ピクシブ百科事典

7600系

ななせんろっぴゃくけい

東京急行電鉄が保有していた鉄道車両の一つ。
目次[非表示]

過去にも今も東京急行電鉄のみの形式である。メイン画像の上から2番目。

概要

※車両形式は社名が併記されない限り東急の車両である。

足りない電動車、余剰の制御付随車

元々東急田園都市線でMT比1:1の6両編成で運用されていた7200系を目蒲線・池上線両方に転属。その際にMT比2:1の3両編成に組み替えた。この時、デハ7200と、デハ7300・デハ7400に対して、クハ7500が余った。クハ7500は電動機を持たず、単体では走れないものの編成がいくつか作れるほど余剰車が発生していた。

改造

余剰車の有効活用のもと、電装工事を行って7600系へ改番。電装にあたっては、ほとんど同時期に増備中であった9000系と同等の電動機と制御装置がおごられた。但し、9000系とは違い、1C8M方式、つまりユニット制御方式がとられていた。台車も7600系用に、8000系の電動車のものから微妙な設計変更が加えられたTS-815型が用意された。屋根には2基のパンタグラフと4基の熱交換機も搭載された。

ちなみに改造された時に、マスコンはワンハンドルに変えられたが、もとが回生ブレーキ併用の電磁直通だったためにワンハンドルのブレーキ設定器で電磁直通ブレーキを動作させている。ここは同時在籍の7700系、7200系アルミ車と同様である。

落成

当初は2M0Tの2両編成で、東急目蒲線東急池上線の転属で余剰が出たはずなのに、改造第1編成と第2編成は長津田検車区所属で、田園都市線にて運用された。当時はまだ7200系は東急線内にゴロゴロいたこともあり、目蒲線のグループはデハ7200と連結し3M0T、大井町線の編成はクハ7500と連結。4M2Tの6両編成で営業に入っていた。

集結

8090系の入線により、7200系は順次東急大井町線から転属。この時、先述の2編成は編成を分割され、目蒲線に転属となるも、この時に1C8M制御から1C4M制御へと変更されている。目蒲線に転属となった際、7700系と機器の構成を同一化するためにデハ7600の機器をクハ7500に移植。下図の通りとなった。

凡例< >先頭車運転台 -貫通路
←大井町・五反田 蒲田・二子玉川園→
大井町線デハ7600-デハ7650>クハ7500
目蒲・池上線クハ7600-デハ7650>デハ7650

台車も入れ換え、クハ7600はパイオニア台車を再び履いた。ちなみに後からクハ7500から改造されたデハ7650は差異が生じたため、形式が10繰り上がった「デハ7661・デハ7662」となっている。

終わらぬ、変化

第3編成は五反田側に東洋電機製造の電装を受けたデハ7200を引き連れていたが、ある時、編成を離脱。代わりにクハ7500号車のデヤ7290化に伴い、機器を交換されたデハ7400が編成中間に入り、デハ7603が五反田側先頭に電装解除のうえで組成替えされた。

凡例:<>運転台つき先頭車(とがっている方が運転台)-貫通路

←五反田        蒲田→
ビフォーデハ7255<デハ7603-デハ7653
アフタークハ7603-デハ7673-デハ7653

デハ7400が組み込まれた際、蒲田側にパンタグラフがあったため、デハ7653の五反田側のパンタグラフが撤去された。この時期、クハ7600の台車がTS-831と同型のTS-839へと交換されている。

その後

第1編成・第2編成の編成中間の運転台は撤去され、定員が少し増え、車体形状が変わったため、第三編成の中間車もろとも、新形式の「デハ7670」となり、デハ7651・デハ7652は番号が繰り上げられ「デハ7681・デハ7682」となった。

※凡例は上の図と同じ

第一編成<クハ7601-デハ7681>デハ7661>
第二編成<クハ7602-デハ7681>デハ7662>
第三編成<クハ7603-デハ7673-デハ7663>

7000系(2代目)の投入により2010年3月に第3編成が運用離脱。

アイコン絵(東急1000系1500番台)


その後東急東横線から撤退し、東急多摩川線・池上線用に転用された1000系1500番台が投入されたことに伴い第2編成が2014年7月に、第1編成が2015年2月に運用離脱し、全車引退となった。

関連タグ

東急 東京急行電鉄 7200系 電車 VVVF 魔改造
東急7000系7000系 7700系 東急1000系1000系 東急多摩川線 東急池上線

pixivに投稿された作品 pixivで「7600系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 844

コメント