ピクシブ百科事典

相澤消太

あいざわしょうた

漫画『僕のヒーローアカデミア』の登場人物。
目次[非表示]

『生徒の如何は先生の"自由”。ようこそこれが、雄英高校ヒーロー科だ』
『時間は有限 君たちは合理性に欠くね』

プロフィール

不意を突く視線にご注意! 目で見た相手の"個性"を抹消!!
鋭い観察眼で本質を見抜く 生徒想いの1-A担任
―――僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysisより

ヒーロー名抹消ヒーロー《イレイザー・ヘッド
名前相澤消太(あいざわ しょうた)
個性抹消
担任クラス雄英高校ヒーロー科1年A組
誕生日11月8日(30歳)
身長183cm
血液型B型
出身地東京都
好きなもの
性格なんだかんだ甘い
CV諏訪部順一

概要

雄英高校教師の一人で、緑谷爆豪らが所属する1年A組の担任を務めるヒーロー。
合理的な思考で時間を無駄に使わないことを求める。

人物

抹消ヒーローイレイザー・ヘッドの名で活躍するプロのヒーロー。無気力な雰囲気な為認知度は低く、ヒーローオタクである緑谷が思い出すのに時間が掛かった程。
「仕事に差し支える」という理由で本人がメディアへの露出を嫌っているためであり、世間ではともかくヒーロー業界では割と有名のようである。


雄英教師陣の大半はヒーローネームで呼ばれるのだが、上記の通り知名度は高くないうえ初対面でも本名しか名乗らなかったため、生徒・教師からはもっぱら「相澤先生」と呼ばれている。一応、学外では生徒にヒーローネームで呼ばせるようにしている。

合理主義者で、時間の無駄を何よりも嫌う。
合理性を求め過ぎてしまったせいか、食事はゼリー飲料で済まし、格好は長い黒髪に無精髭というくたびれた姿。普段から寝袋を持ち歩いて時間の隙を見つければ入り込むなど、怠惰な印象。

教師としてもその合理主義から、見込みがない者は「半端に夢を追わせる事ほど残酷なものはない」と早々に切り捨てる方針で、除籍指導回数は通算154回、昨年度は1クラス全員を除籍処分にした。
非情で厳しいように見えるが、命懸けのヒーロー業を生き抜くことを見据えての判断で、彼なりの優しさでもある。(詳細は下記へ)
冷酷なようでいて、生徒のことは関係性や心理状態に至るまで良く見ている。

この合理主義からオールマイトとはウマが合わないようで、教師としてもっとしっかりしてほしいらしい。
敵退治の事情は汲むが遅刻が多いのは合理性に欠ける。

ヒーロー科編入を目指す心操に目をかけ、自身の使用する捕縛布の使い方を教えて鍛えるなど、面倒見が良い。特に心操に対しては実質弟子入り関係で、これについてプレゼント・マイクから「自分の過去を重ねているのでは」と指摘されている。
リカバリーガールからは「なんだかんだ甘い男だこと」と言われている。また生徒の成長を見たあとかすかに笑みを浮かべるなど、冷徹ではあるが情のある。

コスチューム

ヒーローコスチュームは全身真っ黒な服に、捕縛布をマフラーのように首に巻くという非常にシンプルで合理的な恰好。
さらに目線を悟られないためのゴーグルが捕縛布の下に隠れており、戦闘時にはこれを着用する。
ドライアイ対策の目薬も常に常備している。
炭素繊維に特殊合金を編み込んだ帯状の「捕縛布」で近接格闘にも対応する。捕縛布が使えなくなることを想定し、ナイフを腰のベルトに装備している。ちなみにポーチのなかには撒菱が入っている。

活躍

入学初日から"個性"把握テストを行い、生徒たちに最下位は除籍処分と告げプレッシャーを与える。が、これは生徒の覚悟・やる気をあげるための嘘であった(曰く「合理的虚偽」)。

USJ襲撃の際は、災害救助訓練授業中の13号に生徒を任せ、敵連合と交戦し複数相手にもうまく立ち回っていたが、死柄木に個性の弱点を見抜かれ重症を負うことになった。このため事態が収集したのちに入院するが、すぐに包帯ぐるぐる巻きの姿で復帰している。

雄英体育祭では、最終種目での爆豪VS麗日戦で、ヤジを飛ばすヒーローたちにキツイ言葉を言い放つ。
「今 遊んでるつつったのプロか?何年目だ?」
爆豪が麗日を真剣に警戒しているからこそ手を抜けない姿、麗日も自分の能力を生かすため捨て身で爆豪に立ち向かう姿に、プロのヒーローに対して、麗日の事を爆豪がいたぶっているように見えるのなら今すぐヒーローを辞めて求人を見るべきだと説いた。

期末試験では八百万ペアを担当し、雄英体育祭頃から心境が揺らぐ2人に対し助言やきっかけを与えたり、2人の作戦にあえて乗るなどして教師として尽力した。
ミッションクリア時に八百万から手を抜いたのではないかと伝えられたが、2人の作戦が良かったのだと返答した。
緑谷・爆豪についてもそれぞれの問題点やその関係の拗れ具合の酷さなどを指摘するが同時に評価していた。

林間合宿襲撃の際は、宿泊施設で襲撃を知り、補習組生徒の安全確保をブラドキングに任せ、屋外で敵を拘束し情報を聞き出そうとするが逃げられる。生徒たちに施設に戻るように指示を出しながら森に入ったところで、緑谷から敵連合の目的を伝えられ、洸太君を保護するよう頼まれる。その後マンダレイにイレイザー・ヘッドの名に掛けて、生徒たちに自身の身を守るための個性使用許可を出すよう伝え、自身は洸太君の安全を確保するため施設に戻り敵と交戦した。

爆豪救出作戦では、敵連合を欺くブラフのため根津校長、ブラドキングと雄英高校で謝罪会見を開いた。学校への責任追及で挑発的なメディアに対しても冷静に対応し、生徒を守るため合理的に自分を演じた。

仮免試験の際では、傑物学園高校の教師Ms.ジョークが勝手に隣に座り勝手に質問されるかたちで、教育について話し合っていた。A組面々を見守る相澤はMs.ジョークのイメージとは違っていたようで、特に相澤がクラス全体の総評を語り「ジョーク、俺は心配じゃない。期待してるんだ」と言うと、ジョークは「ベタ惚れかよ気持ち悪ー」と返していた。その際、緑谷、爆豪の存在がクラスの底上げをしてくれているとこぼしている。

死穢八斎會潜入捜査においてはプロヒーローとしての招集され、インターン組も作戦に参加することに否定的だったが、ここで止めても緑谷は勝手な行動をしてしまうだろうと予想し、自分が見ておくとしたうえで参加を了承する。
捜査当日は、前線でサー・ナイトアイらと行動し戦うが、終盤クロノスタシスに無力化される。

A組・B組合同戦闘訓練では、ブラドキングのB組主体の発言にクレームを言うA組生徒を、相澤の一言で一掃した。

個性

個性は『抹消』。
凝視している間、視た者の"個性"を抹消する。瞬きで解除される。
抹消発動中は目が赤くなる他、髪の毛が逆立つ。
ドライアイを患っているため長時間は使えず、目薬を常用する。

「発動型」と「変形型」の"個性"の持ち主には能力が通じるが、能力が身体的特徴に表れている「異形型」の"個性"には効かない。

個性の性質上、対少数・不意打ちからの短期決戦が得意分野。しかし対多数でもゴーグルを着用することで目線を分からなくし、相手の連携を遅らせるという戦法にて敵を屠る。曰く「一芸だけじゃヒーローは務まらん」とのこと。
多数対少数なら向かって来た敵の個性を抹消して抵抗力を削ぐ役割で動く。

USJ襲撃時に脳無から受けたダメージにより、使用可能時間は短く、インターバルが長くなってしまっている。右目の下にうっすらとその時の傷が残っている。

必殺技

  • 操縛布

炭素繊維に特殊合金を編み込んだ帯状の捕縛武器で、近接格闘・瞬時に拘束する。

ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミアILLEGALS-

ナックルダスターが薬物使用者を探すために手当たり次第に襲っていた所に通りがかり、彼を捕らえようとしたが、無個性ゆえに見逃さざるをえなかった。
その後、改造敵第一号の鰻沢照生を捕らえた事から塚内と協力して「個性因子誘発物質(イディオ・トリガー)事件」の捜査に当たる。

自警団(ヴィジランテ)には当初は否定的だったが、ある改造敵との闘いで窮地に立たされたところを灰廻の協力で脱した事から多少軟化し、それまで断っていた雄英の教師を引き受けようとする心変わりに繋がっている。

実は彼を雄英の教師という職へと誘ったのは先輩のミッドナイト。教育に対して意見があるならと彼女が雄英に勝手に推薦した。

また、第59話からは彼の高校時代が描かれた。
当時は自身の"個性"を、どのようにヒーロー活動に活かすか迷う根暗な生徒だった。
白雲山田と雄英高校の同級生で、1学年先輩に香山がいる。

インターン受け入れが未定組だったが、白雲と共にミッドナイトの推薦によりインターン先が決まり活動する。
当時はまだ「捕縛布」の扱いも手探りの頃であったが、インターンを通じて白雲との連携によって成果を挙げていった。その時に相澤が目つぶしの弱点が発覚し、それを防ごうとお揃いのゴーグルを友情の証として、白雲とともにつけるようになる。

だが、インターン中に大型ヴィランの襲撃を受けて、瓦礫に閉じ込められた白雲からの応援を受けながらたった一人で奮闘・撃退する。
しかし、本当は白雲はとっくにこと切れており、応援の声は幻聴に過ぎなかった。これ以降、彼は自分1人で戦う事と現在のような合理主義を徹底していくようになる。

僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!

合理的思考は変わらず時間節約の為ならば帰宅せずどこへでも眠ってしまう。一方で教師として真面目なので、浮かれるオールマイトに正論を吐き凹ませることも。
寝袋に関してだと登山が趣味の爆豪とは意気投合している。

また、体育祭では彼を模したロボット「ロボ・アイザワ」が登場。容赦無い言葉で生徒の心を折っていったが、百万製猫の置物によって無力化された。 なお、本人に許可は取っていなかったらしく、猫の件も合わせてご立腹であった。


除籍指導数について

彼の除籍指導数はあくまで154「回」である。
ヒーロー科の受け入れ人数が2クラス合わせて40名しかない事や本編の4年前にあたる『ヴィジランテ』にて教鞭を執る前の彼が描かれたことで、彼の教師としてのキャリアは長くても3年ということが判明し除籍指導回数の謎が深まっていたが、No.254でついにその謎が解明された。
彼は教職に就くに当たり、「除籍と復籍の権限」を与えられており、除籍した生徒も見込みあらば復籍させていたのである。「一度どん底に叩き落としてから掬い上げることで、本気で学業に取り組ませるため」という名目であった。
ちなみに、一度除籍処分を受けた現2年生達は「経歴に傷を付けられた」とこぼしつつも彼の指導に感謝しているようだ。



関連イラスト

イレイザーヘッド
相澤先生


相澤先生
合理的でない



関連タグ

僕のヒーローアカデミア 雄英高校 雄英高校教職員 1年A組
緑谷出久 爆豪勝己 轟焦凍 八百万百
オールマイト プレゼント・マイク 白雲朧

包帯 邪眼 ドライアイ

コンビ・トリオ・グループタグ

同期組




















以下ネタバレ注意




















実は、黒霧白雲朧の遺体をベースに改造して生み出された、特殊な脳無だということが判明する。ドクターによって火葬前に遺体をすり替えたと思われる。

プレゼント・マイクと面会で白雲の記憶を呼び起こすべくタルタロスを訪れ、相澤の必死の叫びによって、微かであるが白雲としての自我を取り戻し、「病院」という情報を絞り出すことに成功している。

関連タグ2
黒霧 脳無 氏子達磨

関連記事

親記事

雄英高校教職員 ゆうえいこうこうきょうしょくいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相澤消太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42587456

コメント