ピクシブ百科事典

太宰治と黒の時代

だざいおさむとくろのじだい

『太宰治と黒の時代』とは、『文豪ストレイドッグス』のノベライズ作。
目次[非表示]

概要

角川ビーンズ文庫にて2014年08月01日に発売された、文豪ストレイドッグスのノベライズ作。
太宰治武装探偵社に入社する以前のマフィアを抜ける事になったきっかけの出来事が書かれている。
アニメでは、2期スタートの第13話〜16話が本作のストーリーになっている。

あらすじ

太宰治に直接関わりのないところは省略しています

本作では、18歳の太宰がポート・マフィアを抜けた理由が描かれている。
太宰のマフィア時代の友人、「人を殺さない」ことが信条の最下級構成員織田作之助(織田作)と情報部の坂口安吾。暇があれば、3人で酒を飲む間柄だった。しかしある日、情報員である坂口安吾が行方不明となる。
首領である森鴎外に安吾の捜索を命ぜられた織田作は安吾の行方を追うが、次第に安吾が「ミミック」という組織から送られたスパイなのではという疑いが浮上する。しかし真実は違った。安吾は国の機関、内務省異能特務課からポート・マフィアに送られてきた2重スパイだったのである。
その後も異能特務課の介入や「ミミック」の美術館襲撃、特務課とマフィアの会談など様々な事件が起きる。

そしてミミックの首領アンドレ・ジイドと織田作の一騎打ち。
互いに未来を予知する能力を保持するため中々勝負がつかず、結局相討ちに。
そこに首領の静止を振り切って太宰が現れる。
太宰はこの前に、マフィアに入った理由を
「マフィアに居れば何か生きる意味が見つかるのではと思った」と語っていた。
織田作は死ぬ直前に
「お前の求める意味なんてここ(マフィア)にはない」「どうせなら救う側になれ」と太宰の行く道を示す。
太宰は織田作が誰よりも自分の世界を理解してくれていたことを知り、織田作の死後マフィアの任務中に逃亡。

異能特務課の種田長官のもとを訪れ、人を救う仕事を紹介してくれるよう頼む。
その後2年間は今までの汚れた経歴を洗うため地下に潜る。
2年後、20歳になった太宰は武装探偵社に加入した。

登場人物

CV表記は記事無しキャラクターに表記しています。記事作成を確認したら削除をお願いします。

外部リンク

KADOKAWA 公式サイト内本作紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「太宰治と黒の時代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24558

コメント