ピクシブ百科事典

阪急9300系

はんきゅうきゅうせんさんびゃくけい

阪急京都線の転換クロスシート車両で主に特急用。
目次[非表示]

転クロまでつく豪華な車両の概要

宝塚線神戸線用の阪急9000系よりも先に登場した系列。2003年営業運転開始。

主に京都線で運用され、室内は先代の6300系を引継ぎ転換クロスシート(一部ロングシート)だが、ラッシュ対策及び特急の停車駅増加による乗降機会増に対応するため3扉となった。椅子はアルパカのシートを採用している。車内は勿論、木目調で阪急らしい内装であり、色はマルーンで構成されている。寸法は神宝線と異なり18500mm×2800mmで構成されている。阪急9000系に比べても転クロがあるので、阪急9000系よりも高価になっている。

1947年の設立以来、京阪神急行電鉄→阪急電鉄のすべての車両建造についてはナニワ工機→アルナ工機が引き受けてきたが、鉄道車両の建造をやめ会社を解散したため、本系列は日立製作所で建造され、A-trainをベースとした車体構造となっている。
ただし、第9編成(9308F)は鋼体のみ日立で製造し、アルナ車両で艤装を行っている。

初期の3編成は方向幕を装備していたが、9303F以後はフルカラーLEDを採用。
また第1編成(9300F)と、第2編成(9301F)以降とでは前面貫通扉上にあるライトケースの形状が違っている。8両固定編成11本が在籍。

なお、阪急電鉄では1975年の6300系以来、屋根部分にアイボリーを配したカラーリングの車両が増えており、この塗装のことを俗に「チョコレートパフェ」(略して「チョコパフェ」)と呼んでいるファンが多いが、本系列と9000系では屋根にカバーが取り付けられており、そのカバーの色もアイボリー色であるため先代の6300系と比較して「チョコパフェ大盛り」と呼ばれることがある。

編成

車番93009850987098809890986098009400
MT構成Mc1T1T2T2T2T1M1Mc2
第1編成93009850987098809890986098009400
第2編成93019851987198819891986198019401
第3編成93029852987298829892986298029402
第4編成93039853987398839893986398039403
第5編成93049854987498849894986498049404
第6編成93059855987598859895986598059405
第7編成93069856987698869896986698069406
第8編成93079857987798879897986798079407
第9編成93089858987898889898986898089408
第10編成93099859987998899899986998099409
第11編成93109950997099809990996099009410
備考※1


※1 平日の通勤特急・特急の5号車(9890)は女性専用車両となる。

関連項目

阪急に関連するもの

阪急電鉄 阪急京都線 6300系 9000系 9300系
阪急9000系
阪急1000系阪急1300系
阪急8000系(8300系含む)

A-trainに関連するもの

A-train 日立製作所
東武50000系 西武30000系 東京メトロ10000系
西武20000系 東武60000系

関連記事

親記事

阪急電鉄 はんきゅうでんてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阪急9300系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7628

コメント