ピクシブ百科事典

中島敦(文豪ストレイドッグス)

なかじまあつし

漫画『文豪ストレイドッグス』の主人公。
目次[非表示]

誰かに生きる価値があるか無いかを、お前が判断するな。

プロフィール

名前中島敦(なかじま・あつし)
年齢18歳
誕生日5月5日
身長170cm
体重55kg
血液型AB型
好きなもの茶漬け、猫、カメレオン、横浜
嫌いなもの自分、昔いた孤児院
異能月下獣
CV上村祐翔 / Lynn(幼少期)


概要

文豪ストレイドッグス』に登場するキャラクターの一人。武装探偵社に務める社員。
餓死寸前で鶴見川付近を彷徨っていたとき、入水自殺をしそこねて川を流れていた太宰治を成り行きで助ける。その後武装探偵社が追っている『人食い虎』をおびき寄せる餌として協力し、太宰の手引きによって探偵社に就職。現在は社員寮で泉鏡花と同棲しながら太宰や国木田独歩達の指示を仰ぎながら仕事をこなす。
 
ちなみに敦の衣服は江戸川乱歩の提案で探偵社の主要メンバーが割り勘でそれぞれ買ってきた物(DVD3巻の表紙を見るに、ベルト→太宰、シャツ→国木田、変な手袋→乱歩、谷崎兄妹サスペンダー賢治ネクタイ与謝野先生ズボン福沢社長)であり、経緯と結果が原因か鏡花からは「妙ちくりんな格好」と言われた。敦自身は衣服購入の話し合いの際に眠っていたため、説明されるまで正装だと思い込んでいた模様。
また、敦の謎の髪型は孤児院の下の子のいたずらによる。決して、本人の趣味ではない。

困っている人間を放っておけないお人好しで、基本ノーと言えない気弱な性格(谷崎と共にヘタレ表記された事もある)。探偵社では珍しいツッコミ役と常識人な立ち位置も相まって、個性的な社員達にもっぱら振り回されている。その性格から荒事は苦手だが、一度決意したら己の身を挺してでも全力を尽くして敵と対峙する強さを持つ。
孤児院時代に受けた暴言虐待、加えて院を追い出されるときに大人達から存在を否定されたせいで自分に自信が無く、身の上や自己肯定に関しては酷くネガティブ。そのため他者を独断で「要らないもの」と切り捨てる芥川龍之介とはそりが合わず、自分の生死に無頓着な鏡花や、任務に失敗して不安になるモンゴメリを気にかける優しさは欠点でもあり美点とされている。自己評価が低いため人に頼られることを喜ぶ。座右の銘は「生きているならいいじゃない」。
貧乏生活を強いられていたこともあって、報奨金や懸賞金といった金銭関係には周囲も驚くほどがめつい反応をすることも。

幼い頃から孤児院で暮らしていた孤児だが、院が『人食い虎』に襲われて経営が立ち行かなくなり、口減らしを理由に強制的に追い出された過去を持つ。その頃から自分が『人食い虎』に狙われていると思い逃げていたが、実は『人食い虎』は敦自身で、変身している間の記憶が無く孤児院側も事実を伝えなかったため、太宰に看破されるまで自分が異能を持つ『能力者』であることを知らなかった。その生い立ちから自分を唯一見捨てなかった太宰を始め、探偵社には強い恩義を感じている(一方で後書きで太宰のことを「今まで出会った中で一番阿呆な人物」と思っていることも暴露した)。
院を追い出された後も街中の倉庫や畑を(無自覚とはいえ)荒らしていたため、虎の姿は区の災害指定猛獣として手配されており、軍警にばれたらおそらく縛り首にされる立場に立っている(武装探偵社就職は秘密裏の『保護』に近い)。しかも闇市で何者かに『人虎』として懸賞金70億を懸けられたせいでポート・マフィアから身柄を狙われていた。

三社戦争が始まると太宰と行動を共にするが、太宰と別れた直後、ナオミ春野と合流した際にQの異能を受け、駆けつけた太宰に救われる。
その後、街でフィッツジェラルドと遭遇する。しかし突然姿を現した鏡花に連れられて逃走するが、港で追いつかれ捕まり、白鯨中で、「横浜焼却作戦」を聞き焦燥に駆られるも再会したモンゴメリと心を通わせ、彼女の助けで脱出、太宰にQの人形を届けることに成功した。そして再度白鯨に乗り込み、その墜落を阻止すべく芥川と共にフィッツジェラルドに戦いを挑み勝利する。

性格は中島敦の小説『山月記』の主人公、李徴に似ている所が多いキャラクターである。

異能

能力は『月下獣』。月の光を浴びたり極度に感情が高ぶると非常に大柄な白虎に変身する。
当初は完全に獣化すると我を忘れて敵味方見境無く襲ってしまっていたが、入社後は徐々に発現と能力をコントロールできるようになり、体の一部のみを獣化して敵の攻撃を受け止めたり、身体能力を強化して俊敏に攻撃を躱すといった攻撃・防御のパターンにバリエーションが出てきた。その能力あってか基礎的な身体能力も高い。
虎に変化した部位は銃弾も通さない頑丈さを持ち、怪我をしても異能の力で即座に治癒、芥川の『羅生門』で片足を食い千切られても傷痕も一切無く修復する驚異的な回復力を有する(与謝野晶子曰く「再生というより復元」)。
異能を使いすぎると解除したときに気絶し眠ってしまう。

台詞

  • 「僕は違うと思う。だって太宰さんは……探偵社は僕を見捨てなかった!」
  • 「人は誰かに生きていいよと言われなくちゃ生きていけないんだ」
  • 「頭は間違うことがあっても血は間違わない」
  • 「みんなのいるこの街が僕の居場所になった」
  • 「だって死んじゃったら……死んじゃうんだよ」


関連イラスト

虎と自殺マニア
月下。
月下獣
敦敦
敦



関連タグ

原作関連文豪ストレイドッグス 文スト 武装探偵社
登場人物太宰治(文豪ストレイドッグス) 国木田独歩(文豪ストレイドッグス) 江戸川乱歩(文豪ストレイドッグス) 宮沢賢治(文豪ストレイドッグス) 与謝野晶子(文豪ストレイドッグス) 谷崎潤一郎(文豪ストレイドッグス) 谷崎ナオミ 福沢諭吉(文豪ストレイドッグス) 芥川龍之介(文豪ストレイドッグス) 樋口一葉(文豪ストレイドッグス) 泉鏡花(文豪ストレイドッグス) 尾崎紅葉(文豪ストレイドッグス)
カップリング敦鏡
その他中島敦 山月記

pixivに投稿された作品 pixivで「中島敦(文豪ストレイドッグス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2236684

コメント