ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2200系2600系0番台・5000系の置き換え用として2012年に登場した京阪本線系統の通勤形車両。先に登場していた3000系と同様のコンセプトで開発されている。

外観デザインは10000系をベースに、先述した3000系と似た丸みを帯びたもので、京阪線系統の既存のロングシート車と同様の車体色をまとっている。車内は片持ちロングシートを本格採用し、大型袖仕切りが設置され、3000系同様に液晶式の車内表示機が全扉上に取り付けられている。照明器具は3000系と異なり、10000系2次車と同様にカバーがない。

現況

車両運用

  • 4両編成は主に交野線宇治線などの支線運用に入る。2本つないで8両編成を組むことができるが、定期運用は今のところない。
  • 6両・7両編成は京阪本線系統で基本的に快速急行以下の運用に入る。また、自動放送を常用する(当初は快速急行以上のみだった)。
  • 6000系のリニューアル工事に伴い8両編成が不足したため、7両編成に中間車1両を繋ぎ暫定で8両編成を組んだ実績が多数ある。


増備状況

  • 1次車は宇治線に残っていた2600系を代替するため、ワンマン運転対応の4両編成5列車が製造、2012年に宇治線で運用を始めた。翌13年に宇治線がワンマン化されたことにより10000系と運用が共通化され、交野線でも運用されるようになった。
  • 2次車からは本線向けの7両編成・13020番台も登場。2次車から照明器具がすべてLED化され、またドア開閉時のドアチャイムが装備されている(JR西日本のものと同タイプの2打式)。
  • 2021年には本線系統で6両編成運用が設定され、それに伴い6両編成・13030番台が製造された。この13030番台は、それまで2600系の廃車発生品だった集電装置が、新品のシングルアーム式に改められている。


2022年1月末現在、4両編成と7両編成各7列車、6両編成×6列車、計113両が在籍。6000系(112両)を上回り、京阪の最大勢力にのし上がった。

性能

編成4両編成、6両編成、7両編成
営業最高速度110km/h
設計最高速度120km/h
起動加速度2.8km/h/s
減速度4.0km/h/s(常用最大)・4.3km/h/s(非常)
全長先頭車18,900mm・中間車18,700mm
全幅2,792mm
全高先頭車4,195mm・中間車4,116mm
車体材質アルミニウム合金
軌間1,435mm
電気方式直流1,500V(架空電車線方式)
主電動機三相かご形交流誘導電動機(出力200kw)
駆動装置TD継手平行カルダン駆動
歯車比85:14=6.07
制御装置東洋電機製造IGBT素子VVVFインバータ制御
台車ダイレクトマウント式空気ばね台車(電動車は軸梁式、付随車はモノリンク式)
制動方式全電気指令式電磁直通ブレーキ(回生ブレーキ付き)
保安装置京阪形ATS、K-ATS
製造メーカー川崎重工業兵庫工場


関連タグ

関連記事

親記事

京阪電気鉄道 けいはんでんきてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「京阪13000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8458

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました