ピクシブ百科事典

ホッパ車

ほっぱしゃ

鉄道の貨車の一種。粉体や砕石といった、ある程度流せる貨物を運ぶ。
目次[非表示]

概要

 ホッパ車とは石灰石、砕石、セメント、小麦など、粉状や粒状のものをばら積みの状態で上から積み込み、目的地で下についている取り出し口を開けて積荷を下におろすことができる貨車である。構造は下に蓋のついたろうとのようなものに車輪がついている感じである。国鉄の記号は「ホ」。
 かつての石炭車も同じような構造をしており、記号は分けているがホッパ車の一種ともいえる。
 無蓋ホッパ車と有蓋ホッパ車の二種類があり、濡れても構わない、風で飛ばされる懸念の無い物は前者で、小麦粉のような濡れると駄目になる物、風に飛ばされたりしやすい物は後者で運ばれる。

主なホッパ車

 民営化前 / ホキ800 / ホキ2200 / ホキ5700 / ホキ9500 / ホキ10000 /
 民営化後 / ホキ1000 / ホキ1100 / ホキ2000 /

関連項目

貨車 JR貨物

pixivに投稿された作品 pixivで「ホッパ車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント