ピクシブ百科事典

CV:古川慎田村睦心(幼少期)

概要

千空の幼馴染。初登場時16歳。千空からはよく「デカブツ」呼ばわりされている。
また、「雑アタマ」と称されるほどの脳筋だが硬派そのもので実直かつ友達思いな好漢。
幼い頃から科学に没頭している千空の研究を手伝っており、千空と共に様々な物を爆発させていた。
争いを好まない性格故に「俺は人を殴らん!」という強固な信念を持ち、喧嘩は不得手ながらも超人的な身体能力を持つ。
作中の発言から、石化事件より以前に両親は既に他界している。
事件から数千年後に自力で復活、千空と再会してからは杠を含め石化した人類を救うため彼の研究を手伝い続けている。
杠に好意を寄せており、石化する前は五年越しの想いを彼女に告白しようと決意していた。
しかし、告白の間際に謎の石化光線が発生し、杠への告白はうやむやになってしまうが、彼女へ思いを伝えるという確固たる決意が大樹を石化から復活させる文字通りの原動力となり、千空同様超人的な精神力で西暦5738年までの長きに渡り石化しながらも自我を保ち続け、石化復活液を浴びる事なく復活した。 杠復活後、再度告白しようと考えたらしいが「逃げ場のない極限のストーンワールドで思いを伝えるのは男として卑怯な気がしてならん」という考えに至り、千空と共に文明を復活させるまで告白を延期している。

上記のように人並外れた体力と持久力を持ち、運動神経も抜群で千空や司のチートっぷりが目立つが彼もまた十分なチートキャラであり、千空の科学知識を現実に利用するために必要なマンパワーをひとりで補うほどの無限大のスタミナを持つ。
食料採集や貝集めに始まり農作業、水泳、石像を運びながら数分間の素潜り200~300往復など、原始回帰した極限のストーンワールドでそのチート体力を遺憾なく発揮している。
また、自他共に認める雑アタマながら記憶力自体はかなり良く、食料を採集した時に集めていたブドウからワインを作る事を思いついたり、ライオンの群れに襲われた際に予め見つけていた獅子王司を復活させる事を思いついたり、過去に千空が残していた小さなヒントから千空蘇生を思いつくなど、評価の割には意外と咄嗟の機転が利く。
あくまで思考が単純明快なだけであって地頭そのものは決して悪くないのかもしれない。
身体の頑丈さも人並外れており、喰らって倒れなかった者はいないという司の回し蹴りを受けても倒れずに司を驚愕させ、その直後に箱根への旅路までも難なくこなしている。

科学知識極振りで体力ミジンコの千空と、難しいことは苦手だがチート体力の大樹は互いの欠点を補い合えるベストマッチのコンビと言え、大樹の復活により生活基盤作成がやっとだった千空の研究が一気に進み、石化復活液を完成させるに至った。

その後は司に対抗するため科学王国を作るべくまだ見ぬ仲間を探して旅立った千空とは別行動を取る事となり、武力帝国を作らんとする司の動向を杠と共に監視する役目を担う。

関連タグ

Dr.STONE 幼馴染 

燃堂力:主人公の相棒的な存在。脳筋だが友達思いで喧嘩は弱いながら運動神経が抜群という点が共通。

関連記事

親記事

Dr.STONEの登場人物 どくたーすとーんのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大木大樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118366

コメント