ピクシブ百科事典

ホキ800

ほきはっぴゃく

ホキ800は日本国有鉄道及びJRに在籍するバラスト散布用ホッパ車である。
目次[非表示]

概要

1958年から1974年にかけて1066両(オホキ800~オホキ1760・オホキ1773~オホキ1877)が製造された。
1967年度に新幹線用の931形12両がホキ300と台車を交換し編入されオホキ1761~オホキ1772となっている。

現況

各JR旅客会社に計815両が承継され、2020年4月時点でJR東日本JR西日本に計176両が在籍する。なお、それ以外のJR各社では全廃された。

譲渡車

名古屋鉄道

2001年にJR東海から1035, 1741, 1746, 943, 942, 910の6両を譲受してホキ80形81~86とした。2010年に台車をTR41CからTR214に交換している。
EL120導入に伴う総括制御回路を増設する改造を行った。
なお、他に瀬戸線に配属されたJR東海の譲渡車945を改番した87が在籍したが2007年の喜多山検車区移転時に廃車された。

弘南鉄道

1988年に国鉄清算事業団から1245と1246の2両を譲受した。1245は弘南線、1246は大鰐線に配属されている。

八戸臨海鉄道

2002年に東北新幹線が八戸駅まで開業したときに1734, 1738, 1758, 1759の4両を譲り受けている。

小坂鉄道

1987年に国鉄清算事業団から909の1両を譲り受けた。2009年の廃止後は廃車となり、小坂鉄道レールパークで保存されている。

上信電鉄

1988年にJR東日本から1783を譲り受けて801とした。

伊豆箱根鉄道

1988年に国鉄清算事業団から1775〜1778の4両を譲り受けて801〜804とした。すべて駿豆線の所属である。

大井川鉄道

1998年にJR東海から989を譲り受けた。

遠州鉄道

2000年にJR東海から988, 993, 995を譲り受けて801〜803とした。

前身および派生形式

ホキ700

1957年から1959年にかけて55両(オホキ700~オホキ754)が製造された。JRには承継されず1986年に全廃された。

新幹線931形

1962年から1977年にかけて1〜126の126両が製造された。当初は3000形を名乗っていたが、1964年に現在の形式となった。前述の通り79〜116のうちの12両がホキ300と台車を交換してホキ800に編入されている。この他、3両が散水車の936形(1979年全廃)に改造された。JR東海JR西日本に計95両が承継されたが、2002年までに全廃されて一部が機械扱いとなった。

東武鉄道ホキ1形

1962年から1969年にかけて計10両が落成した。東武鉄道の全範囲で運用されたが、1990年までに全車が廃車された。
廃車後は2両が秩父鉄道、2両が上毛電気鉄道、2両が茨城交通(現在のひたちなか海浜鉄道)に譲渡され、ひたちなか海浜鉄道の車両が機械扱いである以外は現役である。なお、それ以外の4両は解体されている。

近江鉄道ホキ10形

1985年から1986年にかけて3両(ホキ11~ホキ13)が近江鉄道彦根工場にて製造された。
ホキ12は2019年1月に廃車となり、現在はホキ11及びホキ13の2両が在籍する。

※随時追加よろしくお願いいたします。

保存車

オホキ1382:那珂川清流鉄道
※随時追加よろしくお願いいたします。

模型化

NゲージがTOMIXより2両セットで発売されている。

関連項目

ホッパ車

関連記事

親記事

ホッパ車 ほっぱしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホキ800」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント