ピクシブ百科事典

京阪7000系

けいはんななせんけい

京阪電気鉄道の車両の1つ。京阪初の量産型VVVFインバータ制御車両。
目次[非表示]

概要

1989年(平成元年)に登場した京阪電気鉄道通勤形電車。7両編成4本計28両が在籍する。

投入の経緯

1989年(平成元年)の鴨東線開業時の増備車両として6両編成2本と4両編成1本が投入された。京阪電車で初めてVVVFインバータ制御が本格採用された。当時の4両編成は宇治線および交野線で使用されていた。1991年に中間車2両新造され、4両編成1本に挿入されて6両編成となり、1992年には中間車がさらに3両新造されて3編成とも7両化された。1993年から約2年間は一般車の臨時特急運用にも6000系に代わって充当されていた。
1993年、VVVFインバータ制御試験車両であった6000系6014編成の京都側3両を、系列内で制御方式を統一する目的で、改番のうえ本系列に編入し、新造の大阪側4両と組んで、7004編成が組成された。このため、7004編成の京都側3両は前面も含め、6000系と同じ車体形状になっているほか、床下の機器配置も他の7000系の編成とは異なっている。

車体・内装・機器

前面デザインは6000系のイメージを踏襲しつつ、前面ガラス部分の傾斜をなくして垂直になっており、運転時の視認性が向上している。また、側窓の構造が変更され、6000系と比較して窓枠の露出が少なくなっている(7004編成の京都側3両を除く)。この側窓の構造は、6000系7次車以降でも採用されている。

内装では、座席袖仕切りにシートモケットが貼られ、扉付近のつり革の跳ね上げ機構を省略した点が、6000系と異なる。

1988年に新造された6000系6014編成で試験を行っていた制御装置は東洋電機製造で、GTO素子によるVVVFインバータ制御を本格的に採用した。主電動機は200kw(当時は新幹線以外では最大)の大出力の誘導電動機を装備している。最高速度は110km/h(設計上は120km/h)で、起動加速度は6000系より少々上がって2.8km/h/sとなった。
駆動装置はTD平行カルダン駆動方式に代わり、継手の材質については開発当初は特殊鋼を用いていたが、軽量で耐久性に富む炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の継手が本系列で初めて採用された。

改造工事等

2006年から2008年にかけてバリアフリー対応工事が施工された。工事の内容は、LED式車内案内表示器、誘導鈴、車いすスペースの新設などで、7200系列に準じた装備に改良されている。

性能

編成7両編成4本(28両)
営業最高速度110km/h
設計最高速度120km/h
起動加速度2.8km/h/s
減速度4.0km/h/s(常用最大)・4.5km/h/s(非常)
全長18,700mm
全幅2,780mm
全高4,185mm
車体材質アルミニウム合金
軌間1,435mm
電気方式直流1,500V(架空電車線方式)
主電動機三相かご形交流誘導電動機(出力200kw)
駆動装置TD継手平行カルダン駆動
歯車比85:14=6.07
制御装置東洋電機製造GTO素子VVVFインバータ制御
台車ダイレクトマウント式空気ばね台車(電動車は軸梁式、付随車はSUミンデン式)
制動方式回生ブレーキ優先電気指令式電磁直通ブレーキ
保安装置京阪形ATS、K-ATS
製造メーカー川崎重工業


関連イラスト

純粋な7000系

京阪7000系(旧塗装)
京阪7000系(新塗装)


7004編成

京阪7004系(旧塗装)
京阪7004系(新塗装)



関連タグ

京阪電気鉄道 京阪電車 京阪 京阪本線 7000系

pixivに投稿された作品 pixivで「京阪7000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 640

コメント