ピクシブ百科事典

8900形

はっせんきゅうひゃくがた

鉄道車両の形式の1つ。複数の会社で使用。
目次[非表示]

新京成電鉄8900形

新京成8900形


1993年に登場。新京成電鉄では初めてオールステンレス車となった。京成グループの同世代車両である京成3700形とはデザインは異なる。扉幅は1500mmのワイドドアで、ボルスタレス台車を採用。

あわせて8両編成3本が製造されたが、新京成線内全列車6両化に伴い、8両のうちの中間車(サハ)2両は廃車、現在は6両編成3本が在籍。

東京都交通局8900形

短時間挑戦 2639


2015年に登場。都電荒川線路面電車車両。
8800形とは異なり、外観デザインはシンプルなものになった。2016年度までに全8両を導入、塗装パターンは4種類用意された。

秋田内陸縦貫鉄道AN8900形

EMI(えみ)


形式は製造年である1989年に由来。急行「もりよし」用の気動車として導入された。経費削減のため2両固定編成の定期運用が2012年に終了し、AN-8901~8903号車は余剰廃車となっている。

  • AN-8901・8903:鷹巣側に運転台がある片運転台車。
  • AN-8902・8904:角館側に運転台がある片運転台車。
  • AN-8905:上記4両の定期検査時の予備車で、両運転台車として製造された。2020年に観光列車「笑 EMI」(上画像)に改造され運用中。
  • (※参考)AN-2001:AN2000形として1両だけ製造されたイベント対応車。鷹巣側の片運転台車であり、現在は車籍があるAN-8904号車とペアを組む。

関連項目

鉄道 鉄道車両 電車 気動車 鉄道車両の形式の一覧

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「8900形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2383

コメント