ピクシブ百科事典

京阪9000系

けいはんきゅうせんけい

京阪電鉄の京阪線系統用一般用車両。

概要

1997年に登場した一般用車両で、京阪本線の朝ラッシュ時に特急が枚方市に停車するようになったのを機に特急の混雑緩和を図るため導入され、8両編成×5本が製造された。車体構造や性能など基本的な部分は7200系と同じだが、在来の通勤形車両と区別するために、緑2色の境目にパステルブルーのラインが入った出で立ちで登場。優等種別運用を見越して車内は扉間を固定クロスシートとした。また、3ドアのうちの中間のドアについては、特急運用を見越してドアの締切(ドアカット)機能がついていた。

その後のダイヤ改正で一時は特急運用も担うようになったが、2008年に3扉転換クロスシートの2代目3000系が登場したため、特急(快速急行)運用は3000系に譲り、6000系・7200系と同様に急行以下の種別での運用が主体となった。このため2008~10年にかけて全車ロングシートに変更され、バケットタイプのシートが採用された。製造時はほかのロングシート車両と違って水色帯が付加されていたが、2008年以降に変更された現行色は6000系・7000系・7200系と同じものになっている。このため、7200系との区別は座席形態のみにとどまっている。

元々優等向けという運用特性から8両編成で製造されたものの、ロングシート化完了後にダイヤ改正で8両編成運用が減ったため、2015~17年にかけて9001編成~9004編成の4編成に対して7両編成を実施した(編成から外された中間車、合計4両は10000系に編入)。

関連

京阪電気鉄道 京阪特急 9000系 7200系京阪7200系 10000系京阪10000系

伊賀鉄道200系:固定クロスシートは伊賀鉄道へ転用された。

pixivに投稿された作品 pixivで「京阪9000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601

コメント