ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「動揺は達人をも殺す。師匠の教えだ」

「勝てるか如何(どう)かでは無い。戦うという意思があるか如何かだ」

プロフィール

年齢22歳
誕生日8月30日
身長189cm
体重78kg
血液型A型
好きなもの手帳、魚釣り、鰹のたたき
嫌いなもの予定外、権威
異能力独歩吟客
CV細谷佳正
モデル国木田独歩


概要

武装探偵社に務める社員で、太宰治の同僚であり相棒。
社長の福沢諭吉が表に出ていないときは他社員に仕事の指示を出したりまとめ役をこなすなど、副リーダー的な立ち位置に就くことが多い。
「理想」と書かれた表紙の手帳を常に持ち歩いており、中には「理想であり我が人生の道標」となる内容を書き付けている(太宰曰く「予定表」)。

理知的で堅物な性格をしており、理想主義者であり現実主義者。予定が乱れることを嫌い、秒単位の行動をスケジュールに書き込んで行動している。
仕事や個人の事情に私情を伴うことを良しとせず、何事も冷徹な態度で物事に当たって容赦がない。一般人相手でも実力行使を辞さないため、ただ情報収集するにしても尋問や脅迫的になりやすいと周りから注意されることもしばしば。誰にでもお人好しな中島敦を度々厳しく窘めて、自分の立場を自戒させることも多い。これらの言動から薄情な印象を与えるが、言葉の裏には相手の立場を慮っての忠告が込められていたり、餓死寸前だった敦に何だかんだで食事を奢るのを始め、自分の遠因で父親を亡くしてしまった田口六蔵の親代わりを務めていたなど根は情に厚い。いつか世界中の人間が犯罪に巻き込まれず平和に過ごせることを夢見ていたことがあり、その高い『理想』に周囲からロマンチストと思われている。

普段は常識的でツッコミ要員でもあるが、太宰の嘘に簡単に騙されたり、太宰と江戸川乱歩のコントを真に受ける、動揺すると手帳を逆さまにして気付かなかったり頭に眼鏡をかけているのに気付かず敦に場所を尋ねるといった天然ボケで抜けている側面もある。その太宰に関しては突然の自殺決行や茶化した言動でいつも自分の理想を壊してくるため、いつも罵って怒鳴りつけては迷惑がっているものの、探偵としての能力や冷静な観察眼と頭の回転の速さは評価している。

小説『太宰治の入社試験』では佐々城信子に仄かな好意を寄せ、佐々城からもとある理由で国木田に惹かれていた。

武装探偵社に勤める前は学校教諭で、数学の先生。探偵社に入社した経緯は不明だが前職を話題にされるのを厭っており、本人は「思い出したくもない」と断言している(一方小説版では本編二年前に副業で講師をしていた記述がある。現在も続けているかは不明)。第十九話表紙から、武装探偵社創設の初期メンバーと推測される。

インテリな外見だが実は社内で一、二位を争う高身長を持ち、頭脳派でもあり武闘派。小敦を片腕で軽々と持ち上げて技をきめたり、『相手の力が強いほど、俺の投げ技は威力を増す』と自信があり、『太宰治の入社試験』では、自分よりはるかに体格の勝っている大男(太宰曰くスーパーヘビー級)やマフィア『黒蜥蜴』のリーダー広津柳浪を一瞬で投げ飛ばすなど身体・戦闘能力も高く、小説では芥川龍之介とも機転を利かせて互角に張り合えた。ただし武術の師匠である福沢には未だに一勝したことが無い。

異能力

国木田独歩


能力名独歩吟客
解説手帳のページを消費する代わりに書いた言葉の物を具現化できる。
元ネタ国木田独歩の数あるペンネームの一つ

鉄線銃から懐中電灯と形にできる物は幅広く、利便性・汎用性に優れているが手帳サイズより大きい物は不可能。一度目にして記憶した物はたとえ現物が破壊されても元の状態で生み出せる。
手帳に文字を書く時間を取られるせいで攻撃が遅れること、手帳を奪われると異能が使えないリスクを常に孕んでいるため、名前を書いておいた手帳の紙を予備として服に仕込んでいる。

関連イラスト

独歩吟客
らくがき


[文スト]国木田さん[落書き]
国木田さん。



関連タグ

原作関連文豪ストレイドッグス 文スト 武装探偵社
登場人物中島敦(文豪ストレイドッグス) 太宰治(文豪ストレイドッグス) 江戸川乱歩(文豪ストレイドッグス) 宮沢賢治(文豪ストレイドッグス) 与謝野晶子(文豪ストレイドッグス) 谷崎潤一郎(文豪ストレイドッグス) 谷崎ナオミ 福沢諭吉(文豪ストレイドッグス) 芥川龍之介(文豪ストレイドッグス) 泉鏡花(文豪ストレイドッグス)  広津柳浪(文豪ストレイドッグス) 佐々城信子(文豪ストレイドッグス)
カップリング国佐
その他国木田独歩

関連記事

親記事

武装探偵社 ぶそうたんていしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「国木田独歩(文豪ストレイドッグス)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1790705

コメント