ピクシブ百科事典

決意の光

けついのひかり

「決意の光」は、スクールアイドル・三船栞子の曲。栞子のソロ曲としては1曲目。
目次[非表示]

作詞・作曲・編曲:中村 歩、菊池博人 歌:三船栞子(CV:小泉萌香)

概要

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の3rdアルバム『Just Believe!!!』に収録された、三船栞子のソロ楽曲。
栞子のデビュー曲にして、現在唯一の持ち歌である。

日舞を習っている栞子に合わせて、ジャンルは和ロック。

専用衣装は、白を基調としたワンピースに、着物を模した襟と帯、袖はアームカバーとして独立しているが振袖風。
頭にフォーマルなトークハットを被る。足は黒のニーソックス。
衣装には牡丹が描かれている。
その画を含めた衣装の配色は全身で統一されており、白、黒、金、翡翠色だけで彩ってある。


スクスタ』栞子のキズナエピソードでは、同好会メンバーの影響で「スクールアイドルになりたい」と思い、実際になったものの、他の9人と違い「どんなスクールアイドルになりたいか」「スクールアイドルになって何をやりたいか」といった具体的な目標や活動指針を持っていないことがネックとなり、曲作りが難航していた。
その中で、そういった「目標も活動指針もない」という迷いこそが、今の自分が歌えるテーマであることから、同じような思いを持っている人々の心に寄り添う歌詞となった。

『スクスタ』では3DCGのMVが実装。
ダンスは、振袖で踊るのを明確に意識してある。腕の動きは単調にしつつも、最大限に活きるよう振りは大きい。
ステージの左右には篝火を設置。ステージのライトアップは煌びやかな金色と、逆光も作れる暗い寒色を交互に切り替え、レーザーも動かしキレのあるダンスに沿うようにしている。
背景モニターには金の襖の映像があり、戸が開くと、そして竹林が。最後に扇の絵が舞う純和風。

三次元ライブ

担当キャストの小泉萌香による再現ライブは、2020年9月の『虹ヶ咲2ndライブ』で初披露。
ただしこの2ndライブは新型コロナウイルス感染拡大の影響で無観客有料生配信であり、以降の虹ヶ咲ライブはライブコンセプトが異なるせいで小泉による『決意の光』は披露していないため、まだ有観客でのライブステージは実現していない。

衣装の振袖は実際に見栄え良く揺らめいた。その分練習も振袖を付けて行うようで、リハーサル時はライブTシャツ姿でも振袖だけ付けていると2ndライブのメイキング映像で明かされた。
間奏で一言「行くよ!」と観客を煽るのが見せ場。

ステージには篝火が実際に焚かれた。背景のモニターには「空を舞う蝶」の歌詞に合わせ翡翠色のが1匹羽ばたいていく。
2ndライブでは生徒会の腕章を付けた制服姿のバックダンサーが2名出演した。小泉曰く部下、役職は「副会長」と「書記」らしい。(後日放送開始のアニメ版にキャラが濃い副会長と書記が登場したが)

2021年3月の『校内シャッフルフェスティバル』では、他のとあるメンバー役のキャストによって歌とダンスがカバーされた。
持ち歌が必ずバンド調のそのメンバーに当然和ロックは似合っていた。キーが原曲から1つ上げられ、熱さも乗ったステージになった。「行くよ!」の煽りの声もやや力強い。
栞子並に大きい袖のある衣装を着たメンバーが当日の虹ヶ咲内にいなかったのもあり、自分の衣装でダンスしたそのキャストは「振りが少し物足りない」と振り返った。
「翡翠色の光放って」のシーンでは、モニターに映った歌詞字幕の「翡翠色」が緋色に染まる。

スクスタのライブステージ

『スクスタ』では、2020年8月5日より栞子のプレイアブル化に伴い実装。
解放条件は、栞子のキズナエピソード6話を観ること。他のJust Believe!!!収録ソロ曲と異なり、栞子の初期Rスクールアイドルだけてもエピソード・楽曲解禁までのキズナレベルに到達可能。

…ただしこれは解禁までの話。この楽曲には解禁以上の問題が存在した

この曲は、ライブ中のスタミナは減少しない(正確には楽曲のノーツによるスタミナ合計減少量は回復特技1回の回復量より少ない、事実上の減少しない)の代わりに、「成功か否に関わらず、アピールチャンス終了時に大ダメージが発生するギミックがある。また、一部のアピールチャンスも特技回数依存」という、今までの楽曲と異なる編成を要求する。特に、上級最終アピールチャンス終了時のダメージ量が前代未聞の80000という、限界突破をしないとほぼそのままライブ失敗確定である。上級の初挑戦者は門前払いもちろん、上級+とSeason 1最終ステージでクリアできた歴戦プレイヤーについても中途半端な編成によりライブ失敗の事例が続出し、決意の光どころか殺意の光とまで言われる始末である。

楽曲実装後に開催されたイベントでは、課題曲にはこの曲が選ばれている上、ほぼ縛りプレイレベルに近い編成制限があったため、課題曲でこの曲が出るたびプレイヤー達が阿鼻叫喚になった。
そして、2020年11月14日「スクフェスシリーズ感謝祭2020~ONLINE~」のスクスタステージの課題の1つとして、キャストのプレイを想定して「限界突破・キズナボード・キズナLvなどほとんどの強化を禁止という前提で、メンバー被りなし・アクセサリーとフェス限定URは使用しないチーム」を募集したが…さすがに難易度が高すぎたか、歴戦プレイヤーからの編成ですらも栞子役である小泉萌香の手でクリア出来ない。この曲の高難易度を的確に表した。(そもそも「限界突破・キズナボード・キズナLv」は初期化出来ないステータスで、編成を考えてアドバイスできるレベルの熟練プレイヤーであるほど初期ステータスが過去になるくらい環境を強化しているのでプレイヤー環境ではもう条件を再現できず、仮に新規の初期化データを用意するとしても今度は恒常URの入手難易度の高さと育成アイテム不足で満足に条件の環境も作れない。ゆえに絶対に机上の空論にならざるを得ない)

同8月5日は、専用衣装が獲得できる初期SRが実装された日でもある。その日からはじまるプレイヤーは、最初のSRとして栞子初期SR(と専用衣装)が選択できる。ただし既存プレイヤーの場合、ガチャからの獲得が必要となる。

ただし8月5日時点では、スクールアイドル(=カード)はR2種類・SR1種類しか収録しない(サービズ開始時のニジガクメンバーと同じ仕様)。さらに栞子実装記念として開催されたフェスUR復刻ガチャ「ニジガクフェス」では栞子初期SRがフィーチャーしたスクールアイドルにも関わらず、ピックアップ対象にならず、1回あたりの排出確率がフェス産URより低いということから、SR栞子(と強力に定評のあるフェスせつ菜)を引きのためにドブライブにするプレイヤーが続出した(SR栞子は「ニジガクフェス」の天井対象のためリソースを用意した場合、確実に手に入ることができるが…)。

関連動画



関連タグ

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
スクフェスALL_STARS
三船栞子

関連記事

親記事

Just_Believe!!! じゃすとびりーぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「決意の光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57176

コメント