ピクシブ百科事典

芥川龍之介(文豪ストレイドッグス)

あくたがわりゅうのすけ

芥川龍之介とは漫画『文豪ストレイドッグス』の登場人物である。
目次[非表示]

「死を惧(おそ)れよ 殺しを畏(おそ)れよ 死を望むもの 等しく死に 望まるるが故に」

「弱者は死ね 死んで他者に道を譲れ」

プロフィール

年齢20歳
身長172cm
体重50kg
血液型A型
誕生日3月1日
好きなもの骨董、茶、無花果
嫌いなもの盆栽、犬、風呂、蚕豆、蜜柑
異能力羅生門
CV小野賢章


概要

黒い外套が特徴のポート・マフィアの一員で、首領森鴎外直属の遊撃隊隊長。

一人称は「僕(やつがれ)」。
海外組織から依頼されて鴎外の命令で、自身や部下の樋口一葉黒蜥蜴らを使って人虎を捕らえようと探偵社を狙う。

彼の持つ殺戮に特化した異能力は、探偵社にも軍警にも手に負えないため、国木田にこの街で生き残るコツとして彼の写真を見せて「こいつには遭うな 遭ったら逃げろ」と教えている。

かつてはマフィアの幹部であった太宰の部下。
異能での多彩な戦い方は太宰の厳しい訓練によるもの。
冷たく厳しく自分に接していた太宰が探偵社で優しく接し、「私の新しい部下は君なんかよりよっぽど優秀だよ」と言わせた敦に敵意のようなものを抱いている様子。

基本的に冷酷な性格だが、自身が誘拐されたのを機にか、元部下に対して、優しさや憐みの念を覗かせるような一面もある。

また、鴎外は彼のことを独走し、破壊し、結果的に最大の貢献をし、それを本能的に察知する嗅覚を持っている(一部要約)と評している。

マフィア加入前は貧民街の浮浪児であり、親を知らぬ子供の一人として育った。
唯一の肉親であると境遇を同じくする七人の仲間と暮らしていたが、マフィアの下部組織構成員にその仲間達を殺害され、単身復讐に向かった先で幹部に昇格したばかりの太宰と出会い、妹共々ポートマフィアへと入る。
なお今でこそ激情的な一面があるが、貧民街に居た頃は感情が異常に乏しく、仲間や大人達からは「心がない」と評されていた。

また、貧民街時代に肺を病み、いつも咳をしており口元を抑える癖がある。

異能力

やつがれさん


能力名羅生門
解説着ている服を変化させる
上のイラストのように、黒獣(こくじゅう)(芥川曰く「悪食」であらゆるものを喰らう)を生み出し、それに付随する顎や手を発現させることができる。
それだけにとどまらず、蜘蛛の巣状のもの・針状のもの・帯状のものといった様々な形状のものを作り出し、それらを自由自在に操る。

その形状によって技名が付いている。

羅生門・顎(アギト)羅生門・叢(ムラクモ)羅生門・彼岸桜(ひがんざくら)
黒獣の顎部分が発現され、黒獣以上の破壊力を持つ黒獣の腕部分が発現される巨大な塊の中心から、まるで花が開くように針が幾本も飛び出し敵を貫く
切り絵 芥川
no title
羅生門・早蕨(さわらび)羅生門・獄門顎(ごくもんあぎと)羅生門・連門顎(れんもんあぎと)
地面から棘のようなものが剣山のように生え敵を貫く顎(アギト)よりもさらに大きい顎が発現し敵をそのまま喰らう顎を複数個発現させ攻撃範囲を増やす
文豪ストレイドッグス
羅生門・黒波濤(くろはとう)羅生門・天魔纏鎧(てんまてんがい)
外套から無数の帯を出現させる技芥川単体で羅生門を使う際の最強バージョン。全身に黒布を張り巡らせることによって、外套に鎧と筋肉の役割をさせる技
芥川龍之介
天魔
(登場順・15巻現在)

その恐ろしい能力から国木田にも「奴と戦うのは御免だ」と言わしめているが、太宰は本人の前で「ぽんこつな能力」と言っている(挑発している可能性もあるので本音かどうかは定かでない)。

黒獣の使用範囲及び体積は服によって異なり、マフィア加入前は本人の実力が低かったこともあり、近距離でしか展開できなかったが、現在は彼をスカウトしてくれた元幹部がくれたリーチの長い外套を使用している。

しかし本来は中・後衛で真価を発揮する能力のようで、速度と根性骨を併せ持つ前衛を補強してこそと太宰は語っている。

そんな太宰の目論みは、芥川+新双黒の時代を造ること。9巻までは互いに反目し合うだけの二人であったが、9巻でのギルドのフィッツジェラルド戦(詳しくは後述)以降、本人達は不本意ながらタッグを組むこともあり、新たな技を生み出している。

月下獣羅生門・虎叢(とらむらくも)月下獣羅生門・黒虎絶爪(こっこぜっそう)
初めて二人がタッグを組んだ大技。半人半虎になった敦と、羅生門・叢状態の芥川がまみえることによって、全財産をつぎ込んだフィッツジェラルドを撃破した。具体的には、芥川の叢の黒獣の爪を敦の虎の爪に付けることによって、戦闘力を何倍にも上げた技ということ。破壊力抜群だが、かなり体力を消耗するので、一撃で仕留めないと危険14巻・対ドストエフスキー戦で洞窟に潜入し、ゴンチャロフと戦った際に生み出された新技。地面そのものを味方につけるゴンチャロフに対し、芥川が敦のいる空間を切り取り、移送。さらにその切断空間を伸長することによって敦の異能自体を裂く爪の能力を無尽蔵に活かすという技
(登場順・15巻現在)

劇中での活躍

裏社会で70億の懸賞金が付いた敦を確保するため、樋口と共に計画を立て、敦を戦闘力の低い谷崎兄妹とともに路地裏に誘い込んだ後、兄妹に重傷を負わせ敦を攫おうとしたが突如白虎に変身した敦と戦闘になり、樋口に仕込んだ発信機で追ってきた太宰の介入を受け撤退する。

マフィア構成員だった鏡花に太宰を拉致させてマフィアの建築物内に拘束、鏡花の異能である夜叉白雪で敦を狙うも失敗。鏡花は探偵社に保護されてしまう。
しかしそれも想定内だったようで、鏡花に仕掛けておいた発信機により白昼堂々敦の確保と鏡花の奪取に成功、敦に懸賞金をかけた張本人のフィッツジェラルドに敦を届けるため鏡花と共に密輸船に乗るが鏡花の裏切りで密輸船は爆発。
その後国木田の下から引き返してきた敦と交戦、初めは優勢だったものの異能の制御が出来るようになってきた敦に土壇場で圧倒され敗北する。

その後捜索していた樋口に海に浮かんでいるところを救助されたことが14話で明かされた。
この敦との死闘で重傷を負っており、容態は

  • 下顎骨剥離骨折
  • 前頭骨・胸椎裂離
  • 頸部靱帯損傷
  • 上腕・大腿筋断裂
  • 全身Ⅰ度熱傷
  • 昏睡
というかなり酷いものであった。

その後芥川は、敦の拉致に使い口封じのために社員を殺害した運び屋の残党が雇った傭兵に拉致されるが、樋口の奮闘と黒蜥蜴の援護により救助され目を覚ました。

その後起きたマフィアと武装探偵社組合(ギルド)の三つ巴の争いに、完治していないにもかかわらず、無理を押して参戦。ギルドの異能者二人を撃破した。

そして、樋口から(彼女は広津から是を聞いた。)敦が単身組合の本拠の空中要塞に向かい、組合の作戦(本拠要塞を落として横浜を、探偵社やマフィア共々焼却する)を止めようとしているのを聞いて、組合の輸送ヘリを奪取して単身本拠要塞に侵入。
出くわした敦と一時戦闘状態になるも、立ち塞がる組合の団長であるフィッツジェラルドの強力な身体強化異能を打ち破るため、敦と共闘、満身創痍ながらも見事是を撃破する。
地上に帰還後、なかなか自分を認めてくれなかった(或いはそう思い込んでた)太宰から褒められ、安堵したのか其の儘気を失ってしまった。

関連イラスト

――認められなければ
芥川


「やつがれは芥川」
マフィアの狗



関連タグ

文豪ストレイドッグス

pixivに投稿された作品 pixivで「芥川龍之介(文豪ストレイドッグス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3770863

コメント