ピクシブ百科事典

治崎廻

ちさきかい

漫画『僕のヒーローアカデミア』の登場人物。
目次[非表示]

「最近の若者は一段と病んでるな」
「英雄症候群の病人共」


概要

CV:津田健次郎

指定敵予備団体・死穢八斎會の若頭。通称オーバーホール
零細化の進む死穢八斎會の復興と共に、自らの手で裏社会を支配するという壮大な野望の持ち主。
その目的の下、資金集めや人材確保に奔走する最中、とある事故を切っ掛けにヴィラン連合と接触し、ベテランヒーローサー・ナイトアイにマークされる。
そしてその計画の要の少女・壊理の脱走が起こり、ナイトアイ事務所にインターン中の緑谷出久通形ミリオと遭遇。そこから治崎の計画は一気に急展開を迎えていく。


人物像

酷薄さを感じさせる細い眼つきに、若干赤みがかった黒髪のショートヘアーの青年。赤いペストマスクと黒いファー付きの緑色パーカー、黒シャツに白ネクタイと白手袋を身に着ける。
心身共に重度の潔癖症であり、他人に身体を触れられると顔に蕁麻疹がにじみ出る。

指定敵予備団体・死穢八斎會の若頭であり、病床の現組長に代わって組の一切を取り仕切る男。
年齢こそ若いものの、死穢八斎會に長年蓄積された悪事のノウハウを有し、高い計画性と慎重さに加えて、ある種の洗脳・人心掌握術に長ける。
個性の存在を現代特有の「病気」であると考えており、個性によって成り立つ現在の社会には強い憎悪を抱いている。

自身の親代わりの現組長への恩に報いるため、彼に代わって死穢八斎會の復興を目指している。「オーバーホール」という名は、組の実権を握った後に名乗り始めた。
しかし仁義を重んじた昔気質の組長に対し、治崎は部下の命さえもゴミのように使い捨てる強引な手腕で組織の拡大路線を推し進めているため、組長を慕う大多数の組員は彼の存在を恐れ、疎ましく感じている。

組織の運営手腕だけでなく、個としても高い戦闘能力を有しており、更に自身の個性の関係から、医学関連の知識も豊富。決して整っているとは言い難い自前の設備で壊理の個性の研究を行い、個性を利用した弾丸まで作り上げている。

まさに万能と言っても過言ではない多彩な能力の持ち主が、その危険性を察知されることがないよう、表向きは穏やかな一組員を装い、自分の存在を闇に潜めている。下記の計画と合わせて考えれば、ゆくゆくは非常に危険な存在になっていたことだろう。

個性

オーバーホール:手で触れたものを分解して修復する個性。

  • 分解
触れた物体を接触箇所から分解する。死柄木の「崩壊」とは異なり任意での発動が可能。
個性の影響範囲末端までタイムラグがあるが、人体程度のサイズの物体なら一瞬で分解する。修復しなければ当然即死である。
  • 修復
手で触れた物体を修復する。壊れたものを元通りにするだけでなく、一度分解したものを全く別の形に修復することも可能。
地面や外壁の形を変形させれば強力な攻撃手段にもなる。
人体に用いれば外傷や持病の治癒、死亡直後の蘇生や、無機物と有機物を融合させることもできる。

なお、治崎はこの個性を用いることで、壊理の個性の研究と洗脳を行なっていた。
彼は薬品を精製する過程で、「壊理の肉体を分解して個性を強制停止させる」「壊理の目の前で組員を殺す」といった常軌を逸した虐待を日常的に繰り返していたという。

経歴

その出自には謎が多いが、幼少期を孤児院のような場所で過ごしたことが示唆されている。その当時、「“個性”とは人類が罹った病気の一種である」とする古い学説を目にしており、これが彼のルーツの一端となっていることが伺える。
おそらくその後に死穢八斎會の現組長に拾われ、以降は組の養子として育てられることになる。
死穢八斎會の組長は、「死穢八斎會はヴィランではなく、侠客であらねばならない」とする昔気質の男で、死穢八斎會には彼の人柄を慕う多くの組員が集まっていた。
幼い日の治崎は親代わりの組長を慕う純粋な少年で、組をヴィラン扱いする子供相手に喧嘩をすることもあったらしい。組長も「カタギに手を出してはいけない」と叱りつつも、子供なりに組の面子を守ろうとした治崎には思いやりを持って接していた。

時は流れヒーロー飽和時代、そしてオールマイトの台頭により、旧来のヤクザは組織解体が進んでいく。
そんな時代のヤクザの生き残りについて、青年期の治崎は悩んでいた。このままでは組が潰れてしまう危機感を強く感じていたが、組長は自分のやり方を曲げず、表立って事業を拡げることができない。この頃から治崎は「組長(オヤジ)は大局を見ていない。」と感じるようになり、組長との間に徐々に溝を深めていく。

そんな中、ある日組長は彼の実娘の娘、つまり孫である壊理を連れてきて、彼女の世話と個性の扱いを治崎に任せると言ってきた。曰く、壊理は危険な個性を持った少女で、個性を発現した際に、自分の父親を消失させてしまったのだと言う。
壊理の個性を解析・研究していく中で、その個性の真価に気付いた治崎は、彼女を利用して組復興のための計画を立てる。
だが、「壊理の肉体を原料に薬を作る」という非人道的な計画を、組長が許可するはずもなかった。更に治崎は資金集めの為に、組長には内密で組の方針に合わないクスリ(麻薬や個性強化薬と思われる)の取引にまで手を出していた。
そうした振る舞いを見かねた組長は、ついに治崎に対して、組の方針に背くなら組を去るように告げる。
組長に対する恩義と疑念、そして社会への憎悪と組織拡大への野望。そうした思いが積み重なる中、治崎は「いいから黙って見ててくれ」と口にし、その場で組長を植物状態にしてしまった。

その後、組の実権を握った治崎は「オーバーホール」というヴィランのような名を名乗るようになる。そこには彼なりの罪悪感やケジメの意味もあったのかもしれない。組長に対する恩は薄れておらず、計画が軌道に乗り、組が大きくなった後には、彼を元通りに修復する予定だった。
そして治崎は他の組員には事実を伏せつつ、その壮大な計画を進行させていくことになる。




治崎の計画(ネタバレ注意)

彼の計画の最終的な目標は、個性によって成り立つ現在の社会を根本的に変革することにある。
治崎はまず計画の第一段階として、壊理の個性「巻き戻し」を応用して「個性を一時的に消失させる銃弾」を開発した。試作品の銃弾と、個性ブースト薬を市場にばらまくことで、資金集めと同時に、裏の市場にその存在を匂わせる。
第二段階として、集めた資金によって、更に純度の高い「個性をヒトから消す銃弾」と、それを元に戻す「血清」の量産体制を構築する。薬品の原材料が壊理の細胞である以上、他の集団が開発に割って入ることは不可能。前者をヴィラン側、そして後者をヒーロー側に売りさばくことで市場を独占する。
そして第三段階として、得られた莫大な資金によって死穢八斎會を裏社会の頂点に立たせると共に、個性を破壊する力により、個性によって成り立つ超人社会の在り方を根幹から揺らがせていく。
その計画は既に、量産前の「完成品」を作り上げるまでに進行していたが、その「完成品」は最終的に、別の技術を持ったある組織の手に渡ることになった。

関連イラスト

治崎
【本誌ネタバレ】八斎戒


地下闘技場
大鴉


融合・合体想像系

融合☆合体 八斎會!




関連タグ

僕のヒーローアカデミア 死穢八斎會 若頭
オーバーホール:機械類の分解整備のこと。治崎の表記揺れ。

pixivに投稿された作品 pixivで「治崎廻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 300779

コメント