ピクシブ百科事典

EL120

いーえるひゃくにじゅう

名古屋鉄道の最新型電気機関車。
目次[非表示]

概要

2014年度の名古屋鉄道設備投資計画で発表された老朽化した電気機関車の更新用として東芝で2両が製造された電気機関車大手私鉄が電気機関車を新造するのは西武鉄道E31形以来28年ぶりのことである。また、東芝にとって約70年ぶり【注1】の名古屋鉄道向けに製造・納入された電気機関車でもある(いわゆる「東芝戦時型」以来。当機の製造も「東芝戦時型」であるデキ600形の置き換えのため。)なお、大手私鉄の車籍を持つ【注2】機関車としては唯一の存在である(前述の西武のE31形は既に引退済)。

先頭部の形式表示プレートにはEL120と書かれ、側面にはローマン書体の切り抜き文字で車番が書かれている。また車体にはステンレスのラインが施されて車体を引き締めている。ファンの間では新型デキとも呼ばれている。デザインとしては同じ東芝が製造したJR貨物のEH800にも似ている。

ミュージックホーンスノープロウを搭載し台車はボルスタ付き。東芝公式サイトによれば、当機は電車との機器共通化を図るために電車と同じく機器を床下吊り構造にした。このことにより小型化が図られた。また、運転操作なども電車との共通化を図ったという。電車との共通化や、機関車としては用途が限定的で複雑な操作を要しないため、主幹制御器が右手操作型ワンハンドルマスコンとなっている。

脚注

【注1】名鉄向けとしては約70年ぶり。なお東芝では約45年ぶりの民営鉄道事業者への電気機関車製造納入と発表している。
【注2】工場の機械扱いで近畿日本鉄道が所有。

関連項目

名古屋鉄道 電気機関車機関車

pixivに投稿された作品 pixivで「EL120」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 683

コメント