ピクシブ百科事典

組合(ギルド)

ぎるど

組合(ギルド)とは、文豪ストレイドッグスに登場する架空の組織である。
目次[非表示]

概要

北米を拠点にする異能者集団。
構成員は財政界や軍閥の重鎮揃いで、膨大な資金力と異能で策謀を企む秘密結社と噂されており、実際に数多くのホテルと会社を有している。その資産額は横浜の土地とそこに建つ会社全てを余裕で購入出来るほど。その「三文小説の悪玉」のような非現実的な存在故に、日本では都市伝説の一つだと思われていた。

劇中での暗躍

本編開始の二年前に任務中の芥川龍之介の前に現れてポート・マフィアに接触。
そして本編にてマフィアに五十七億の懸賞金で中島敦を捕えて引き渡すよう依頼する。
しかし、マフィアがこれに失敗したため、敦が在籍する武装探偵社フィッツジェラルド自ら乗り込んで社の所有する異能開業許可証を(おそらく敦を拉致せずに使役できることを狙って)大金やダイヤ付きの特注時計を餌に入手しようとするも社長の福沢諭吉に一喝され撥ね退けられる。
そして二の矢としてはなった刺客のモンゴメリも撃退され、同時にマフィア抹殺のため放った刺客である上級秘書官も、返り討ちに会い惨殺された。

かくして組合は、探偵社とマフィアとの三つ巴の抗争を展開することになる。

緒戦において組合は、マフィアの芥川と梶井によって拠点の豪華客船一艘の沈没とホーソーンミッチェルの戦線離脱という痛手を被り、探偵社の非戦闘員を人質にするため差し向けたスタインベックラヴクラフトも誘拐の罪で警察に逮捕されてしまう。
しかし、団長のフィッツジェラルドが直々に敦を襲撃し傷を負わせることに成功。鏡花の加勢により一時逃げられるも、参謀のオルコットの作戦の下、トウェインの狙撃により敦を無力化、メルヴィルの異能で召喚した鯨型空中飛行要塞『白鯨(モビー・ディック)』により、敦の誘拐と鏡花の無力化(日本警察を嗾けての逮捕)に成功。
それと並行して探偵社とマフィアの双方が其々放った切り札の一つ(前者は太宰主催による日本政府との共同戦線、後者は精神操作能力を持つ夢野久作の戦線投入)を封じ込めて逆用(政界にいる構成員を使って日本政府に圧力をかけて前述の二名を開放し、夢野を捕縛して異能を発動するよう嗾ける)、横浜焼却作戦を発動した。
しかし、ほぼ同時期にモンゴメリが敦の説得によって裏切り、敦もトウェインの追撃を逃れて逃走してしまう。
更に、逃走した敦の提言により、武装探偵社とポート・マフィアの共同戦線が成立し、旧作の監禁場所に襲撃してきた双黒によって守将のラヴクラフトが死亡、スタインベックも負傷するが、横浜全土を焦土に変えて敵すべてを殲滅する横浜焼却作戦第二段階に移るのだった……。

メンバー

フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド『組合』団長(マスタークラフト)。能力は『華麗なるフィッツジェラルド(The Great Fitzgerald)』。
ルーシー・モード・モンゴメリ『組合』徒弟(アプレンティス)。能力は『深淵の赤毛のアン(Anne of Abyssal Red)』。
ジョン・スタインベック『組合』職人(フェロークラフト)。能力は『怒りの葡萄』。
ハワード・フィリップス・ラヴクラフト『組合』職人(フェロークラフト)。能力は『旧支配者(グレート・オールド・ワン)』。
ナサニエル・ホーソーン『組合』職人(フェロークラフト)。能力は『緋文字』。
マーガレット・ミッチェル『組合』徒弟(アプレンティス)。能力は『風と共に去りぬ』。
ルイーザ・メイ・オルコット『組合』徒弟(アプレンティス)にして作戦参謀。能力は『若草物語』。
ハーマン・メルヴィル『組合』職人(フェロークラフト)。能力は『白鯨(モビー・ディック)』。
マーク・トウェイン『組合』職人(フェロークラフト)にして狙撃主。能力は『ハック・フィン&トム・ソーヤ』。
エドガー・アラン・ポオ『組合』設計者長(マスターアーキテクト)。能力は『モルグ街の黒猫』。


関連タグ

文豪ストレイドッグス 団体
組合 ギルド









目的(ネタバレ注意!)

フィッツジェラルドの目的は、ある予言異能者によってその存在が明らかになったある一冊の本であり、其の本は、いかなる異能や火災によっても破壊することが出来ないという。
そして其の在処というのが横浜で、敦はその正確な位置を示す座標だというが……。

pixivに投稿された作品 pixivで「組合(ギルド)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106171

コメント