ピクシブ百科事典

阪急7000系

はんきゅうななせんけい

阪急電鉄が保有・運用している通勤形車両。ここでは、京都線所属の姉妹車両7300系についても紹介する。
目次[非表示]

概要

阪急7000系は、阪急電鉄(阪急)が1980年から阪急神戸線阪急宝塚線系統で運用している通勤形電車。特急から普通電車まで広く運用されている。6000系とほぼ同一仕様の車両で、違いは制御方式が回生ブレーキ付き界磁チョッパ制御になったことである。1988年までに合計210両が製造され、1系列としては阪急史上で最多車両数である。当初は普通鋼製で登場(※7000F~7010Fおよび7020Fが該当)し、1984年以降製造分の車両はアルミ合金製となった。ただ、同一塗装なので外見からでは見分けはつかない。

派生系列として阪急京都線仕様の阪急7300系が、1982年から1989年にかけて合計83両が製造された。7000系は東芝製の電装品を装備しているのに対し、7300系では従来の慣習に基づき東洋電機製造製の電装品を装備している。7300系は初期に製造された12両が普通鋼製、残りの車両がアルミ合金製である。

系列ごとの特徴

阪急7000系

もともとは0番台が8両固定編成、20番台が6両固定編成、30番台が2両固定編成という区分がなされていたが、車両の増備による番号の不足と編成組み替えの過程で0番台・20番台の区別は実質なくなった。神戸三宮・宝塚方先頭車は電動車であるのが基本だが、2両固定編成のうち30番台の編成については、当初から神戸三宮・宝塚方先頭車はモーターなしの制御付随車となっている。

普通鋼製車両については1999年から2013年にかけてリニューアル工事を、アルミ合金製車両については2016年から順次リニューアル工事を実施している。工事メニューが年度ごとにバラバラであるため、同一形式ながら様々なバリエーションが生まれる結果となった。

7016Fの2両、および7025Fの2両は能勢電鉄へ移籍、6000系中間車と組み合わせて2018年より「能勢電鉄7200系」として営業運転に入っている(概要は「7200系」の記事を参照)。

8両編成6両編成4両編成2両(Mc-Mc)2両(Mc-Tc)
初期更新車
阪急7000系
70037001 7006
大規模工事車(1次)
阪急7000系原型車 正面画
7000(※) 7002 7004
前面改造車
阪急7000系リニューアル車 正面画
7007 7008
大規模工事車(2次)
阪急7000系リニューアル車7010F 正面画
7009(※) 7010 7020
VVVF改造車
無題
7012 7013 7014 7015 7019 7022
未更新車
無題
7011 7018 7021 70277017 702370247005 70267030~7037
6000系との混成
【HD阪急35】阪急省エネ時代の先駆車【2200系】
6050

特筆事項

  • 大規模工事車(1次):開閉予告ランプの設置や客室扉・妻面の化粧板側面のドアの窓の拡大等のリニューアルを実施。日よけはロールカーテンに変更されたが、鎧戸時代と同じく上昇式のままとされた。7000F以外の2編成は化粧板と床の配色を変更した。
  • 前面改造車:方向幕のフルカラーLED化、座席に定員着席を促す仕切りを設置やパワーウィンドウを設置するなど、新車と見間違うほどのレベルの改造が行われた。内外装は阪急9000系に準じる。
  • 大規模工事車(2次):前面改造車の登場以降にリニューアルを実施したグループだが、改造内容はやや控えめとなった。7009Fは車内案内表示器がLED。それ以外の2編成は足掛け板の設置や車番の移設が実施されたほか、内装も前面改造車と同等のものに。
  • VVVF改造車:アルミ合金製の車両に順次行われている。内装は阪急1000系(2代目)と同等になったほか、制御機器類も1000系と同じものへ換装され、VVVFインバータ制御となった。
  • 6000系との混成:6050Fの両先頭車、6050・6150号車の2両は旧2200系から6000系へ編入されたものだが、7000系の他編成から中間車を捻出、8両固定編成を組んでいる。


備考(登場当時)

  • 7001F・7003F・7006F・7020F・7300F・7301Fは6両編成、7030Fは2両編成で登場。
  • 7003F以降は冷房の吹き出し口が部分的にスイープファンになった。
  • 7005Fの7105・7585と7012Fの全車はボルスタレス台車の試験車である(現在は他の編成と同じ台車に交換済みで7012Fは2009年に5200系の台車に履き替えている)。
  • 7010Fはドアチャイム試験車で、現在採用されているドアチャイムよりも高音のチャイムが鳴る(現在はリニューアルによって消滅)。
  • 7011Fは側面の客室扉に縦のステンレス帯が設置されていない。過去には7300系も同様だったが現在は7011Fのみ。
  • 7012Fからは冷房の吹き出し口が青銅色になる(7011F・7021Fは銀色)。
  • 7012Fはドアチャイム試験車で、現在採用されているドアチャイムよりも低音のチャイムが鳴る(現在はリニューアルによって消滅)。また、そのリニューアルと同時に小窓が設置された。
  • 7013F・7015Fはドアチャイム試験車で、現在採用されているドアチャイムよりも低音のチャイムが鳴る(現在はリニューアルによって消滅)。
  • 7016F・7017F・7024F~7026F・7031F~7037Fは補助電源装置がSIVである。
  • 7016F・7017F・7022F・7023F・7027Fは当初6両編成で登場(7016Fが後に2連化となり7022F、7027Fは後に8連化)。
  • 7021Fは1985年に6両編成で登場。同年6000系T車2両を組み込み8両化。約30年後の2015年に7001Fの6両化で余剰となっていた7551・7581と6000系T車を交換し、7000系8両に統一。尚、6671号車、6681号車は7016Fの両先頭車に組み込まれ能勢電鉄に移籍。阪急からは廃車となった。また、7012Fがリニューアルをした後の2018年6月現在、7000系で唯一の運転室後の小窓が設置されてない編成となった。


阪急7300系

こちらは0番台が6両固定編成、20番台が2両固定編成として製造されたが、一部の6両固定編成は中間車2両を追加し8両編成化された。その後10両編成運用に際し、7300・7301・7302号車の3両は密着連結器・電気連結器が搭載されていなかったため、同連結器を搭載した7320・7321・7322号車との車両差し替えが行われた。

7310Fは6両固定編成で登場。7310号車の1両はGTO素子を使用したVVVFインバータ制御車両の試作車として製造された。この編成は2018年のリニューアル改造に際し7324Fとの8両固定編成化改造を行った。

7000系に合わせ7300系も2007年からリニューアル工事を開始している。工事メニューは同年度の7000系のリニューアルに合わせたものになった。VVVFインバータ制御改造車は阪急1300系(2代目)と同等の制御機器を搭載している。

【HD阪急42】京都線の主力【7300系】


8両編成6両編成2両(Mc-Tc)
前面改造車7320
VVVF改造車7303 7304 7305 7306 7324
未更新車7307 73217300 7301 7302 7323 7325 7326 7327

特筆事項

  • 普通鋼製車両は7300Fの7300、7301Fの7301、7320Fの7800・7860・7870・7900・7400、7321Fの7801・7861・7871・7901・7401の各号車合計12両が該当。
  • 中間車7851号車は現在長期休車中。


運用

阪急7000系

  • 8両固定編成のうち、7011・7015・7018Fは阪急宝塚線所属で、その他の編成は6050編成を含め阪急神戸線所属。普通から特急まで幅広い運用を担当している。宝塚線所属車は能勢電鉄用の列車無線アンテナを搭載していないため、同社線への乗り入れはできない。8両編成は梅田方先頭車に電気連結器を装備しており、朝には2両編成を連結して10両編成でも運行される。
  • 神戸線・宝塚線とも通勤特急運用に関しては「10連運用指定編成」というものが設定されている。2016年2月から8両編成の7000F・7002F・7003F(2017年9月設置)・7004F・7009F(2016年9月設置)・7012F・7021F・7022F・7027Fの梅田方先頭車と2両編成の7030Fと7036Fの神戸方先頭車の転落防止幌設置のための金具が取り付けられた。これらの編成は同年の3月19日のダイヤ改正以降の10両編成の通勤特急運用専用車として一定期間固定される(現時点では設置された8両編成9本のうち5編成が増結車と固定されている)。また、7012F・7022Fに関しては先述のリニューアル工事が行われた際に金具が取り外され、10両編成の通勤特急運用から外れた。現在は7000F、7002F、7003F、7004F、7009F、7018F、7021F、7027Fに梅田方面の先頭車の前面に転落防止幌を着けるフックが設置されており、基本的に朝の通勤特急10連固定運用編成である。検査などで車両不足の場合は8連で走る事もある。また、上記の編成は神戸・宝塚方面の先頭車には女性専用車両がある。
  • 8両編成の神宝方先頭車の大半は自動連結器であるが、7110・7111・7114・7118号車は電気連結器を装備しており、かつて宝塚線で宝塚方に2両編成を連結して朝に10両編成で運行されたことがあった。一時は朝の10両編成の増結2両編成はすべて梅田方に連結されていたが2015年3月の宝塚線のダイヤ改正にて新設された通勤特急の運用で宝塚方面の増結運用が復活した。(2018年の宝塚線のダイヤ改正では梅田方連結に揃えられた)。これに合わせ7115は密連連結器から電気連結器に交換され現在は7011F、7015F、7018Fの宝塚方に増結車が連結されることがある。一方で神戸線所属となった7110、7114は先述のリニューアル改造の際に密連連結器に交換されている。


  • 6両固定編成はすべてが阪急神戸線所属。他系列とつないで8両編成運用に入るのが基本だが、車両不足の時に阪急今津線に入る他、阪急京都線阪急嵐山線方面への直通特急の運用も担当する。
  • 7024Fは7000系で唯一の4両固定編成。2両固定編成2本(8030Fと7026F)をつないで阪急宝塚線の8両編成運用を担当している。7024Fは8030Fと7026Fの間に繋いでいる。
  • 7013F・7018Fは神戸・宝塚両線の表示幕を装備しており相手の線の車両が不足した際の予備車としての役割も持っていた。特に7018Fは神戸線への貸出が多かったが、9000系の増備以降は同系がその役を担うようになり、2012年を最後に7000系の相手路線への貸出は行われていない。なお、9000系は7000系とは異なり、全編成が神戸・宝塚両線の表示幕を搭載しているため、貸し出す編成を特定しなくなっている(後に登場する1000系も同じく神戸・宝塚両線の表示幕を搭載してる為、9000系の貸出運用も減りつつあるが)。
  • 2両固定編成は10両編成運用の増結車としての充当のほか、ダイヤ改正で減便になった7000系の2両固定編成を2本をつないで(7034F+7035F)伊丹線の普通列車運用にも充当される。

阪急7300系

  • 7000系とは異なり車両規格の都合上、神宝線に入る事ができない。
  • 7300・7301・7302Fは10両編成運用の増結車として充当される。予備車がない場合は6両+2両の「2両」を増結車に充てている。
  • 残りの編成は6両+2両につなぐなどして、すべてが8両編成運用を基本としている。阪急9300系が特急運用メインであるため、7300系は普通・準急運用が基本。


その他

阪急7000系の「京とれいん」化

2018年5月22日に阪急電鉄HPのニュースリリースより、京とれいんの2編成目を導入することが発表され、その編成を7000系から捻出・改造することが発表された。

近年の阪急7000系組成変更

  • 7001F、7003F、7006Fは6連で登場したが、後に7001Fに付随車7551,7581を、7003Fに7553,7583を、7006Fに7556,7586を新製し8連化された。上記の中間車はアルミ車である。いずれも後に再び6連化され、7001Fの中間車は7021Fに組み込まれ、7003Fの中間車は暫定的に休車、7006Fの中間車は7014Fに組み込まれている。いずれも外された中間車は7550・7580形の中間車である(アルミ車)。7003Fは1000系1011Fの運用開始に伴い今津線に転属した5000系の5002Fに置き換えられ、7003Fは7553,7583号車を組み再び8連化されている。7001Fも2018年に7006Fと組んでいた8031Fと組成。4年ぶりに本線運用に帰り咲いた。
  • 7006Fは今津線運用に暫定的に転用。後に6連化となった5001Fに置き換えられ正雀に入場した。恐らく前述の京とれいん化の改造をしてるようだ。


関連タグ

阪急電鉄 5000系(阪急5000系) 6000系(阪急6000系) 7000系 7300系 8000系8300系(阪急8000系)9000系(阪急9000系)

能勢電鉄7200系については7200系の記事を参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「阪急7000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 455

コメント