ピクシブ百科事典

ミーティ

みーてぃ

ミーティとは、つくしあきひとによるファンタジー漫画「メイドインアビス」の登場キャラクター。
目次[非表示]

cv/喜多村英梨

概要

ナナチと共に暮らす「成れ果て」。獣の形を崩した肉塊のような姿をしている。
害意はなさそうだが、その意思を読み取るのは難しいように見える。
原作では3巻、アニメでは11話から登場。

人物像と劇中での活躍

※原作3巻以降、アニメ11話以降のネタバレ注意

人物像


元はナナチと同年代の少女だったが、六層の上昇負荷「人間性の喪失もしくは死」の「人間性の喪失」の方を浴びて人としての理性も姿も失ってしまった。
人間時の姿は回想などに登場する。瞳と髪色は朱金色に近い色合い。

原作裏表紙にてナナチの夢として獣人化した容姿の姿を、5巻表紙の帯ではミーティ(&成れ果て化後)のカラーイラストを拝むことができる。

劇中詳細


ナナチ同様、ボンドルドによってアビスに連れてこられた孤児の一人。
国外から連れてこられたらしく、他の子供達とは違って露出の多い恰好をしていた。

明るく活発な性格で、あまり社交的ではなかった当時のナナチに話しかけてその心を開いた存在。ナナチのことを「相棒」と呼んで親しく接し、やがて、ナナチからも「オイラの宝物」と形容されるまでに大切に思われるようになる。

だがそれもつかの間、ナナチと共に上昇負荷を克服する実験の被験体にされ、ナナチの分まで六層の呪いを浴びた結果、生きたまま肉体が崩れる痛みを味わった末に理性を失った「成れ果て」と化した。その際、ナナチを守るために呪いに耐えようとしたが、自分が人間で無くなった時は魂が還るよう殺して欲しいと頼んでいた。
しかし、実験の結果、不死能力を得てしまい、それに目を付けたボンドルドによって、何度も手足や臓器をすり潰されて再生具合を観察されるなど、実験道具として扱われることになる。
見るに堪えかねたナナチはミーティを連れてボンドルドの元から逃亡。その後はナナチと共に四層にこしらえた隠れ家で暮らしていた。

この時、理性は失えどその魂は肉体の内に残っており、リコがある事情で彼女と出会った時には何も見えず聞こえず身動きも取れない暗闇の世界でひたすら恐怖に泣き続けるという、救われない状態に陥っていたことが判明する。

ナナチはミーティの尊厳を取り戻すため、彼女を殺す方法を探し続けていたが、不死の再生能力を持つミーティを殺すことはどうやってもできず、苦悩することになる。
後に現れたレグにミーティを殺せる可能性を見出したナナチは、彼にその殺害を乞う。
そしてレグの火葬砲によって永遠の眠りにつくのだった。


しかしボンドルトに生前何かしら体に仕組まれていたのか、死んだことが観測されていて、ボンドルトがリコ達に接触を図ろうとするきっかけとなった。

関連イラスト

12/26メイドインアビス5巻発売&祝アニメ化(40枚)
落書き



関連項目

メイドインアビス ナナチ ボンドルド

pixivに投稿された作品 pixivで「ミーティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418837

コメント