ピクシブ百科事典

内務省異能特務課

ないむしょういのうとくむか

内務省異能特務課とは、文豪ストレイドッグスに登場する組織である。
目次[非表示]

概要

異能という公にしずらい現象を特権的に扱い、自分たちもまた特権的に異能を駆使することを許された表向きは存在しないことになっている秘密組織。
国木田曰く「世間に存在すら知られていない特務機関」
フィッツジェラルド曰く「表向きはないことになっている秘密組織」
紅葉曰く「国内最高峰の秘密異能組織」。
その仕事は国内の異能者を統括する事と異能組織犯罪を取り締まるという主に二つ。しかしながら、後者については「監視ばかりで自ら裁くことのない特務課のことを《ウォッチャー》と呼んで揶揄する人たちが多い」と書かれていることからあまり機能していない様子である。

メンバー

作中の表現から所属する人間はほぼ全員が異能者で構成されており、極めて強力な異能者を有する。
作中では「相手の記憶を引き出す専門家」や「対異能者制圧では国内最強と云われる黒い特殊部隊、通称『闇瓦』」の存在は判明しているが、名前と異能が分かっている人物は僅か2人である。
また、武装探偵社社員の泉鏡花の両親は、2人とも特務課に勤めていた優秀なエージェントだったが、現在は死亡している。また、鏡花の異能『夜叉白雪』は元々は母親の異能である。

種田山頭火
CV:立木文彦
内務省異能特務課長官。異能は不明。福沢が武装探偵社を立ち上げる際にも尽力した人物で、福沢には『種田先生』と呼ばれる。
また、ポート・マフィアを抜け「人助けが出来る仕事がしたい」と言った太宰を武装探偵社へと入社させた人物。

坂口安吾

特務課エージェント。


詳細は、坂口安吾(文豪ストレイドッグス)の記事へ

辻村深月

辻村ちゃん


詳細は、辻村深月(文豪ストレイドッグス)の記事へ

仕事内容

敵異能組織への潜入や壊滅、危険だとされる異能者の監視など異能関係の仕事はほぼすべてである。そのせいで司法省などとは折り合いが悪いらしい。
また異能の研究などにも力を入れており、異能力の特異点などはその1つである。
その他、要注意監視リストと云うものも作っており、4年前時点では太宰もその常連だったようだ。

関連タグ

文豪ストレイドッグス 文豪ストレイドッグスの登場人物一覧
武装探偵社
ポート・マフィア

コメント