ピクシブ百科事典

Dr.STONE

どくたーすとーん

週刊少年ジャンプにて2017年14号から連載中の漫画。原作・稲垣理一郎、作画・Boichi。
目次[非表示]

概要 

謎の現象で全人類が石化し、数千年がたった地球。
文明の遺物はとっくに失われて大自然の楽園と化したポストアポカリプスな世界で、石化から蘇った2人の少年・千空と大樹が科学文明を再興させようと奮闘するSFクラフト冒険譚である。
何の近代的ツールもないが科学知識だけはあるという状況で、工夫とアイデアを凝らして石器時代レベルの道具だけで携帯電話や自動車などの近代的なアイテムを作り出していく試行錯誤が人気を獲得している。

原作は『アイシールド21』の稲垣理一郎、作画は「週刊ヤングマガジン」にて「第22回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」を受賞の『ORIGIN』を連載していたBoichi

SFファンタジー、そこにジャンプ漫画のお約束であるバトル要素も合わさった複合ジャンル的な作品で千空の頭脳から導き出される予測不能のアイデア、そのアイデアを実現するための現実的な科学技術から形成されるフローチャート、その副産物を利用した予想外の発明など、読者の斜め上をいく発想と少年漫画の王道を征くアツい展開が最大の特徴。

科学監修について

メインの科学監修はサイエンスライターの「くられ」が担当しており、ジャンプ本誌では枠の間にくられのみ明記されている。しかし、
コミックスの巻末クレジットには1~9巻まで「くられ」単独明記で10~14巻までが「くられwith薬理凶室」となり、15巻から「くられwith薬理凶室(亜留間次郎 シラノ POKA)」明記となる。
尚、POKAについてはコミックスのクレジットに載る前に「Dr.STONE 科学部」(後述の「公式動画」の中の科学部参照)にて「ドクターオギノ」名義でくられと一緒に協力している。

簡易的な経緯

2018年9月『次にくるマンガ大賞2018』の第2位を受賞。
2019年1月『第64回小学館漫画賞』の少年向け部門受賞。

2019年10〜12月にはスピンオフ『Dr.STONE reboot:百夜』がジャンプ本誌にて短期集中連載された(48号~4・5合併号まで)。

日本テレビ系列局ほかで放送されているバラエティ番組「世界一受けたい授業」2020年3月21日放送分で『大人気マンガ「Dr.STONE」に学ぶ!文明を作った科学の力』として取り上げられ、講師としてくられが登場した。


テレビアニメについては後述。

あらすじ

体力バカの高校生・大木大樹は、悪友の石神千空にからかわれつつも、5年間片思いし続けてきた美少女・小川杠に告白しようとしていた。
だが、その思いの丈を打ち明けようとした時、空が謎の光で覆われる。そしてその光を浴びた世界中の人間(と)は全て石と化していった。大樹は「杠に告白するまでは絶対に死なん、死んでも生きてやる」と強靭な意思で生き延び続ける。

そして長い長い年月が過ぎ、大樹は突如石化から蘇る。そこで見たものは、ただの石像となって転がる無数の人間と、文明が完全に消滅して原始時代に逆戻りした世界の姿だった。その有り様に驚愕する大樹の前に、一足先に石化から目覚めていた千空が現れた。彼もまた、石化開始から経過した時間を秒単位で数え続けるという驚異的精神力で、意識を保ち生き延びていたのだった。

今はあれから3700年が経過した西暦5738年。地球は猛獣たちが食物連鎖のトップに立つ大自然の楽園となっていた。他に生きている人間がいるかどうかもわからない。
だが2人は、この石化の謎を突き止め、文明社会を蘇らせようという壮大な作業に取り組んでゆく。

Dr.STONE_reboot:百夜

千空の義父である石神百夜を主人公としたスピンオフ。
2019年48号から2020年4・5合併号までジャンプ本誌で本編と並行連載された。
「Boichiが描く”もしかしたら”の百夜のストーリー」とされており、Boichi単独での独自解釈による作品である。
科学監修は本編とは異なりMsCoolAstro(ミスクールアストラ)。

時系列Z=42「幾千年物語」辺りからの過去の話・・・・ 全人類石化の5年前。
百夜は宇宙飛行士試験合格のお礼に千空を「広末大学」の研究室に招き、レイシリーズのロボットたちを見せる。その後にロシアに行って訓練を受けて来ることを告げ「科学の土産」を持って帰ってくる事を約束する。
月日は流れ、百夜は国際宇宙ステーションのクルーの1人に選ばれ、各国から集まってきたスペシャリストたちと顔合わせをして自己紹介を始める。
そのとき、全世界は石化光線に包まれたが、国際宇宙ステーションのクルー達は宇宙にいたことでその災厄から免れた。その中には、本編では語られなかった7人目のクルー「レイ」もいた…

※注意
このストーリーはifであり、本編とは繋がっていません。原作・稲垣のツイート
それゆえにストーリーがどうなるかは原作者でも知らない旨を語っています。ただ単にキャラクターのセリフ等の差異が出ないかチェックするのみでストーリーには全く関与していません。
本編と設定を混合しないようお願いします。

第1話試し読み

登場キャラクター

詳しくはDr.STONEの登場人物を参照。
※『登場人物』と書かれているが人外もリンク先の記事で取り扱う。ホワイマンもこちらに記載。

作中の用語

石化現象
21世紀に突如として人類を襲った未知の超常現象。
南米から全地球上にが広がった緑色の光により、人類全員が一瞬で石化したとされる。石化すると身動きできなくなり、すぐに意識が薄れ始めて一種の仮死状態となる。逆に言えば石化している限り寿命で死ぬことはない。石化から復活すると石化以前の記憶を保ったまま復活する。詳細は「ドクターストーン」の記事へ

ドクターストーン
名前の由来は、「医者代わりの命の石」という意味。詳細はリンク先へ。

硝酸
千空と大樹の石化を解いたと思われる化合物で劇薬。他の人物は硝酸だけでは復活させる事が出来なかったが、復活した二人で協力して後述の復活液を作り出す。他にも利用方法が多々あり、火薬などが作り出せる。最初は蝙蝠が住みかとして使っていてその糞が硝酸となり、その洞窟を奇跡の洞窟と呼んでいた。洞窟は後に司に抑えられ、さらに司を裏切った氷月とほむらの工作で洞窟への入り口を破壊されたため、千空達は新しい硝酸の確保先を探すことを余儀なくされる。

復活液
石化を解除できる「奇跡の水」。硝酸とアルコールを混ぜたナイタール液の事。実際のナイタール液とは配合が異なり、独自の割合の配合が必要でちょっとでも比率が狂うと復活液として機能しない。千空が復活した近辺にあった奇跡の洞窟から取れる硝酸と葡萄酒から抽出したアルコールを元に作られたもの。


発電する為の磁石を作り出したり、はたまたは職人カセキの工具、そして最強の切れ味を誇る日本刀などを作るために必要な物質。

ガラス
石神村のコハクの姉の病気を治す為に奮闘していた千空たちだったがとうとう今までの土器では手詰まりと考えてカセキを巻き込んでガラスの実験器具作りに乗り出す。作中ではイメージのみだったステンドグラスの千空がACGにより精巧に『実験する漫画展』で実写化され、他にも百夜が考案した重要アイテムのガラスのガラスのレコードも実写化した。尚ステンドグラスの千空は実際の千空とは服に書かれた文字が異なり、「AGCT」になっている。

硫酸
千空たちのサルファ剤作りの物質集めで最高危険度を誇る化合物で劇薬。命賭けで硫酸が溜まっている泉に取りに行きなんとか手に入れる。硫酸そのものも危険だがそこから発生する硫化水素も危険であり、司帝国の戦闘員の何人かは実際に硫酸の由来の硫化水素と思われる毒ガスで命を落とした。結構な頻度で千空の調合に使われる。泉にいた女神リューさんについては『Dr.STONEの登場人物』参照。

スチームゴリラ号
カセキが可愛いといって溺愛する蒸気機関を利用した科学王国初の自動車。最初は司帝国に囚われたクロムを救出するために作られたが、司帝国戦後もカセキだけで改良をしたりしてグレードアップしていき移動式の科学ラボとなる。一度諸事情により解体されてカセキは大変ショックを受けたがそのカセキによって復活。

石油
龍水が自分の船乗りの腕と引き換えに千空たちに要求し、発見した最初の油田は龍水の所有物となり、科学王国は龍水から石油売買の取引をすることになった。石炭にかわる新しい動力源。

ペルセウス
龍水が船長を務める大型機帆船。蒸気機関部分は石油を動力としている。船内設備も充実しており、移動式科学ラボも収められ、それまでに作ったソナー望遠鏡なども搭載している。科学船内に山羊も飼っている。龍水のアイディアではカジノ設備も搭載したかったようだが、千空に即却下された。名前の由来はリンク先へ。

プラチナ
奇跡の洞窟にかわる新しい硝酸の生成先となる稀少な金属。また金狼銀狼の実母の「白金」の名前の由来になってるがこちらは「しろがね」と読む。

メデューサ
ソユーズの産まれ故郷にして百夜たち宇宙飛行士が辿り着いた島の、権力者が所有している機械。
詳細は『ドクターストーン』記事へ。

書籍情報

漫画本編

集英社〈ジャンプコミックス〉より第1巻を2017年7月9日発行(7月4日発売)以降続刊。
巻数を重ねるごとに、表紙の石化部分が解除されていく仕様になっており、13巻で初めて裏表紙まで石化が解かれた。
※コミックス10巻の初版分には166から167ページに一部抜け落ちがあったため、後日当該ページの無料ダウンロードおよび電子版のデータ差し替え配信の措置がとられた

公式関連書籍

『Dr.STONE 星の夢、地の歌』(小説版 第1弾)
森本市夫(著)・稲垣理一郎(原作)・Boichi(作画)
2019年2月発行(2月4日発売)〈ジャンプ ジェイ ブックス〉

『Dr.STONE 声はミライへ向けて』(小説版 第2弾)
森本市夫(著)・稲垣理一郎(原作)・Boichi(作画)
2020年4月発行(4月3日発売)〈ジャンプ ジェイ ブックス〉

『Dr.STONEの最強自由研究』(児童向けムック)
稲垣理一郎(原作)・Boichi(作画)・くられ(科学監修)
2019年8月発行(8月2日発売)〈集英社ムック〉

Dr.STONE_reboot:百夜 わたしはここにいます 』(外伝)
稲垣理一郎(原作)・Boichi(作画)/Boichi(ストーリー・作画)
2020年3月発行(3月4日発売)〈ジャンプコミックス〉

他社関連書籍

『カッコイイ男キャラクター漫画教室!』
Boichi(著)〈ヤングキングコミックス〉
アニメ化に合わせて発売されたBoichiのDr.STONEも含んだ作品を元に描き方や作例を解説する漫画。表紙に千空も登場しているが、連載期間からしてほぼ青年誌からの作例が大半であるため少年誌向けとは言いがたい過激なシーンも収録されている。キャラの個別の描き方は載っていない。

TVアニメ

第1期

2018年11月にテレビアニメ化の発表がなされた。
2019年7月から同年12月にかけてTOKYOMXKBS京都サンテレビおよびBS11他にて放送。アニメーション製作はトムス・エンタテインメント。併せて、公式サイトと公式Twitterが公開され、全脚本の監修は原作者である稲垣理一郎である事が発表された。
なお、同年10月からはtvk、同年12月からはアニマックスでも放送されている。

第2期

第1期最終回放送終了直後、第2期「Dr.STONE STONEWARS」の制作が明らかにされている。
2020年7月3日に放送開始予定時期の発表がPVと16巻単行本帯でなされている。2021年1月からTV放映・ネット配信予定である。

主題歌

第1期

  • オープニングテーマ

Good Morning World!(第1シリーズ第1話 - 第13話)
作詞・作曲 - 熊谷和海 / 編曲 - いしわたり淳治、熊谷和海 / 歌 - BURNOUT SYNDROMES
三原色(第1シリーズ第14話 - )
作詞 - エンドウアンリ / 作曲・編曲・歌 - PELICAN FANCLUB

  • エンディングテーマ
LIFE(第1シリーズ第2話 - 第13話)
作詞 - Rude-α、Loren Kaori / 作曲 - shin sakiura、Rude-α / 編曲 - shin sakiura / 歌 - Rude-α
「夢のような」(第1シリーズ第14話 - )
作詞・作曲・編曲・歌 - 佐伯ユウスケ

公式動画

  • 第1期

アニメ第1話

科学部第1回

  • 第2期
ティザーPV第1弾

ティザーPV第2弾


関連タグ

週刊少年ジャンプ 
SF 発明 ポストアポカリプス この世に不思議な事など無い
2019年夏アニメ

ぼくたちは勉強ができない:同時期に連載が開始になった作品で、一足先にアニメ化しており、2019年10月からは後半クールも放送

棲み分けタグ・編集注意

dcst腐向け腐向け) dcst百合百合) dcst男女NL) dcst夢夢向け

※腐向け作品には強制ではありませんが「Dr.STONE」タグを付けず、「dcst腐向け」タグ+CP名のみでの棲み分けをお願いします。
百合作品、NL作品、夢作品にも同様にご配慮をお願いします。

※また記事の編集者も棲み分けタグを使っている、もしくは別な形で検索避けをしている作品を一般向けの記事に絶対に使用しないで下さい。

外部リンク

原作公式サイト
原作公式Twitter
アニメ公式サイト
アニメ公式Twitter
wikipedia
ニコニコ大百科

関連記事

親記事

稲垣理一郎 いながきりいちろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Dr.STONE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11713840

コメント