ピクシブ百科事典

心操人使

しんそうひとし

漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「憧れちまったもんは仕方ないだろ」

概要

プロフィール

クラス雄英高校1年 普通科
個性洗脳
誕生日7月1日
年齢15(初登場時)→16 ※作中での時間経過より推察される
身長177cm
好きなものサイクリング
CV羽多野渉

紫色の立った髪と、濃い隈が特徴的な少年。
登場時にはかなりの長身かと思われていたが、意外にも瀬呂と同じ身長である。

ヒーローに憧れ、雄英高校のヒーロー科を受験した。しかしヒーロー科の実技試験はロボットを倒しまくる試験だったため、彼の個性『洗脳』(詳細は後述)では非常に不利だった。落ちる前提で普通科の入試も受けており、現在は普通科に通っている。

『洗脳』は非常に強力な個性だが、素の身体能力はそれほど高くない。体力テストの結果は『ワン・フォー・オール』を活かせなかった出久よりも劣っていた。

大胆な性格で、体育祭の前に1-Aへ「体育祭の結果によってはヒーロー科への編入もある」と宣戦布告したことも。普通科に在籍しているがヒーローへの憧れは健在のようだ。

ちなみに「名部中学校」に通っていた描写が回想で1コマある。
STARWARSの惑星・ナブーが由来かと思われる。

個性

『洗脳』
彼の問いかけに答えた者は洗脳スイッチが入ってしまい 彼の言いなりになってしまう!
本人にその気がなければ洗脳スイッチは入らないぞ!

心操の意思で解除可能。操られた本人にある程度の衝撃を与えると解除される。
(どのくらいの衝撃が必要かは明確にされていない)
洗脳中は「頭がモヤがかったみたい」になるようだ(緑谷出久談)。

全人口の8割が何らかの特異体質となった社会でも、『洗脳』は非常に稀な個性。誰しもが悪用を思いつくため、犯罪者(ヴィラン)向きの個性と言われ慣れている。
但し、人名救助に使えないかというと、そうでもない。作中の個性の中には、時間や使い手の心境次第では暴走するものや、分身を出せるが使い手を縛って好き勝手しかねないものもあるため、そういったリスクを抱えている者への抑止力になり得る。
現在のところ、自主的に個性で人助けに用いた描写はないが、腐らず体を鍛えている様子を見るに、本人なりに前を向いて人生を歩んでいる様子。

前述の様にヒーロー科の実技試験の方式とは致命的に相性が悪い。
実技試験は「ロボットを破壊した当人にのみポイントが加算される」システムであり、他の受験者を操ってロボットを攻撃させてもポイントを得るのはその「操られた受験者」になるからである。
無機物(ロボット)に対して意味を成さない反面、人間に対して絶大な効果を持つ個性から
中学時代から周囲に敵(ヴィラン)向きと言葉を投げ掛けらていた彼だが、決して悪びれるようなことはせず「ヒーローに憧れている」ことを貫き通して雄英高校に通っている。
他人を制御する個性(と、偶然にも猫好きが被っている)相澤からは彼を気に掛けて
個性を評価した上でロボットに任せる受験は「合理的ではない」と言っておりヒーロー科編入への打診がある模様。

関連イラスト

強く想う将来があるなら


ひとしくん
shinsou



関連タグ

僕のヒーローアカデミア

pixivに投稿された作品 pixivで「心操人使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2053435

コメント