ピクシブ百科事典

太宰治(文豪ストレイドッグス)

だざいおさむ

ここでは文豪ストレイドッグスに登場する太宰治について説明する。
目次[非表示]

私は自殺は好きだが、苦しいのは嫌いなんだ。

プロフィール

年齢22歳
身長181cm
体重67kg
血液型AB型
誕生日6月19日
好きなもの自殺、酒、蟹、味の素
嫌いなもの犬、中原中也
CV宮野真守


概要

中島敦が孤児院を追い出されて最初に出会った人物。
入水自殺を試みて川を流れていた所を中島敦に拾われた。

常に羽織っている砂色のコートと腕や首などあちこちに包帯を巻いているのがトレードマーク。
同僚の国木田には「包帯無駄遣い装置」と呼ばれている。
自殺愛好家で幾度となく様々な自殺を試みているが、第三者の介入や死にざまが気に食わないなどの
理由ですべて失敗に終わっている。また、完全自殺読本という題名の本を持っている。
今は美女と一緒に心中するのが夢で、一緒に心中してくれる美女募集中。

異能

能力は『人間失格』。
異能・もしくは使用者に触れただけで能力を無効化することができる。直接身体に影響するタイプの能力も、太宰には効かない。
太宰が、「私の無効化に例外はない」と言っていることから、太宰に異能力の攻撃は何一つ効かない。

ちなみに座右の銘は「清く明るく元気な自殺」。

飄々としていてつかみ所がなく、何も考えていないように見えるが頭の回転が速く、結末まで見通して任務の計画を立てるなどしている。

時々冷酷な発言や表情を見せる。

劇中での扱い
彼の周囲からの扱いはものすごく酷い(彼の行動も大概だが)。

5話ではまったく姿が見えず、国木田に「どうせその辺の川を流れてる」と言われていたが6話で本当に川を流れていたようで警察の捜査用の網に引っかかっていた(本人曰く「これは単に川を流れてただけ」)。
余談だが、この時から美女との心中を志すようになる。
7話で行方不明になった際は「また川だろ(国木田)」「また土中では?(賢治)」「また拘置所でしょ(乱歩)」などと酷い言われようだった。

余談

番組ラジオにゲスト出演した、織田作諏訪部順一は当初は太宰役のオーディションを受けたと語った、本人自身もしっくりこなかったと語り、のちに織田作役に決まった時はうれしかったと話していた。

関連イラスト

人間失格
ニンゲン シ ッカク


恥の多い生涯を、送って来ました
待望の死


人間失格
太宰先生


てるてる坊主
見えない月光


無題


文スト&森永コラボの例の太宰さん


関連タグ

原作関連文豪ストレイドッグス 文スト 武装探偵社
登場人物中島敦(文豪ストレイドッグス) 国木田独歩(文豪ストレイドッグス) 江戸川乱歩(文豪ストレイドッグス) 宮沢賢治(文豪ストレイドッグス) 与謝野晶子(文豪ストレイドッグス) 谷崎潤一郎(文豪ストレイドッグス) 谷崎ナオミ 福沢諭吉(文豪ストレイドッグス) 芥川龍之介(文豪ストレイドッグス) 中原中也(文豪ストレイドッグス)  泉鏡花(文豪ストレイドッグス)
カップリング太芥 太中 太敦 敦太 中太 芥太 織太
その他双黒 太宰治 人間失格


以下、過去ネタバレ注意





































現在懸賞金がかかっている太宰の前職。
探偵社のだれも当てられないため懸賞金が上がり続けている。
国木田は「どうせ無宿人の類だろう」と言うが、その実なんと元・ポート・マフィア

マフィア時代の相棒だった中原中也に言わせると、「異能は厄介だが格闘術はマフィアでも中堅以下」。
マフィア時代の「嫌がらせ」は芸術的で、敵味方問わず弄ばれたらしい。
そのあとの展開からすると、「嫌がらせ」のレベルは健在である模様。
鋭い観察眼で人の嘘や隠し事を見抜く。どちらかというと頭脳派。

芥川の元上司兼教育係で、ポート・マフィア歴代最年少幹部。
その実力は首領である森鴎外も認めており、マフィア時代は「あと数年もすれば私を殺して首領の座に収まっているだろう」と語っていた。
その後漫画第6巻で「マフィアの幹部に戻る気はないか」などと誘いをかけていたりもする。

マフィアを抜けることになった出来事の詳細は太宰治と黒の時代』の記事を参照

pixivに投稿された作品 pixivで「太宰治(文豪ストレイドッグス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4337860

コメント