ピクシブ百科事典

目次[非表示]

用途記号は「」。主に石油・天然ガスなどの液体やセメントなどの粉末を運ぶための貨車であり、車体に巨大なタンクがつけられている。

概要

 基本的に、有蓋車コンテナ車と違って積載物に最適化された構造であるため「往路でガソリンを輸送し、復路は塩酸を積む」といった使い方は不可能である。つまり、車両毎に積むことができる品目が『専用種別』として定められており、これを逸脱する使い方は基本的に行われない。
 これは、タンクそのものの構造や材質もさることながら、安全対策や荷役装置が積載物によって大きく異なることや、仮に全く異なる性状の積載物に乗せ変える場合、タンクの洗浄作業は大きなコストと(積載物によっては)危険が伴うためである。
 このため、自ずと車両によって荷主が決まるので、荷主たる化学薬品メーカーや石油製品専用の運送事業者などを登記上の所有者としながらも、車籍と運行・保守管理を国鉄やJR貨物などの鉄道会社とした『私有貨車』とすることがほとんどである。

  • 但し、例えばガソリン専用の車両に所定の手続き・作業を経て灯油や重油などの性状が似た(或いは危険性と品質の低い)物を載せることなどは可能である(場合がある)。この場合、ガソリンより比重が重い液体を積むことになるが、基本的に車輌本来の積載量(重量)を超えて積むことは不可能。過積載ダメ。ゼッタイ。
    • 逆に自動車用燃料や洗浄用(工業用)として使用されるガソリンは高い品質と安全性の確保が求められるため、基本的にその他石油類を積む車両には載せないとか。

  • 石油製品(ガソリンなど)の場合は、基本的に危険性がそれほど高くないため、タンク下部に取り出し口を設けているが、特定の金属類と激しく反応する性質がある腐食性液体(濃硫酸・濃硝酸・水酸化ナトリウムなど)は、漏出した際の危険性が大きいため、タンク下側の開口部は存在せず、荷役(積み降ろし)はすべてタンク上部としている。このため、タンク内を充分に洗浄しても石油製品を運ぶ貨車に腐食性液体は載せられないし逆もまた然りである。

塗色

タンク体の塗色は、タンク車の多くを占める私有貨車の場合、基本的に車両の所有者たる化学薬品メーカーや運送事業者などが定めるロゴマークが入れられるほか、貨車の色や図案(例えばコーポレートカラーなど)も貨車の所有者によって指定されるが、積載物によっては法律や政令、その他規則で定められた色になる事もある。例えば常温で気体の物質を圧縮して液状化して輸送する車両(=タンク体がいわゆるガスボンベとなる)の場合は、高圧ガス保安法に基づいた塗色となることが殆どである。

  • 毒性の強い塩素を液化して運んでいたタキ5400/タキ5450(通称:毒タキ)は、所有者に関係なく高圧ガス保安法に基づいた「黄色」。同じく常温で気体のアンモニアを液化して運んでいたタキ18600などは「白色」、液化石油ガス(LPG)を運んでいたタキ25000などは「ねずみ色」といった具合である。

日本のおもなタンク車

タキ1900
タキ38000
タキ40000
タキ43000
タキ1000

関連項目

 貨車 JR貨物

関連記事

親記事

貨車 かしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タンク車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 722

コメント