2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

小田急電鉄の最後の鋼製車両であり、それは小田急の通勤形では唯一の存在となってしまった。6両編成と4両編成が共に16本在籍している。側面窓は9000形5200形(5000形の一枚窓車)と同じ一枚窓であるが、腐食防止の為にアルミ合金製の枠を加えている。

また、同じく腐食防止の観点から、車体を支える骨組みや屋根などの構造部材はステンレス鋼を用いており、
ステンレス車黎明期によく見られた「スキンステンレス車」の真逆ともいえる車体構造になっているのが特徴である。

デビュー当初は界磁チョッパ制御で、6両編成の8266Fと4両編成の8064F~8066Fを覗いて寒色系の内装で纏められたが、寒色系にも模様があった。又、冷房は集約分散式で連続式を初採用し、室内もラインフロー式に変わり後に1000形や2000形もこの方式を採用した。更に冷房向上の為に広い貫通扉から狭い貫通扉に代わり、引き戸も追加された。前面は9000形に似ているが、ブラックフェイスで近代的な外装に代わった。車体幅は小田急で最後の2900mmの車両であり、地下鉄の制限から千代田線には乗り入れない。

リニューアル工事

2002年から2013年にかけて、リニューアル工事を実施。パンタグラフはシングルアーム化された。
一部車両を除き電気指令式ブレーキへの変更が行われたため、ブレーキ読み替え装置が搭載されていない4両固定編成は、8000形6両固定編成のうちVVVF化されたグループと3000形6両編成しか連結できなくなった。

6両固定編成、8251Fと8255F

2002年リニューアル。種別・行き先の表示装置は3色LED化された。制御方式は界磁チョッパ制御のまま。
この2編成は2020年度までに廃車されている。

2003年から2012年までリニューアル工事を実施した編成

運転席のワンハンドル化と電気指令式ブレーキへの変更、制御方式のVVVFインバータ制御化(IGBT素子使用)が行われた。種別・行き先の表示装置はフルカラーLEDに。
2006年まで施行分は3000形に合わせ、2007年以降施行分は4000形に合わせた。ブレーキの変更に合わせ、6両固定編成はブレーキ読み替え装置を装備。

4両固定編成、8059Fと8061F

2013年リニューアル。改造内容は2003年以降施行分とほぼ同じだが、VVVFインバータ制御装置がSiCモジュール素子に変わった。これはのちに1000形のリニューアルに生かされている。
皮肉にも8000形は現時点で小田急の系列では全編成にリニューアル工事を終えた最後の編成となっている(1000形はワイドドアは勿論、未更新車の廃車が出ている他、2000形はリニューアルされない為。

クヤ31形対応車両

小田急の検測車両『クヤ31形テクノインスペクター』は自走出来ないため、1000形3編成にクヤ31形連結対応改造をし、牽引車として使用してきたが、5000形の導入によりこの3編成は廃車となった。
このため、2021年に8065F、8066Fの2編成にクヤ31形連結対応改造を行い、同車の新たな牽引車両として使用されている。(※通常は他の8000形と同じく営業運転を行う。)

廃車

事故廃車

2019年6月19日に発生した踏切事故により、8264Fの先頭車両(クハ8564)が脱線、脱落した部品に乗り上げ床面が変形するなど大きく損傷した。
ニュース記事
この事故により同編成は運用を離脱。そのまま復帰することなく、2020年4月1日に廃車された。(※新宿方に連結されていた8064Fは運用復帰している。)

退役

新5000形導入に伴い、2022年4月現在、界磁チョッパ車である8251Fと8255Fの2編成が廃車となっている。
なお、2019年11月2日に8251Fを使用した界磁チョッパ車ツアーが行われ、実施さよならイベントとなった。

編成表

6両編成(界磁チョッパ車)

  • ←小田原
  • 藤沢
  • 唐木田
  • 新宿→
  • 片瀬江ノ島
車両番号825082008300840085008550備考
MT構成Tc1M1M2M3M4Tc2
号車654321
車両構成CPSIV,PTCON,PTSIV,PTCON,PTCP
第1編成8251820183018401850185512021年廃車。
第5編成8255820583058405850585552020年廃車。


6両編成(VVVF車)

  • ←小田原
  • 藤沢
  • 唐木田
  • 新宿→
  • 片瀬江ノ島
車両番号825082008300845085008550備考
MT構成Tc1M1M2T1M3Tc2
号車654321
車両構成CPSIVCON,PTSIVCON,PTCP
第2編成825282028302845285028552フルカラーLED
第3編成825382038303845385038553
第4編成825482048304845485048554VVVF化第一号
第6編成825682068306845685068556
第7編成825782078307845785078557
第8編成825882088308845885088558
第9編成825982098309845985098559
第10編成826082108310846085108560フルカラーLED
第11編成826182118311846185118561フルカラーLED
第12編成826282128312846285128562フルカラーLED
第13編成826382138313846385138563フルカラーLED
第14編成826482148314846485148564
  • フルカラーLED
  • 事故廃車
第15編成826582158315846585158565フルカラーLED
第16編成826682168316846685168566フルカラーLED


4両編成

4両編成は全ての編成がフルカラーとなっている。

  • ←小田原
  • 藤沢
  • 唐木田
  • 新宿→
  • 片瀬江ノ島
車両番号8050800081008150備考
MT構成Tc1M1M2Tc2
号車10987
車両構成SIV,CPSIVCON,PTCP
第1編成8051800181018151
第2編成8052800281028152
第3編成8053800381038153
第4編成8054800481048154
第5編成8055800581058155
第6編成8056800681068156
第7編成8057800781078157
第8編成8058800881088158
第9編成8059800981098159SiC採用
第10編成8060801081108160
第11編成8061801181118161SiC採用
第12編成8062801281128162
第13編成8063801381138163
第14編成8064801481148164
第15編成8065801581158165
第16編成8066801681168166

関連タグ

小田急電鉄 8000形

小田急4000形については4000形を参照。
小田急20000形については20000形RSEを参照。
小田急30000形については30000形EXEを参照。
小田急50000形については50000形VSEを参照。
小田急60000形については60000形MSEを参照。
小田急1000形1000形 小田急2000形2000形
小田急3000形3000形 小田急5000形5000形
小田急7000形7000形 小田急9000形9000形

関連記事

親記事

小田急電鉄 おだきゅうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4876

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました