ピクシブ百科事典

駿豆線

すんずせん

伊豆箱根鉄道の路線。
目次[非表示]

路線概要

 1898年に豆相鉄道として開業。以降会社名は変遷を重ね、1957年に伊豆箱根鉄道の路線となった。
 東海道本線三島駅から修善寺駅までの19.8kmを結ぶ。
 路線名は「駿河国」と「伊国」を結ぶことが由来だが、現在は旧伊豆国内で完結している。かつて御殿場線下土狩駅が三島駅で、そこに乗り入れていた時代でも、駿河国はかすめる程度であった。
 駿豆鉄道時代の1949年より、国鉄80系による準急列車が乗り入れを開始し、種別こそ違えど現在でも行われている。

運行形態

優等列車

 東京駅から特急踊り子が毎日1日2往復乗り入れている。駿豆線内では快速として扱われるために特急料金は不要だが、11号車・12号車の自由席車のみ乗車可能で、尚且つ通学定期券では乗車できない。

普通列車

 線内折り返しの普通列車はラッシュ時最短8分間隔、最長12分間隔、日中は15分間隔で運行されている。
 三島-修善寺間の直通運転が基本だが、早朝には大場発三島行・修善寺行、最終三島発は大場行の区間運転がある。

使用車両

自社保有車

 元西武鉄道新101系。改造工事を西武鉄道系列の西武車両で施工された状態で伊豆箱根入りしている。駿豆線唯一のオールロングシート形式。3両編成2本が在籍する。
 元々4両編成と2両編成を組み替えて3両編成にしており、余った3両編成は現在、三岐鉄道751系となっている。

 地方私鉄には珍しい自社発注車。普通鋼製の第1次型と軽量ステンレス製の第2次型の2形態が存在する。3両編成6本が在籍する。
 基本はボックスシートによるセミクロスシートだが、第1編成の中間車のみ転換クロスシートに改造されている。
 老朽化した1000系の代替として1991年と92年に1編成ずつが製造された車両。JR東海区間への乗り入れを考慮して車内はオールクロスシート、先頭車は片側3ドア、中間車は片側2ドアとなっている。ラッシュ時の乗降に難があること、JR東海乗り入れ計画が頓挫したことから2編成のみの在籍にとどまる。
  • ED32・ED33
 元西武鉄道31形電気機関車。主に大雄山線5000系の入出場時の輸送と工事列車の牽引に使われる。

乗入車両

 特急踊り子として乗り入れるJR東日本が保有する特急型電車。線内有効長の関係上5両付属編成が乗り入れる。

駅一覧

●:停車 |:通過

駅番号駅名特急乗り換え路線備考
IS01三島東海道本線/東海道新幹線
IS02三島二日町
IS03三島広小路
IS04三島二日町
IS05大場
IS06伊豆仁田
IS07原木
IS08韮山
IS09伊豆長岡
IS10田京
IS11大仁
IS12牧之郷
IS13修善寺

その他

  • イメージキャラクターとして鉄道むすめシリーズの一員として2016年3月、修善寺まきのが誕生。名前は「修善寺駅」と「牧之郷駅」から。
  • 各駅に設置されている自動券売機では三島駅連絡でJR線との連絡乗車券が発売されている。一方窓口では東側は常磐線我孫子駅まで、西側は大阪市内までの連絡乗車券も購入できる。この連絡乗車券の取り扱いは芥川龍之介が健在だった1925年頃よりあるらしく、修善寺温泉の新井旅館に行くための手紙に記述がある。
  • 沿線に存在する「伊豆・三津シーパラダイス」(伊豆箱根鉄道が運営する水族館)が「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqours2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」に登場したことから、「ラブライブ!サンシャイン!!」のラッピング列車が3000系第1編成を対象に2016年4月27日より運行している。また4thシングル「HAPPY PARTY TRAIN」に駿豆線が登場したことから、2017年4月8日より3000系第6編成を対象にラッピング電車第2弾が運行を開始する(アニメ本編には伊豆長岡駅が登場する)。


関連タグ

伊豆箱根鉄道


踊り子(列車) JR東海

ごめんね青春!/逃げるは恥だが役に立つ/ラブライブ!サンシャイン!!:駿豆線が作中に登場。

pixivに投稿された作品 pixivで「駿豆線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1973

コメント