ピクシブ百科事典

2200系

にせんにひゃっけい

2200系とは、鉄道車両の形式の1つである。ここでは「2200形」についても紹介。
目次[非表示]

参宮急行電鉄→近畿日本鉄道2200系

大阪 - 伊勢間を連絡し、途中の急勾配を克服して同区間を2時間以内で走破する目的で、1930年代に製造された長距離用の特急電車。
1976年までに全廃。
近鉄2200系

京阪電気鉄道2200系

高度経済成長期の1964年にデビュー。登場時は2両、4両、6両固定編成を組んでいたが、現在は7両固定編成に落ち着いている。一時期8両固定編成を組んでいたことも。
急行向けに高速性能を重視した構成。

京阪3000系(2代)京阪13000系導入により廃車が進んでいる。
京阪2200系

阪急電鉄2200系

1975年に神戸本線用に導入した電機子チョッパ制御で、後に1980年に登場した7000系の試作車的存在である。1編成固定の8両のみ製造され、山陽電鉄への乗り入れ運用には入らなかった。
外観は従来の車両から大きくモデルチェンジがなされた。電動式の行先表示器を阪急で初めて搭載し、これに合わせる形で標識灯・尾灯の位置を窓下に設けた。T字形のワンハンドルマスコンも阪急で初採用され、これに合わせて乗務員室のスペースも広げられることになった。
翌1976年に登場した6000系は車体は2200系、機器は従来の5100系となっており、更新工事を受けるまでは見た目的には2200系、6000系、7000系は外見で区別がつきにくかった。

阪神淡路大震災の被災に伴い、電装解除や廃車などで電動車がゼロとなったことから、6000系へ編入され形式消滅となった(さらにこのうちの一部が後に7000系に再編入)。
阪急6000系

南海電気鉄道2200系

観光列車「天空」


ズームカー22000系「角ズーム」のうちの2両編成3本にリニューアルが実施され改形式となった。現在2201、2202編成は高野線用から支線用に転属し、2208編成は再改造で高野線の観光列車「天空」として活躍している。「天空」の2208編成は2000系2300系を自由席車として連結。

同じく2両編成3本にリニューアルが実施され支線用向けの2230系となっている車両があるが、こちらを2200系に含める場合もある。

名古屋鉄道2200系

名鉄2200系


2005年の空港線開業時にデビュー。外観は2000系ミュースカイに似ているが、こちらは指定席車(特別車)2両+3ドアの自由席車(一般車)4両による6両固定編成。自由席車側のみ独立させて「2300系」と呼ぶことがある。
おもに名古屋本線中部国際空港方面への特急に使われ、1700系と共通運用。3100系3150系と連結して8両編成運用にも充当される。

2007年度と2015年度に追加投入。2007年増備車の投入により、それまでパノラマSuperの独壇場だった本線特急にも使用されるようになった。2015年度投入車から塗装デザイン、車内案内設備などが変更され、既存の編成も塗装が変更されている。
2016年度と2018年度にも各1編成が追加投入され、リニューアル工事未施工で残っていたパノラマSuper1030・1230系を置き換えた。
1700系は自由席車側の「2300系30番台」との性能差が問題視されていた事から、指定席車側が経年を迎えた2019年度より指定席車側のみ「2200系30番台」を新製・代替し、性能統一を図った。

関東鉄道キハ2200形

片運転台、2両編成の関東鉄道キハ2100形をベースに、両運転台の単車とした形式。1997年運行開始。新製時からワンマン運転に対応、4両在籍。

小田急電鉄2200形

小田急電鉄としてはじめてカルダン駆動が採用された。1954年運行開始。前面非貫通型で2両固定編成。前面貫通型の4両固定編成は「2220形」となった。1984年引退後は2220形も含めて一部が富士急行新潟交通に(いずれも20世紀中に引退)、伊予鉄道へは台車のみ譲渡された。

北陸鉄道2200形

1956年に登場した路面電車で、1968年に名古屋鉄道へ(モ560形へ形式変更)、1989年に福井鉄道へ(1両のみ)と転々とした。現在は全車引退。

関連タグ

近畿日本鉄道 京阪電気鉄道 阪急電鉄 南海電気鉄道 名古屋鉄道
関東鉄道 小田急電鉄 北陸鉄道

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「2200系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25825

コメント