ピクシブ百科事典

ボンドルド

ぼんどるど

ボンドルドとは、漫画「メイドインアビス」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「慈しみ合う心こそがヒトを家族たらしめるのです」

「なんと……なんと素晴らしい……」

概要

CV;森川智之

3巻から登場。
作中世界における生ける伝説「白笛」の一人で、二つ名は「黎明卿」「新しきボンドルド」。
深界五層「なきがらの海」にある「前線基地(イドフロント)」に居を構える。
いつも仮面をかぶりパワードスーツを着こんだロボットのような姿をしており、素顔はおろか素肌すら見せない人物。
同じく全員が仮面パワードスーツを身につけた探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」を従えて行動する。こちらも素顔・素肌を晒さないが、仮面のデザインは一人ひとりで大きく異なる為、誰が誰なのかは容易に判別可。
また、プルシュカという名前の娘がいる。


人物像

アビスの全てを解きあかすべく、「前線基地(イドフロント)」にて研究に励む科学者。
それまで不可侵だったルートの開拓、アビス深層での活動拠点の確保などなど前代未聞の偉業をいくつも成し遂げ、人類のアビス攻略を一気に推し進めた正真正銘の偉人。
彼自身、温厚で物腰がやわらかく愛を尊ぶ人物であり、一見した振る舞いは善人そのもの。





……上記の内容に嘘はないが、その本質は倫理観が著しく欠けたマッドサイエンティスト
研究に役立つと分かれば人体実験・環境破壊・その他どんな非人道的手段だろうがためらいなく行う上、その行動原理は「人類の発展への貢献」であるという、ある意味悪人よりタチの悪い人物。

実験で被験者に苛烈な苦痛を課すのは当たり前で、それどころか被験者が肉塊と化してもなお実験材料に使い続け、成果が得られれば「素晴らしい」、用済みになれば「終わってしまいました」と切り捨てる。
さらに前述の通り悪意で動いているわけではないので、被験者には心身が壊れるような実験を課した後で「(実験に協力してくれて)ありがとう」「君のおかげです」と感謝を忘れない(もちろん本人の了承は得ていない)。
端的に言うならば、他者を思いやる発想が完全に欠落した異常者である。

その狂いっぷりは多くの者に認知されており、同じ白笛のオーゼンは「筋金入りろくでなし」、白笛マニアのハボルグは「得体の知れない何かが仮面被ってヒトの真似事をしている」と評し、かつて彼の元にいたナナチからは「ゲス外道」と罵倒されている。
また、ある国からは罪状不明のまま指名手配されているなど、扱われ方は間違いなく危険人物のそれである。

また、ナナチは彼の実験によって親友を目の前で殺された上、彼の行う実験の手伝い(人体の解体作業など)を半ば強制的に手伝わされた為ボンドルドを恐れているのだが、当の彼はそんなナナチに「かわいいですね」「是非また私のところに来てください」と言い放っていたり、実験の過程で被験者が苦痛を味わって死ぬことを逃げられない状況になってから明言したりするなど、いわゆるサイコパスのような傾向も散見される。

一方、人の道を大きく踏み外していることを除けば博愛的で裏表のない人物。
実際、娘のプルシュカからは「パパ」と慕われていたり、実験に協力させるためとはいえ多数の孤児を引き取って世話をしていたり(ボンドルドが孤児たちひとりひとりの名前・性格・将来の夢を覚えているあたり、彼らにも愛情を注いで育てていた可能性が高い)、部下である「祈手」を多数率いているなど、前述の異常性とはあまりに乖離した面も併せ持っている。

もっともそうして甲斐甲斐しく育てた子供を実験で殺すのだから、精神が歪んでいることに変わりはないのだが。


劇中での活躍

存在自体は他の白笛共々1巻の時点で語られていたが、本格的にその動向が描かれたのは3巻でのナナチの回想から。

作中ではナナチを始めとした孤児達を五層の「前線基地」に連れ込み、人体実験用のサンプルとして使い潰していた。(なお、アビス五層からの帰還時にかかる上昇負荷は子供の体力では耐え切れずに死んでしまう程危険なものだが、それを指摘されると「あれらは人間としての運用はしておりませんので」と平然と返していた)
この人体実験でナナチミーティの二人が「成れ果て」にされ、ミーティの方は実質的に殺されてしまっている。
また、リコレグナナチの三人が「前線基地」にたどり着く前から、何らかの手段で三人を監視していたと思われる。

4巻で本格的に登場。娘のプルシュカと共に三人を出迎えて宿泊用の部屋を貸し出すが、三人が寝た隙にレグを誘拐、好奇心から部下の「祈手」に指示して彼の右腕を切り落としてしまう。
再会直後から胡散臭いとは思われていたが、この件でナナチに完全に愛想を尽かされ、三人は「前線基地」を離脱。ボンドルド打倒に乗り出す。

出て行った三人を数人の「祈手」達と共に探しに行くが、そこでリコのけしかけた凶暴な原生生物と遭遇。連れてきていた「祈手」を全員殺されてしまう。
ボンドルド自身も所持していた遺物で抵抗するが、事前に対策を考えていたリコレグナナチの連係プレーに反撃する間も与えられないまま追い込まれていく。
この際ボンドルドは狼狽えるどころか三人の連係攻撃に感動しており「素晴らしい」とひたすらに褒めちぎっていた。
その後レグによって無理やり六層と五層間を移動させられ、六層の上昇負荷「死あるいは人間性の喪失」が決定打となり、ついにボンドルドは息絶える。
死の間際までも「素晴らしい」と繰り返し三人を賞賛していたが…………。



余談


底のない非道ぶりを見せるボンドルドだが、彼がナナチら孤児たちを騙して連れてきたためにナナチは憧れていたアビスでの冒険、そしてかけがえのない仲間を手にしており、ナナチにとっては憎い仇敵であると同時に夢を叶えさせてくれた恩人でもある。また(形こそ大きく歪んではいるが)ボンドルドには大切に扱われてもいたため、ナナチからは複雑な思いを抱かれている。


関連イラスト


ナナチはかわいいですね
每日一吸卿



Modification
さぁ



関連タグ

ナナチ メイドインアビス プルシュカ オーゼン ミーティ

マッドサイエンティスト サイコパス





この先ネタバレ注意!












































しばらくして、息絶えたボンドルドの元にプルシュカと一人の「祈手」が現れる。
父の骸を前に泣き崩れるプルシュカ
一方、その「祈手」はボンドルドの遺体から仮面を取り外し、自身の被っていた仮面を脱ぎ捨ててボンドルドの仮面を被る。すると……。

どこにも行ったりなんかしません。あなたの愛があれば、私は不滅です

その「祈手」がボンドルドを名乗り、プルシュカを抱きしめたのである。
そして、激昂するレグに向けて言った。

探窟隊『祈手』は全て私ですよ


実のところ、ボンドルド本人の肉体は物語開始時点で既に死亡していた。
現在「ボンドルド」を名乗って活動しているのは、特級遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」の力によって彼の意識を別の人間にコピーしたボンドルドの複製品。彼が部下として従える「祈手(アンブラハンズ)」は全員がこの複製品であり、たとえ「ボンドルド」として活動している個体が何らかの形で死亡しても、彼の意識を共有する「祈手」の誰かが死んだボンドルドの仮面を被れば即座に復活できる。
事実上、ボンドルドは「祈手」達が演じる共有人格とも言える存在である。

彼と部下である「祈手」達がそれぞれ異なったデザインの仮面を付けていたのは、誰が現在の「ボンドルド」なのかを識別するシンボルとするため。この「祈手」達にもそれぞれ個々の人格・個性があり、愛嬌ある性格をした者から無口な者、果ては人間かどうか怪しい体つきのものまで存在する。
また、「祈手」はどこかから調達してきた人間に「精神隷属機」でボンドルドの人格を上書きして生み出されるようだが、上書きに失敗して廃人同然となった者もいる。作中では「『祈手』になれなかったヒトたち」と呼ばれ、単純労働に従事していた。

なお、人命にほとんど頓着を見せないボンドルドだが、これは他者の命だけでなく自分の命に対しても同様。彼が首から下げる白笛も、前述のボンドルド本人の身体を材料に製作されたものである。



身体を入れ替えて復活したあと、ボンドルドはレグ達を先ほどとは打って変わって圧倒。彼らを難なく退けた後、プルシュカをつれて「前線基地」へと引き返した。
その後、リコ、レグ、ナナチの潜入工作によって基地を半壊、および停電状態にされ、不死性のカギとなる特級遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」を発見されたところで再びレグと対峙。
「カートリッジ」と武装をフル搭載した万全の状態で挑み、途中ナナチと同じように成れ果ての力を獲得しながらリコ達三人を迎え撃つが、リコが隙を突いて放った「火葬砲」によって下半身を丸ごと消滅させられて敗北。
ボンドルド自身はまたも身体を替えて復活するものの、一連の戦いで戦闘技能に長けた「祈手」と武装を失い、もはやリコ達を捕らえることができなくなる。
そのあとはリコ達に手出しすることもなく、プルシュカが変化した白笛を持ち第6階層へと赴く三人にエールを送りつつ見送った。

pixivに投稿された作品 pixivで「ボンドルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 615422

コメント