ピクシブ百科事典

心操人使

しんそうひとし

漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「憧れちまったもんは仕方ないだろ」

概要

プロフィール

クラス雄英高校1年C組 普通科
個性洗脳
出身校名部中学校
誕生日7月1日
年齢15(初登場時)→16 ※作中での時間経過より推察される
身長177cm
血液型AB
出身地埼玉県
好きなものサイクリング
CV羽多野渉


人物

紫色の立った髪と、濃い隈が特徴的な少年。
登場時にはかなりの長身かと思われていたが、意外にも瀬呂と同じ身長である。

常に気だるげな態度と佇まいを持ち、笑う時の笑顔がまるで悪だくみしてるようなニヤッとした表情をしてるなど、見ようによってはとても悪そうに見える容姿ヒーロー科の生徒達に対するトゲのある挑発的な言動が目立つ。

そして後述するが個性が完全に“ヴィラン(犯罪者)向き”という自他共に認める凶悪なものをもっている、表向きの「悪そう」が詰まった雰囲気の持ち主。




しかし、実際のところそんな彼の将来の夢は「沢山の困ってる人たちを救うヒーロー」である。
入学時、彼はヒーローへの憧れから当然雄英高校のヒーロー科を受験した。しかしヒーロー科の実技試験はロボットを倒しまくる試験だったため、彼の個性(詳細は後述)では非常に不利だったのだ。
それは本人もどうやら織り込み済みだったらしく、落ちる前提で普通科の入試も受けており、そちらで合格し入学した。「雄英には入れたが夢には遠い」、それが彼の高校生活のスタートであった。

詳細は後述するが、彼の個性はなんと『洗脳』という非常に強力なもの。しかし素の身体能力はそれほど高くなく、当時の体力テストの結果は『ワン・フォー・オール』を活かせなかった出久よりも劣っていた(出久は入学前にほぼ一年間、オールマイトの訓練を受けてはいたが相澤曰くそれでも「ヒーロー科としてはひどいもの」だったらしい)。

彼自身は実は「夢に向いてる個性ではない」という事を受け止めつつ、それでも夢を諦めきれずにヒーローを愚直に目指し続ける真っ直ぐな少年である。
しかし昔からその個性を知られると「犯罪者向けだね」「悪いことし放題で羨ましい」「自分たちに使わないでね」という言葉を決ってかけられ続け、またその個性を警戒し周囲の人は自分が話しかけただけで身構え警戒するという態度をとられ続けたことで、現在は若干悲観的に擦れてしまっている。
普段の気だるげな態度はそういうものへの反発の意味もあるのかもしれない。

人を助けるヒーローに憧れ、愚直にヒーローになりたくてなりたくて仕方ないのに「ヒーローではなくヴィラン向きである」と言われ続けたこと、「ヒーローになるための試験でその個性が原因で躓いた」こと、ヒーロー科に合格したヒーローに自分より近い場所にいるはずの生徒の性格が最悪だったことなどが重なった結果、特に自分の個性に関して現在は強いコンプレックスを持つに至っている。

ちなみにヒーロー科、というかA組に対してやけにトゲがあるのはそんな経緯で入学してきた自分を含めた人間たちを『モブ(主役になれない脇役)』と吐き捨てたクソを下水で煮込んだような性格の生徒の発言も多少関わっている。
普通科に在籍しているがヒーローへの憧れは健在であり、その発言を受けたことで心操はA組に対して宣戦布告までするほどだった。
まったくどこのクソ煮込みだ。


チャンスをどん欲にねらい続け最後のトーナメントにまで無事残って見せたが、体育祭では結果的に出久に敗北し初戦で脱落という結果になってしまった。しかしそのたった一戦で自らの個性の脅威を存分に見せつけ、またその個性を「対犯罪者などの人助けに非常に活かせる」と観戦していた多数のヒーロー達に示したことで少しずつ環境が変わりだしている。尚、普通科の他の生徒からは非常に好意的に接してもらっており、ちゃんと良い友人関係を築いている。

特に自身も個性が特殊で戦闘力に直結しないという共通点を持つ相澤は心操を気にかけている他、「スタートラインに出遅れた」心操に対して「本来ならスタートラインに立つことすら許されなかった」出久も対戦時の彼の言葉を受け気にかけている。


後に後期課程でのA組・B組合同戦闘訓練に特別参加することになり、A組のチーム1(蛙吹上鳴切島口田)の一員となる。

個性

『洗脳』
彼の問いかけに答えた者は洗脳スイッチが入ってしまい 彼の言いなりになってしまう!
本人にその気がなければ洗脳スイッチは入らないぞ!

心操の意思で解除可能。操られた本人にある程度の衝撃を与えると解除される。
(どのくらいの衝撃が必要かは明確にされていない)
洗脳中は「頭がモヤがかったみたい」になるようだ(緑谷出久談)。
また命令できる範囲も相当シンプルな動作のものでないと相手は動かない模様。

全人口の8割が何らかの特異体質となった社会でも、『洗脳』は非常に稀な個性。誰しもが悪用を思いつくため、犯罪者(ヴィラン)向きの個性と言われ慣れている。
但し、人命救助に使えないかというと、そうでもない。作中の個性の中には、時間や使い手の心境次第では暴走するものや、分身を出せるが使い手を縛って好き勝手しかねないものもあるため、そういったリスクを抱えている者への抑止力になり得る。
現在のところ、自主的に個性で人助けに用いた描写はないが、腐らず体を鍛えている様子を見るに、本人なりに前を向いて人生を歩んでいる様子。

前述の様にヒーロー科の実技試験の方式とは致命的に相性が悪い。
実技試験は「ロボットを破壊した当人にのみポイントが加算される」システムであり、他の受験者を操ってロボットを攻撃させてもポイントを得るのはその「操られた受験者」になるからである。
無機物(ロボット)に対して意味を成さない反面、人間に対して絶大な効果を持つ個性から、
中学時代から周囲に敵(ヴィラン)向きと言葉を投げ掛けらていた彼だが、決して悪びれるようなことはせず「ヒーローに憧れている」ことを貫き通して雄英高校に通っている。
他人を制御する個性(と、偶然にも猫好きが被っている)相澤からは彼を気に掛けて、個性を評価した上でロボットに任せる受験は「合理的ではない」と言っておりヒーロー科編入への打診がある模様。

合同戦闘訓練では相澤が使用している「捕縛武器」を所持し、新たに専用の変声可変機構マスクを装着。その際にマイクや拡声器を通すと個性の効果が無くなることが判明、幾多のプレートを変形・共鳴させることで声色を変えて直接外部に放出することが可能となっており、「"もう一つの声帯"ペルソナコード」と呼んでいる。

関連イラスト

強く想う将来があるなら
心操


ひとしくん
shinsou



関連タグ

僕のヒーローアカデミア 雄英高校

pixivに投稿された作品 pixivで「心操人使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4142458

コメント