ピクシブ百科事典

京阪10000系

けいはんいちまんけい

京阪電気鉄道の通勤型電車。
目次[非表示]

製造当初

京阪本線の支線である京阪交野線京阪宇治線に残っていた旧型車両の老朽取り換え用及びとして開発された車両で、2001年と2006年に4両編成×3本ずつ、あわせて24両が投入された。

基本的な仕様は7200系9000系に準じているが、クーラーの形態が7200系・9000系とは異なるほか、VVVFインバータ制御の制御素子がこの形式からIGBTになっている。投入当初はこれまでの一般用車両とは異なるターコイズグリーン1色塗装で、のちに他形式と同様の現行カラーになった。

06年投入の2次車は車内照明器具のカバーが省略され、運転台がワンマン対応となっており、1次車も運転台にワンマン対応工事が施行された。交野線がワンマン化されてからは専ら交野線で運行されていたが、のちに同じくワンマン対応の13000系が登場し、宇治線もワンマン化されたため13年より13000系と共通運用となった。

7200系・9000系からの編入

そして7200系・9000系は一部編成で8両→7両化が行われた後、捻出された車両を10000系に編入し組み込んで4両→7両にする改造が一部編成で行われ(10001編成は2016年に、10002編成は2017年にそれぞれ実施)、7両編成は京阪本線に運行場所を移している。なお、組み込まれた10000系中間車3両のクーラーの形態は種車のままである。

関連項目

京阪電気鉄道 京阪 ワンマン運転
京阪13000系 13000系 10000系

pixivに投稿された作品 pixivで「京阪10000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2026

コメント