst Season最終章(17章)では、無事に開催されたスクールアイドルフェスティバルのアンコールにて、栞子もメンバー9人と共に一緒にステージに上がりみんなで練習した曲TOKIMEKI Runnersを披露した(新イントロも専用MVも用意されたので、「17章ver.」として別曲扱い)。


17章配信の3日後、同好会正式メンバーとして加入することが発表され、同8月5日よりプレイアブルになった。

プレイアブル化と同時に各ガチャに彼女の初期カードを追加し、彼女のソロ曲「決意の光」を初披露し、ストーリーの進行度関係なしに全ユーザーへ初期Rカードを配布された。

また、同時期のアップデートで3グループのサマースパラッシュ(水着) 衣装が期間限定の有料パックの一部として実装されたが、彼女のサマースプラッシュ衣装のみニジガクの有料パックではなく課題から無料に入手可能。


18章からは、生徒会長なので同好会のイベント関連の学校申請が手軽にできる立場で時に同好会をまとめる役をしながら、スクールアイドル初心者かつ全メンバーの後輩として低姿勢で活動している。

スクールアイドルになるまで、昼食は生徒会室で1人で食べ、大勢の誕生日会は幼稚園の同じ月の子まとめての会以来無かった。なので同好会の歓迎会は遠慮気味、29人での誕生日パーティ開催に茫然としたがすぐ笑顔になっている。

生真面目ゆえ部員の家族を心配させる活動は許さないが、それさえ無ければ柔軟に対応する。

18章のμ'sとの合同合宿はニジガク側は栞子の立案だったが、μ'sらが合宿と称してすぐ遊び始めたノリに戸惑いながら楽しんだ。矢澤にこ主催の茶番にニジガク1年生の括りで参加させられた際のピュアさは必見。

入る部活に迷っている生徒に進路をアドバイスする姿と、かすみ達に成績が悪いと活動は認められないと戒める所は健在である。


14章で栞子の体験入部の際、学校説明会でただ1人代表に選ばれた上原歩夢の練習に声を掛けて交流を深めたのが栞子で、続く15章~16章の歩夢と「あなた」のすれ違いによる大喧嘩まで一番近くで見ていて仲直りに一役買った経緯もあり、加入後はすっかり歩夢に懐いたと言うか上原歩夢推しになった。歩夢が来るととても嬉しそうな声色になる(栞子キズナエピソード15話~17話など)。歩夢自身もそれを知ってか知らずか、休日「あなた」と栞子が2人きりだったのを発見すると栞子の方を取り合おうとする始末。


  • 2ndシーズン

第19章にて、幼馴染関係にあり虹ヶ咲学園理事長の娘たるランジュとその連れミア・テイラーが虹ヶ咲学園に突如転入してくる。

第20章からはそれと同時にランジュがスクールアイドル同好会の面子を輝かせるため、同好会の活動を監査委員会の監視下で規制し、加えて学園内にプロの環境設備が整ったスクールアイドル部を結成することになる。

ランジュがミアと創部の話をファミレスでしていた頃から2人に同行。宮下愛及び朝香果林と共にスクールアイドル部へ移籍した。理由としてはランジュのストッパーと同好会の活動再開を許可させる為。

栞子本人は昔からランジュの強引な言動に悩まされてきたとのこと。その為、ランジュを中々説得することが出来ず、部と同好会の板挟みに悩まされる。

しかし23章で監査委員会を解散すると決定されたことを告げ、元監視委員会の者たちと共にスクールアイドル同好会に謝罪したが、「ランジュのわがままは目に余る」ということで彼女の監視を続けるためまだ同好会には戻れないと複雑な心境であった。

27章で姉との因縁が改めて明かされ、いつまでも自分を子ども扱いする薫子に不満がたまっていたらしく、幼いころからキャンプでは探検に行くと言ったきり帰ってこない、自転車に無理やり二人乗りさせて坂道を猛スピードで走らされる、そのトラウマで外に出られなくなったら今度は部屋に大量の蝉を話される等自由奔放な姉に振り回されてきたことを明かす。

そして三船家の跡取りになれたであろうにスクールアイドルにのめり込み、自ら後継者の座を手放してしまったという出来事が原因でスクールアイドルを嫌っていた経緯を改めて明かした。

説得しようとも薫子はまともに話も聞いてもくれない。姉の思考を理解するべく、自身らと同じ姉または妹である穂乃果、絵里、千歌、ダイヤ、ルビィ、エマ、彼方にも姉の件について意見を聞き、姉に自分の意思を伝えるためにライブをすると決意。

だがその際に手伝うと言い、再び自分のやり方を押し付けようとしてきたランジュに「あなたの特別なやり方は私にはできません。あっち行っててください!」と初めて拒絶する。言われたランジュは「栞子まで、私を特別扱いするのね」と言い残し姿を消す。

ランジュを気にかけながらも、新曲「翠いカナリア」を披露し、薫子は妹の立派な自立心を理解し、ようやく考えを改めたのだった。

ランジュは突然失踪するも彼女が開催したライブで、ランジュの本当のパフォーマンスと「自分勝手で傲慢と思っていたものはランジュなりの精一杯の伝え方」だと彼女のスタイルを心から理解した。だがこれで部を解散させて自主退学すると分かり、部と同好会で捜索、無事再会できると一番に叫んだ。

ミアがランジュの褒めていたDiverDivaから新たなユニットとデビュー曲を創り出しR3BIRTHが結成されると、校内オーディションに向け3人で活動。その果てにランジュがスクールアイドル同好会の真の魅力に気付いた事で部が正式に解散され、愛、果林と共に同好会に戻った。


「三船栞子のファン第1号」を自負する生徒会の書記委員コンビ右月左月がいる。メインストーリーでは2ndシーズン第20章から登場、最初は監視委員会として活動する羽目になってしまったが、元の書記委員に戻ってからはメインストーリーとキズナエピソードで栞子の熱烈ファンかつ同好会ファンとして同好会と交友関係にある。ただしこの2人、揃ってオタク趣味が少々特殊のくせに方向性が違うせいで、いつも会長を無視して信念をぶつけ合っている。


キズナエピソードにて

8月5日に、入部してから新曲ができるまでの6話が公開された(配布された初期Rだけも解禁できる)。以降も随時更新中。

当時は2ndシーズン公開前だったせいで、栞子入部と同時に短期留学したはずの「あなた」が、「あなた」帰国の前には移籍している栞子が、2人とも至って普通に同好会で活動しているが、時系列がメインストーリーと違うのか、別世界なのか、気にしてはいけないのかは不明。


お小遣いが月3000円(中須かすみと同じで驚かれていた)なことや、外食や寄り道をしたことがなかった過去が判明している。

また真面目過ぎる為、中須かすみから「新入部員は購買で食べ物買ってくるのがルール」と言われ、それを鵜呑みにし、パシられそうになっていた。

あなたとともに曲作りに取り組もうとするが、スクールアイドルとして何がしたいかが曖昧であるため、どういった曲を作ろうか思い悩む。その中で、他の面々から「栞子のイメージに近いもの」を紹介される。せつ菜からは、有名な映画に出てくる、まさにアンチヒーローという感じの仮面をつけ、レーザー的なブレードを持っている敵の司令官のテーマ曲を紹介されたが、却下した。

その後も、自分のスクールアイドルとしての方向性は見つからなかったが、それこそが今の自分が表現できることであると思い至り、進むべき道が見つからない人に寄り添うことをテーマとした曲にすることを決める。

歩夢によく遊びに連れて行ってもらっている。これには「あなた」も少し妬いていた。

自室は高級そうな和室。であるが寝間着はもこもこしたかわいいパジャマである。


「校内フィルムフェスティバル」では生徒会として映画を作成、というか生徒会PR動画を撮った。初期の左月右月がファン兼部下となって付きっきりでサポートしてくれたが、2人の熱烈すぎる会長愛や妙にノリの良い性格、色々とこじらせた2人の趣味に付き合った結果。

11話で、左月考案のキャラクター作り特訓を行い「毒舌な御嬢様系の後輩」等々のキャラを演じると、左月に絶句した。

挙句に12話で、右月提案(私の好きな服だと呟く)のメイド、そしていよいよ猫耳メイドに変身(仮装)。

台本で指示されるがままに「あなた」を「ご主人様」と呼び、自らを「しおにゃん」と称してにゃんにゃん喋る栞子の姿はユーザーの間でブームを巻き起こした。ただし栞子は大層後悔している。

しおにゃん

気を取り直して3人で真面目に生徒会動画を作る段階で栞子はキャラ作りしたまま進めるべきか、これを観る生徒は楽しんでくれるかと悩むが、「あなた」から生徒達が知らない「いつもの栞子」をPVにしないかとアドバイスされる。動画に付ける曲の作曲も引き受けてもらいソロ曲『コンセントレイト!』が誕生する。


ランジュのキズナエピソードでは、突如ニジガク寮で人生初の一人暮らしを始めたランジュの引っ越しをエマ達寮メンバーと手伝いながらランジュに指示。入居後に片付けできない問題が起こると飛んで行っていた。

エマのキズナエピソードでは、夏川マイの写真の練習モデルとして1年生4人で集合。4人で公園の中好きに遊ぶお題を指定されると、全員全力で遊び回る姿を見せ「あなた」に「あんな栞子ちゃん初めて見た」と言われた。


  • 3rdシーズン(一部工事中)

36章

39章

虹学のPVの効果が追い風となり、他の部活や同好会などもその力を増していった。特に、吹奏楽部は全国制覇を果たすなど、活気にあふれる中、年度途中にもかかわらず、部費の予算を増額してもいいとの判断が職員側から下される。


−5thシーズン

受験生向けの虹ヶ咲学園パンフレット製作中だが、左月と右月に固いと言われてしまい、同好会に相談。

メンバーが入学時感じた戸惑いをヒントに、在校生向けに各学科体験プログラムを開催した。


各メディア

生真面目でありながらちょっと騙されやすい、遊びに慣れていない1年生として描かれがち。


虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会生放送『Welcome! 栞子ちゃん💓今日から一緒に生放送🌱🌈』(8月11日放送回)で小泉萌香が虹ヶ咲キャストとして初出演。

スペシャルドラマでも同生放送の回で初登場となった。

2021年6月2日放送回のスペシャルドラマでは、他の1年生組と打ち解け合う様子が見られた。

もちもちしお子


Webラジオ『虹ヶ咲学園~おはよう放送室~』のラジオドラマへは62回(8月6日配信)から出演開始。

ミヤコヒト氏の4コマ漫画『にじよん』にはシーズン4でやっと登場。同氏作の『ニジガクジャーナル 制作中!』4コマには先んじてレギュラー入りした。


2ndライブ幕間アニメでは「『どかーん』とぶつかって行こう!」とメンバーに誘われると、「ど……どかーん!」と言いながらメンバーに駆けて行ってハグしてもらっていた。


ドラマCD

ボイスドラマでは、2021/2/24リリースのドラマCD『虹ヶ咲学園~おはよう放送室~ドラマCD 青春カプリッチョ』撮り下ろしドラマ『グラウンドの支配者・しずく』から登場。

生徒会長として生徒の申請や悩みを聞いたり、同好会メンバーとして一緒に探し物をしたり、妖精になったり、RPGの牧師になったり、モルモットになったりした。

なおモルモットになった際は「ぷいぷい」と鳴いていた


DiverDivaのシングルCD封入のドラマパートや「ユニットライブ&ファンミーティング DiverDiva ~Big Bang~」幕間アニメでは、大銀河宇宙歴の時代に「大銀河宇宙連邦本部」の本部長に就任。宇宙で起こるトラブルを感知、調査し、宇宙パトロールに任命したDiverDivaに現地調査指示を出す。同好会にも所属しているが忙しくてなかなか顔を出せない。


ドラマCD『虹ヶ咲学園~おはよう&放課後放送室~ドラマCD 純情アマービレ』撮り下ろしドラマ『果林と栞子のお掃除狂想曲!』では璃奈の手によって、栞子の思考回路を完全トレースした最新式AI搭載お掃除ロボット≪しおりごう≫が生み出される。


アニメにて

2020年10月から12月まで放送された虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会単独のテレビアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」(以下、アニガサキ)第1期には一切登場しなかった

しかし、1期13話の高咲侑が音楽科の転科試験の会場に入るシーンで会場横の掲示板にボランティア募集のポスターの背景色が翡翠色となっていることから、続編で栞子が登場する伏線なのではないか?という声もあった。


2021年10月3日に行われた生放送で、ミア・テイラー鐘嵐珠と共に2022年4月から放送予定のアニガサキ2期への出演が決定。晴れてアニメデザインの栞子が披露された。

アニメデザインの栞子はスクスタの栞子と比べ、髪飾りの形がリボン型に変更されている。

目はジト目に近い半開きがデフォルト。

生徒会長ではなかったのもあって、制服に腕章を付けていない。


感情はスクスタ版以上に表に出ず一見不愛想にも見えるが、幼馴染の嵐珠を思って涙を流す一面もあるなど決して無感情な訳ではない。また、後述通りスクールアイドル活動にも嫌悪感は持っていないため、部活が校則違反を犯した場合の罰則も廃部宣告ではなく反省文を言い渡している。

それでもあまり感情の起伏がない事から「栞子だけに塩対応」などとネタにされていたが、後にNEXT SKYでかすみから本当にそう言われてしまっている。


第2期

ミア・ランジュと共に1話から登場。

設定はスクスタ版から大きく変更されている(同様に姉の薫子も設定が変えられている)。


規律を優先する真面目な性格は変わらないが、せつ菜/菜々に対する生徒会長としての評価は低くない(せつ菜自身、スクスタとアニメで行動が違うので当然だが)。

スクスタ版の性格は、塩対応と言われながらも喜怒哀楽(特に「怒」)の態度と表情を激しく出していたが、アニメ版での喜怒哀楽はかなり薄くなっている。正義感で就いた生徒会長でもなくなったため他人を叱る厳しさも減った(1話のランジュ程度)。これはランジュが比較的常識人に変化したのも手伝っている。


薫子の性格がスクスタよりも大人しく常識的になっているため、姉妹仲も良好になっている。

適性に関するこだわりは、薫子がスクールアイドルに夢中になって家を出たことがきっかけではなくなっている(ただし薫子は元スクールアイドル経験者という、関わりがもっと深い設定になっている)ことに加え、他者への強要をしていない。


そのためかスクールアイドルに対する嫌悪感も薄く、むしろ登場当初から彼女達の活動に肯定的、寛容的で自ら手伝いたいと発言する様子が見られた。特に第6話において、自分に同一人物である事がバレてしまった、せつ菜/菜々に対する優しい対応が好例である。

それもその筈、幼少期の栞子は当時現役のスクールアイドルだった薫子から元気をもらい、成長したら姉の様にスクールアイドルになる事を姉妹で約束した過去を持つ。


しかし後述の悲しい理由により、現在はスクールアイドルを好きとも嫌いとも言えなくなり、自分には"スクールアイドルの適性"はないのだろうと思い込む。7話では同好会からの勧誘を固辞してしまうが、現在の薫子の真意を知った事により、閉じ込めてしまっていた心の鍵を開け、アイドルとしての最初の一歩を踏み出す。


歩夢との交流が減ってしまったせいで、加入動機に歩夢があまり関わっておらず「歩夢が大好き」という設定がナーフされている。


  • 第1話

ニジガクオープンキャンパスの実行委員となっている。生徒会と実行委員の合同会議で、スクールアイドルを肯定し更には手伝いたいとする発言をし、生徒会長モードのせつ菜(菜々)を歓喜させており、スクスタ版のように菜々を否定することも無い。一方でランジュとの再会シーンなど感情表現が薄いとの声もある(スクスタでも登場初期は、淡々とした雰囲気ではあったが)。

とはいえどこか融通の利かない真面目さは健在で、ゲリラライブ敢行後のランジュに対して反省文の提出を求めていた。

  • 第2話

歩夢が生徒会室に行くと、そこでは今度はニジガク文化祭実行委員として菜々と話をしており、第二回スクールアイドルフェスティバルと文化祭の日程が近く、関係者の負荷が考えられるため、どちらも万全の形で開催できるようアイデアを出すとしている。その後、歩夢と一緒に生徒会室を去っており、ランジュの話をし、幼い頃近所に住んでいたという話と、オープンキャンパス以降に行われたランジュのゲリラライブは事前に聞いていなかったから見ていないとしている。また、歩夢から自分たちのライブを見に来て欲しいと誘われている。

  • 第3話

第二回スクールアイドルフェスティバルと文化祭の合同開催を提案し、菜々から褒められている。副会長からスクールアイドルが好きなのかを問われ、「私はただ、私の適性に沿って動いているだけです」と答えた。

休憩中にランジュと再開し、次はもっと大規模なライブをやるから「その…来てくれるわよね」と遠慮混じりで聞かれ、「もちろんです」と即答している。同好会とY.G.国際学園の合同ライブにも誘われていることを話し、ランジュも行くのかと問いかけ、ランジュは肯定した。

合同ライブ当日となり、見に来た栞子の隣にランジュも立ち一緒に観覧した。QU4RTZファーストライブに笑みを浮かべながら「これが虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会なんですね」とつぶやいた。一方で「アタシにはマネしたくてもできない」と言って立ち去ったランジュのことを気にかけている。

  • 第4話

生徒会室で合同開催が認められたことの報告と、同好会と文化祭実行委員の纏め役となる責任者への就任を依頼され、快諾した。

DiverDivaのオンライン配信ライブを自宅で正座して鑑賞している。

Cパートでは、ランジュのライブを現地鑑賞し、ライブ終わりのランジュに「ランジュを見ているとやはり人はそれぞれ適性にあったステージにいるべきだと思います」と伝えていると、そこに薫子が現れる。「久しぶり」などと声をかけられていることから、スクスタ版同様家を長く出ていたようだ。

  • 第5話

スクールアイドルフェスティバルと文化祭の前日祭について、演劇部に総合演出に依頼する。

休日に自宅にて菜々に電話して問い合わせ、それが終わると薫子が抱きついてきて遊びに誘われるのを断ると、スクスタ版同様ニジガクの教育実習に入ることを報告される。

Cパート、校内で菜々とすれ違う。その際に菜々の右側頭部に普段は付けていないはずの逆三角形の髪飾りに気付く。

  • 第6話

スクールアイドル同好会の部室でせつ菜が眼鏡を掛けたままの中途半端な姿で生徒会長とスクールアイドルの両立について熱弁(生徒会長の任期は2学期で終わるなど今後の栞子に影響がありそうなことも言っている)しているところを通路から聞いていた栞子は躊躇いもなく部室の扉を開け、激しく動揺するA・ZU・NAの3人。「なるほど、生徒会長は優木せつ菜さんだったんですね」と納得の様子。3人による無理のありすぎる誤魔化しに効果なく、断念したせつ菜からの「悪気はなかったんです!!このことは内密に!」との懇願に「安心してください、誰にも言うつもりはないですよ。どちらにも適性があってみなさんを幸せにできている。その邪魔をする理由などありません」と答える。

キャパオーバーで合同開催が困難な状況に、菜々は合同開催を白紙化することを独断する。栞子の尽力が無になったことを謝罪する菜々に栞子は「残念ですが生徒会長として正しい判断だと思います」と答える。

その後、同好会からの励ましにより、菜々が合同開催の再検討を始め、他校のスクールアイドルとの合同会議に栞子も同席している。

前夜祭イベントで、菜々がせつ菜であることを生徒全員にカミングアウトし、そのままA・ZU・NAのライブが行われたのを見届けると「すごいですね、自分のやりたいことをすべて叶えるなんて…」と呟いたところに薫子が現れ「栞子はやらないの?やりたいって言ったじゃないスクールアイドル。このお祭りに協力してるってことはそういうことでしょ?」と問われる。

  • 第7話

待望の栞子回!!

第6話Cパートの終わりから話が直接続いている。薫子の「やりたいって言ったじゃないスクールアイドル。このお祭りに協力してるってことはそういうことでしょ?てっきりあなたもステージに立つって思ってたわ」という問いかけに対し、「それは子供の頃の話でしょう。私の適性皆さんを応援し、サポートすることです。フェスティバルの間は、関係ない話に時間を取られたくないのです」と言い残し、その場を離れる。

翌日、実行委員として仕事をする栞子に声をかけようとしたランジュは途中でやめて立ち去ってしまう。その様子に気をかけようとするが、菜々から声をかけられ注意を逸らされる。

その後、「参加するみんなの夢が叶う場所。今回のスクールアイドルフェスティバルもそれが実現できていますね」と呟く。

一方、同好会の2年生組は、薫子から自身が紫苑女学院のスクールアイドルだったこと、栞子は『高校生になったら、絶対スクールアイドルをやる』と言っていたこと、自分はラブライブ!大会などで結果を出せずガッカリさせただろうけど、あの子のやりたいって気持ちは変わっていないと思う、ということを伝えられる。

それを聴いた4人は栞子の元に駆けつけ、スクールアイドル活動を勧誘する。しかし、栞子はその声を遮り、「私はスクールアイドルはやりません。もう、諦めましたので」という。なぜ諦めたのかを問う歩夢に、姉を目標していたが、「結局、姉にはスクールアイドルの適性が無かったのでしょう」と言い、薫子が結果を出せなかったことを夢破れ傷ついて終わったとして、「私は自分の適性を最大限発揮できる生き方をしたいと考えています。それは皆さんの夢をサポートすることです。ステージに立つことではありません」と言い放つ。自分と同じように両方すればいいというせつ菜に「それはあなただから出来ることです!」と強い口調で拒絶し、更に「身の丈に合わないことに入れ込むより、向いていることだけに全力を尽くす。そうすれば皆さんの役に立てるし、喜んでもらえる。それが間違っているとは思いません」と続け、4人の元から立ち去る。途中、薫子とすれ違い何かあったのか?と問われるが、「何もありません」とだけ答え立ち去る。

栞子がスクールアイドルを目指していたのは、ランジュが香港に引っ越して行ってしまいさみしいだろうと思った薫子が自身のスクールアイドルの姿を見せてあげたからであった。いつも格好良くて輝いていた姉に憧れ目標にしていた。スクールアイドルの適性がないことを最初から分かっていたら、薫子が不要な後悔をすることもなかった…そう考えていた栞子は、同じ失敗をしないと自身に言い聞かせている。

その頃、同好会メンバーは栞子をもう一度説得すると決め、2年生組は、栞子を捕まえると、自由時間を取っていないとして、遊びに連れ出す。一緒に文化祭を満喫した栞子は感想を問われ、「どなたも自分のやりたいことを体現されていると思いました」と硬い感想を告げる。最後に4人が連れて来たのは、紫苑のステージ。

侑は「ここが三船さんの夢が始まった場所でしょ?」と語りかけ、同好会全員が揃っている。せつ菜は「やりたいことを、してください。三船さんができることを大切にしているのはわかります。そのおかげでフェスは素晴らしいものになりました。ですから、今度は私たちに三船さんを応援させて欲しいんです!私がスクールアイドルと生徒会長を両立できたのは、同好会、生徒会、ファンのみんな、そして三船さん、あなたがいたからです!」と言う。「あなたが私たちにしてくれたように私たちもあなたに何かをしたい!」と歩夢。「それは当たり前のこと」と璃奈が続ける。

愛が「今日は何の日が知ってる?」と問いかける。栞子は真面目に「フェスティバルの4日目ではないのですか?」。エマが「みんなの夢を叶える日だよね」と代わりに正解を答える。それにハッとする栞子。「こんなに頑張ってくれた栞子ちゃんの夢も叶わなきゃ、スクールアイドルフェスティバルは成功とは言えないよね?」と彼方。

涙の薫子の記憶が強く残る栞子は「後悔していたんです!」と再度否定。しかし、そこに現れた薫子が「してないよ、後悔なんて。確かにあの時は悔しかった。でも、今では、やってよかったって思ってる。スポットライトの眩しさ、歌を届ける喜びも。かわいい妹に凄いって言ってもらう誇らしさもスクールアイドルをやって知ることができたんだから。私はあなたが応援してくれたから幸せな高校生活を送れたと思ってる。それで今は教師になって、沢山の生徒を…あなたも応援できる人になりたいって思ってる」。最後の言葉にハッとする栞子。歩夢が更に「お姉さんのステージを見てたくさんの幸せを貰ったんじゃないの?」と問いかける。「そうです。姉は私にたくさんの胸の高まる想い出をくれました。そんなもの現実の前には無意味だと思っていました。そのはずなのに…私が皆さんを応援しようとしたのは、スクールアイドルから離れたくなかっただけかもしれません」と自分自身の奥底に眠っていた真意に気付いた栞子。

「私に…できるでしょうか?」と不安な栞子に、せつ菜は「大丈夫です。そばにいますから」。侑は「三船さんの中のトキメキ、信じてあげて」そして果林は「やりたい気持ちがあなたにあるのなら、それだって十分適性なんじゃない?」。

栞子は、スクールアイドルとしてステージに立ち、『EMOTION』を披露する。EMOTIONの映像は、最後に時計の針が一つ動く絵で終わっており、薫子の卒業以来停まっていた栞子のスクールアイドルの時が動き出した様子が表現されている。また、1話から感情表現が希薄と言われ続けていた栞子がこの時以降、瞳や声の雰囲気が変わり感情表現が豊かになる(翌週の最新話直前生放送にて、中の人も意図的に感情の無い演技をしていたと語っている。EMOTIONのPVも最初は感情が無く、サビから感情豊かになっている)。

それを見届けた薫子は「まだまた練習が必要ね…けど、私は大好きよ」と伝え、栞子は嬉しそうにする。

同好会メンバーに感謝を伝えた栞子は、エマから「早速明日のステージに立っちゃう?」と聴かれるが、「フェスティバルの間は今まで通り全力で職務に励みます」として断るが、続けて「…ですが、それが終わったら…私もスクールアイドルの仲間に入れてもらえますか?」と問う。せつ菜は「もちろんです!栞子さん」、愛が「改めてよろしくね、しおってぃー」、かすみから「しお子にスクールアイドルのいろはを教えてあげるー!」といきなり、下の名前・ニックネームで呼ばれ、同好会に受け入れられた。

その様子を遠くから悲しげな顔で見つめ、そして一人立ち去ったランジュには誰も気づくことはなかった。

  • 第8話

同好会の仲間として受け入れられはしたが、第2回スクールアイドルフェスティバル開催中はステージに立たないと自ら宣言した関係で、同最終日であり同イベントで一番盛り上がる瞬間ながら出番は比較的少なくなっているが、ランジュとの関係性の変化を感じさせる今後の展開のキーとなりそうなシーンが入っている。

曲作りに悩む侑の話を聞いて同好会の部室に様子を見に行き、たまたま同様に様子を見に来た3年生メンバーと顔を合わせ、一緒に部室のドアを開け、スランプに悩む侑の姿を目の当たりにし、気分転換が必要として外へ連れ出す。そこに同好会メンバー全員(及び、しずかすりなに連れ回されていたミア)と合流して、侑の想いを聴き、他のメンバーと一緒に「私が言うのはおかしいかもしれませんが、深く考える必要はないのではないですか?」とアドバイスする。

その後、ライブを終えたランジュに「凄かったです、ランジュ」と言いながらタオルを手渡す。ランジュは「あなたもスクールアイドルをやりたがってたなんて知らなかった」と言う。「それは…」と口ごもってしまう栞子に、ランジュは「別にいいわよ、こういうのは慣れているから」と言い、同好会メンバーと話しに行ってしまい、残された栞子は俯いてしまう。

同好会の最後(第2回スクールアイドルフェスティバルのトリであるとともに、“9人+1人”としては最初で最後でもある)の曲『TOKIMEKI Runners』を薫子と一緒に見届けている。

学食で同好会と生徒会による打ち上げに参加、そこに現れたランジュが侑と同好会を認める発言をしてから立ち去る様子に、俯きながら何か言いたげだったが、漏れたのは吐息だけで何も発言することはなかった。

そんな栞子には気付かず、学食を出たランジュは小声で「拜拜(さようなら)」と呟いたのだった。

  • 第9話

ミア回だが、ランジュ加入回でもあり、ランジュの幼なじみとして栞子の心情も描かれており関係性が高いため、ランジュやミアに対する同好会の対応についてもある程度記載する。

ミアと栞子に帰国を決めたと突然連絡を入れるランジュ。

それを同好会部室で報告する。栞子には理由がわからない。

後日放課後、栞子はランジュとバッタリ会う。

ランジュが虹ヶ咲に来てから初めて一緒に帰る。お互い、文化祭準備・ゲリラライブで忙しくすれ違っていた2人。

栞子はスクールアイドルに憧れていたことをランジュに黙っていたとして謝罪する。どうして謝るのかと戸惑うランジュに「あなたを傷付けたと思って…怒っていますよね、ずっと」と栞子は答える。

ランジュは怒っていないと否定しつつ、何かを言うのを躊躇してそのまま焦って立ち去る。

日にちは流れ、栞子にランジュから今日の飛行機で帰国すると連絡が入り、全力ダッシュで部室に向かいメンバーに報告する。そして、「どうしてもランジュに伝えたいことがあるんです!」と告げる。「私たちもです!」とせつ菜。

ミアの新曲はもう少しで完成する。ミアは一同に足止めを依頼。

歩夢は栞子の手を取り「一緒に行こう!ランジュちゃんを見つけなきゃ!」

羽田空港。展望デッキでランジュは黄昏れていた。

「ランジュ!」

ランジュにミアが曲を作っていることをメンバーが伝えると踵を返して立ち去ろうとする。「悪いけどどんな曲を持ってきても答えは『ノー』よ」

しかし、ミアが持ってきた曲はランジュのものではなく、ミア自身の曲。自分自身の声で想いを伝えたミア。「ボクの夢はきっと叶えてみせる。君はどうする?」

躊躇するランジュに栞子が近づく。「ランジュ、私はあなたと一緒にスクールアイドルをやりたい!私と一緒にステージに…!」しかしランジュはその声を遮り、「無理よ!!無理なのよ!アタシは誰とも一緒に居られないの!昔からそうなの。仲良くなりたいと思うのにどうしてもうまく行かない!」

「そんなことは…!」と否定しようとする栞子にランジュは「栞子だけよ、アタシと友達になってくれた人は…他の人はみんな初めはよくてもだんだん遠巻きになって離れていった」ミア曰く「ランジュの言い方は癇に障る時がある」という説明に対し、ランジュは「うん、だってわからないんだもの。何が悪いのか、何で避けられるのか、どうやっても人の気持ちがわからない。だったらもう一人でいようって…ここに来たのもソロアイドルならできると思ったから。相手の気持ちがわからなくても認めさせることはできるって」。

栞子は「誰だって相手の気持ちがわからないことはあります。ランジュだけじゃ…」と姉に対する自分を重ねていると思われる慰めをしようとするが、「ただ一人の…友達のこともわからないのよ」と言うランジュ。「ね、一人でいるしかないのよ」

だから、同好会には入ろうとしなかったランジュだったが、同好会はソロアイドルでも絆を深めており、「互いに信頼しあってユニットもそれ以上のこともできる。それがスクールアイドルなら、アタシにはできない」として、引退を決めていた。

だがミアは「ここにいるみんなが誰のために来たと思ってるんだ?ボクが頼んだだけじゃ、こんなに集まるわけないだろ。過去に囚われたままじゃ、今目の前にいる人の気持ちも踏みにじることになるんだぞ。ボクと君は似ているよ。ずっと過去に囚われ夢に手を伸ばさずに来た。でもここは今までの場所とは違う」と説得する。

エマが「ユニットを始めようと思ったのはランジュちゃんのお陰なんだよ」、侑が「ランジュちゃんの真っ直ぐな言葉があったから私は前に進めたんだ、ありがとう!」とランジュに感謝を述べる。

そして最後に栞子はランジュを優しく抱き締め、「もう一度ここから始めませんか?私たちもっと仲良くなれると思うんです」と提案。「栞子…いいの?」というランジュに、栞子は「うん」と普段話さないため口の短い一言で答えた。

ミアは「ボクたちはもうビジネスパートナーじゃない、よろしくライバルさん」と歓迎する。

それに吹っ切れた様子のランジュ、そしてミアに対して栞子は「ランジュ、ミアさん。これから一緒に頑張りましょう」と手を差し出す。「えぇ、でもその…ライバルでも友達になれる?」と不安なランジュ。「今更!」とミア。「もう、うるさいわよ、ミア」と3人で手を取り合い、微笑みあった。

そして、ランジュは同好会の既存メンバーに向かって「ねぇ…今からでも間に合う?」と問う。それを聞いたメンバーは微笑み、侑が「もちろん!ようこそ、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会へ!!」と満面の笑みを浮かべた。


  • 第10話

改めてランジュ・ミアと共に入部し、同好会から歓迎を受ける(ただし、9話時点ですでに部室にいる)。このころには侑のことも名前で呼んでいる。用意した入部届をせつ菜や侑に渡すが、二人とも部長ではないと返答し、かすみが部長であることを初めて知る。

そのかすみが自分が部長であることをアピールするために提案したお泊り会を企画し、みんなと一緒に楽しむ一方、移動中の電車内でのランジュの姿を気に掛ける。更にしずくの家に到着したときはランジュ共々友達との外泊は初めてであることを打ち明けている。


2日目の鎌倉観光は璃奈の用意した位置情報アプリを使ってネコを探すオリエンテーリングではあったが、1匹も確保できないままかすみと合流。そのかすみが離脱後にランジュに前日から隠しごとをしてるのではと問いかけると、ランジュから「同好会の皆と写真を撮りたい」と返される。その言葉に一瞬固まるもすぐさま「そんなこと」と笑い返し、まずは自分と撮ろうと持ち掛ける。

夕食のバーベキューではしずくに串に刺さったトマトを食べさせてるほか、その後の花火では彼方と共にハート文字を花火で表現する姿が描かれている。

そしてランジュの願いの後押しをして、全員で記念写真を撮っている。


  • 第11話

同好会が部になるという噂をかすみから聞くが、実はかすみの思い違いだった(部への昇格はせつ菜曰く希望制とのこと)。そのうえで、部に昇格することは可能であることを話し、その流れの中でミアからラブライブ!に出ないのかを聞かれ、参加しない経緯をせつ菜がした後に「ラブライブ!だけがスクールアイドルではないと皆を見て思った」と呟く。


その後定期試験の話となり、学年ごとに分かれて勉強することになった際、しずくが前回のかすみの試験の点数の話題(ニャンニャン(22点)からワンワン(11点)になる)を出してきたことで、璃奈に「動物の話ですか?」と聞き、璃奈は「テストの話」と返している。


さらにそのあと部員全員でクレープを食べながら部に昇格するかの話を決める際に「虹ヶ咲じゃなかったらスクールアイドルになっていなかった」と話し(ミアも同意している)、目的はバラバラでもスクールアイドルが好きと言う共通点を重視し、せつ菜の「これから入る誰かのためにも」の言葉で現状のまま部に昇格せず同好会として継続することとなった。


後日、生徒会室で菜々と共に次の生徒会長選挙の話となった際に、菜々に立候補するのかを聞くが、その菜々からは「次の選挙には出ない」と打ち明けられる。それを踏まえて栞子は「学園の皆のために働きたい」という想いから立候補することを菜々に告げ、菜々も「栞子さんの叶えたい未来を作ってください」と返す。


  • 第12話

ファーストライブの準備を進める中、昼休みにランジュからミアと共に人のいない場所に呼び出され、ユニットとして活動するための特訓を手伝ってほしいと頼まれる。


その後のラブライブ!東京予選(同好会は参加していない)での、参加者に向けた虹ヶ咲を中心とした応援配信では、役を振られて慌てるランジュに「難しく考える必要はない」と声をかけている。


  • 第13話

遂にファーストライブ当日、ソロステージでは9番目に立ち「翠いカナリア」を熱唱、ランジュとミアもステージに上がり、「R3BIRTH」のお披露目となった(ただし楽曲については翠いカナリアのまま)。このお披露目はサプライズとしてメンバーには内緒にしていた。そしてライブは新曲「Future Parade」と共に大団円を迎えて無事に終了する。


ライブ後の後日談として新たに生徒会長となっており、ミアが生徒会室で作曲することに苦言を示したり、かすみがスクールアイドル同好会に部長椅子を置きたいと申請して却下している一方、新たな同好会の設立申請には「やりたいことはどんどんやるべき」と柔軟な姿勢を見せている。なお、かすみの件についてはエマがかすみに「せつ菜ちゃんが会長の時でも通らなかったと思う」と慰めている。


  • 『NEXT SKY』

OVA作品『NEXT SKY』では事実上の主役を務めており、ゲストキャラのアイラ以上にスポットを当てられたキャラクターとなっている。


にじよん あにめーしょん

アニガサキのスピンオフアニメ『にじよん あにめーしょん』では、既に生徒会長となって登場。


第4話は果林と2人での担当回。栞子は生徒会長でスクールアイドルとして生徒やファンの夢を応援するに辺り、今まさに夢そのものである読者モデルとして働いている果林に、夢の追い掛け方を聞いてみた。

天然さがコミック版『にじよん』と同レベルになっており、果林にどうからかわれても全く動じない。


ただし第3話で観た子供騙し級ホラー映画には泣くほど震えていた。


スクフェス2

同作ではテレビアニメ版がベースとなっており、なおかつ栞子・ミア・ランジュが加入済みの状態からストーリーが始まる。

そのため、栞子はすでに虹ヶ咲の生徒会長に就任している。


余談

前述のとおり、ストーリーとしては2020年7月31日、キャラクターとしては8月3日にスクールアイドルになるまではサブキャラ扱いであったが、演者の小泉氏が踊れる歌手としても活躍している事やスクールアイドルの活動を反対していた生徒会長が最終的には仲間入りしたケースが過去にもあった事から「虹ヶ咲のメンバーになるのでは?」と一部では言われていた。


ラブライブ!シリーズ初の初期メンバーではないメンバー(いわゆる「追加メンバー」)であり、長寿コンテンツになってきたラブライブ!シリーズに新しい風を呼び込んだと言えるだろう。

小泉氏はインタビューにて、栞子役のオーディションから追加メンバーになるかもしれないと言われていた為、初めから虹ヶ咲のメンバーのつもりで演じていたと語っている。

また小泉氏は、『ラブライブ!サンシャイン!!』のオーディションも受けていたが落選したこと、校内マッチングフェスティバル(2019年3月開催)も観覧していたことをインタビューで語っている。


正式加入以前に、2Dライブのグラフィックが17章専用と思ったものではなく、他メンバー同様に「オールスタープロローグ」であるため、その時点でプレイアブルで実装と予想されたプレイヤーは少なくない。


オールスタープロローグ衣装が赤であるが、スクフェスでの担当属性はまさかのピュア属性。ニジガク1年生のピュア属性はかすみと同じである。


アニメへの登場はミア、ランジュと共に後発組になる(厳密に考慮された時系列で言えば「歩夢達初期メンバー+栞子+ミア&ランジュ」という感じになる)が、セブンイレブンで2020年9月に実施されたキャンペーン(この時「μ'sとAqoursとの三者合同扱い」とはいえ、ニジガクメンバー達は同店キャンペーン初登板である)では登場直後から「ニジガク」メンバーの一員として缶バッジ化されている(一方で「何故『高咲侑の缶バッジ」は無いのか」と残念がる声が少なからずあったが、侑は「アニメにおける『主人公』ではあるが、あくまでも『あなたちゃん』に相当するキャラ」であるために「スクスタ」主体の内容では出し辛いという側面がある)。ただそれもアニガサキ2期で解消し、以降は12 or 13人でのグッズ展開となる。(スクスタが絡むブシロードクリエイティブ発など一部を除く。ただし、こちらについてもスクスタがサービス終了し、後発のスクフェス2では侑が登場しているため、13人に統一されていくものと見込まれる)


楽曲

他のスクールアイドルとの合同曲は、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会、またはR3BIRTHを参照。


衣装

決意の光翠いカナリア
三船栞子🔖翠いカナリア 栞子
コンセントレイト!EMOTION
しお子生誕祭🔖EMOTION
咬福論
咬福

サマースプラッシュ

センシティブな作品三船栞子 水着

オールスターズプロローグ

栞子さん


関連タグ

ラブライブ!シリーズ関連

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

ラブライブ!シリーズ

スクフェスALL_STARS   スクールアイドルフェスティバル2


三船薫子…彼女の姉。ちなみに演じる日笠陽子も、ブシモつながりにおける作品で、高1の女の子の姉キャラを演じているが、その妹もラブライブ出演経験がある。


星空凛津島善子…劇中でもちょくちょく八重歯を見せていたキャラ。ただし両者は演出なのか本当にそうなのかははっきりしておらず、明確に八重歯があるのは栞子が初。


鞠莉ママ…同じようにスクールアイドルをよく思わない人物。スクールアイドルを「くだらないもの」と吐き捨てていたが最後はAqoursの活躍を見て彼女たちを認めた。


認められない系生徒会長

iPhoneシャワー中の人ネタ。虹ヶ咲の声優関連イベントでも複数回言及された。栞子自身もややスマホ音痴の気はあるが、さすがにここまで重大なインシデントは起こしていない。


追加戦士追加キュア…こちらは戦いに身を投じるヒーロー達。新規のメンバーが追加される展開があったり、ポジションも似ているがために彼らを想像した人も多いだろう。


  • 中の人繋がり

大場なな 笹子・ジェニファー・由香

栞子と共に、ブシロード繋がりであり、演じる小泉萌香の代表作を形成するキャラクター。スタァライトはサンシャイン(Aqours)とのコラボの際、コラボ元代表として選ばれたり、D4DJはまず、1周年の際には後輩にあたるLiella!の楽曲が収録。そして、2周年の際にはAqoursとともに、ニジガクのアニメ主題歌が実装されていたりするなど、直接的ではないもののつながりはある。

(実装及びグルミク2周年に寄せたコメント


  • その他

夢大路栞…前述のななと共に、ブシロード作品『少女☆歌劇レヴュースタァライト -Re LIVE-』に登場しているキャラクター。名前に『栞』が入っている、敬語で話す、がいる、生徒会に所属している(但し、栞は生徒会長ではない。生徒会長なのは雪代晶である)など、共通点が何気に多い。また、栞子のイメージカラーは翡翠色だが、夢大路栞の称号は『翡翠の君(フラウ・ヤーデ)』であるなど、何気に『翡翠』繋がりも持っている。


千石冠…漫画『スロウスタート』に登場しているキャラクター。10月生まれ、血液型がAB型であるという共通点を持つ。さらに、漫画版第10巻で高校1年ながら生徒会長に就任したため、高校1年で生徒会長に就任したキャラという共通点もある。


虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバー


カップリングタグなど

あなしお せつしお しおかす しおぽむ

関連記事

親記事

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 にじがさきすくーるあいどるどうこうかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26065176

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました