ピクシブ百科事典

ワン・フォー・オール

へいわのともしび

ワン・フォー・オールとは、堀越耕平原作のマンガ『僕のヒーローアカデミア』の用語。 通常は同作品の主人公である緑谷出久、及びその師匠であるオールマイトの使用する特殊能力である『個性』の事を差すが、此処では初代使用者についても明記する。
目次[非表示]

「一人が力を培い、その力を一人渡し、また培いその次へ…そうやって救いを求める声と義勇の心が紡いできた力の結晶だ」

概要


僕のヒーローアカデミア』に登場する『個性』の一つ。
 その能力は、『力をストックし、別の人間に譲渡する』。略称はOFA。
 より詳しく説明すれば、自身がストックした力を別の人間に継承させ、更にその人間が力をストックしてまた別の人間にその力を譲渡する、これを繰り返すことでこの『個性』と個性を継承した人間を強化していく、という能力。

受け継がれてきた超パワー

 能力の効果自体は純粋な身体能力の強化であり、スピードやパワーと言った筋力が爆発的に強化されるという単純なものであるが、『拳の一振りで天候を変える』、『ジャンプだけで高層ビルを飛び越える』など、強力な上に応用性が高く、液状化する敵や衝撃を吸収する敵などのパワー系が苦手とする能力を相手にしても力技で切り抜けるなど、作中でも破格の威力を持つ『個性』。
  
 しかし、その本質は『能力を育て上げて次世代に渡す』ことにあり、その性質上、二代目よりも三代目、三代目よりも四代目が強く成る個性であり、現在の継承者は九代目である緑谷出久

 また、この『個性』は別の『個性』を持っていても受け取ることが可能であり、実際七代目の継承者である志村菜奈はOFA以外の『個性』を持ち、オールマイトはもしも轟焦凍がこの『個性』を受け継いだ場合、『半冷半燃』に加えてOFAの身体強化能力を併用出来ていたと語っている。
 現在の所、作中で『個性』を複数使用することができる人間は『コピー』の『個性』を持つ物間寧人と、『個性』を奪う『個性』を持つオール・フォー・ワンの二名だけであり、この面から考えても、この『個性』の強力さが伺える。
 尚、敵連合によって『個性』を複数植え付けられた改人脳無の多くは、その影響で知性を失っており、本来複数の個性を同時に所有するのは相当にリスクの高い物であることが窺えるが、OFAの場合そう言ったデメリットが無いところも地味に強力なところである。

受け取る者のリスク

 上記の様に、拒否反応も無く受け継がれ、次世代になればなるほど強く成っていく『個性』ではあるが、その分リスクも大きく、『鍛え上げられた肉体が無ければ、個性の力に耐えきれず身体が爆散する』、『たとえ鍛え上げられた肉体を持っていても、使いこなせなければ個性によって身体が内側からダメージを受ける』など、自在に使いこなす為には常に鍛錬と修練が必要とされる『個性』でもある。
 実際、主人公の出久は戦闘の度に深いダメージを負うことが多かったが、これは敵から受けるダメージよりも、出久の肉体がOFAの出力に耐え切れなかったことの方が多く、特に前腕部に受けたダメージは深刻で、医者からは「今後も同じ事態が起こり続ければ、日常生活が送れなくなる」とまで言われるほど。

 また、譲渡する。という特性上、その気になればこれだけの力を秘めた個性が悪人の手に渡ることも起こり得る為、OFAの継承者は『個性』の内容を秘密にしなければならない。という制約が付けられる。
 現状、AFO・歴代OFA所持者以外でOFAが譲渡可能な個性ということを知っているのは根津校長リカバリーガールグラントリノサー・ナイトアイ爆豪勝己等数名に限られる。

譲渡

 OFAの譲渡条件は、元から持っている『個性』の使用者が、『継承させたい人に『個性』を譲りたいと思いながら遺伝子の一部を摂取させること』であり、強制的に受け取らせることはできても、受取りを拒否することは出来ない。
 その気が無ければ遺伝子を摂取されても問題ないが、人質や心を操る個性の使用によっては、『個性』を奪われることも十分に考えられる為、オールマイトはヒーロー活動中は徹底した秘密主義を貫いた。

 また、この『個性』は譲渡されたからと言って、譲渡した人間からすぐに『個性』が無くなるわけではなく、譲渡した人間にもある程度はOFAの能力が残り、使用することができる。
 実際、オールマイトは出久に『個性』を譲渡した後も、暫くはヒーロー活動に従事し、お互いに全盛期では無かったとは言え、ごくわずかに残ったOFAの力だけでもオール・フォー・ワンと互角の戦いを繰り広げた。

ルーツ


 八代目継承者であるオールマイトによれば、元々、この個性は『力をストックする個性』と、『個性を与える個性』という二つの個性の力が混じり合ってできたものであり、元から存在していた個性では無かった。
 この『個性』が誕生した経緯には、超常黎明期と呼ばれる時代から暗躍していたオール・フォー・ワンという巨大なヴィランの存在がある。

超常黎明期のオール・フォー・ワン

 オール・フォー・ワン(AFO)は、『個性を奪う個性』によって、人類に『個性』が次々と発現したことで社会秩序が崩壊し、混沌とした時代の中で、時に『個性』を奪い、時に人々が望む『個性』を与えることで、いち早く混乱した日本の秩序を回復させることに成功した。
 その反面、人々を自分の手駒となる様に洗脳し、恐怖で人々を支配することで悪のカリスマとして裏社会に君臨した。
 そんなAFOに対して、真っ向から対立したのが彼と血を分けた実の弟であった。

反抗の末に与えられた力、そして完成した力

 虚弱で、『個性』を発現させることも無かったAFOの弟は、兄の所行に心を痛めながらも常に対立する姿勢を貫く一方で、兄であるAFOの方は、愚かな弟と言いながらも自分の仲間に引き入れる為に八方手を尽くした末に、『力をストックする個性』を与えることにする。
 そこでAFOの弟は、自分がそれ単体では役に立たない『個性を与える個性』を持っていることを知り、更に兄から与えられた『個性』と混じったことで、『個性を育て上げ、譲渡する個性』が完成したことを悟る。
 これが『ワン・フォー・オール』初代の誕生である。

 これ以降、この個性『ワン・フォー・オール』は歴代の継承者の手に渡り、強化されて行くことで、遂に八代目の継承者『オールマイト』の手によってオール・フォー・ワンの牙を打ち砕くまでに成長する。

ここから先、単行本未収録につき、ネタバレ注意













初代使用者及び、歴代継承者。

初出は体育祭編

 時おり、出久の意識に現れるイメージ。
 このイメージは体育祭編で出久が操られた際に現れたのが最初で、出久はオールマイトを含む複数の人間のイメージが脳裏に出現し、一時的に操られている体を食い止めた。
 出久はこの時、OFAには歴代継承者の意志が残っているのでは?と推測したが、当初オールマイトはこれを否定し、「あくまでも精神的なイメージの一つ」としたが、その直後にリカバリーガールから「アンタも居たってね」と意味深に言われたことから、オールマイトの言葉が真実ではないことが示唆されていた。

二度目の邂逅は秋の夢

 193話にて、出久の夢という形で、初代のOFAの記憶が宿っている事。そして、そこに初代の明確な意志が宿っている事が分かった。

 出久の夢という形で出現した初代の意志は、かつてあったAFOとのやり取りの記憶と、オールマイトを含む歴代継承者のイメージを出久に見せる。

黎明期の兄弟

 自身の『個性』の力を使い、『個性』に苦しむ人々を誘惑するAFOは、やがて人々から篤い支持を受け、遂には自身の手を汚さずに自分に反対する人間を殺し、裏社会を支配するようになる。

お前のいう『世界』とは何だ?弟よ。おまえは何が見えている?僕は『人』を見て『人』の為に力を行使している

 そう語り掛けるAFOに、初代OFAは断固として抵抗する。

異能は私利私欲のために使うべきじゃない。アンタは自分を満たすことしか考えていない!

 『個性』による犯罪や暴力を振るい、巨大な組織を纏めていくAFOは「人の形を失ったこの世界に、僕ならば秩序を齎せる」というAFOに、「心の隙に付け入ることの何が秩序だ」と、二人の意見は平行線をたどる。

 そんな中、AFOは自身を中心として『秩序』を創り上げていきながらも、弟である初代OFAは絶対に敵対の姿勢を崩さず、其の小さな抵抗は常にAFOの信奉者たちによって阻止され、遂に彼はビルの中に一室に監禁される様になる。
 それでも、一切の食事を拒否して最後まで抵抗を続ける初代OFAに対して、AFOは、「コミックの世界が現実化したようだ。唯一の肉親であるお前とまた、共に過ごしたい」と、尚も揺さぶりをかけるが、そんな兄を弟は突き放す。

あのコミックの続きを知っているか?ヒーローは、魔王の所行に悩み苦しみながらもそれで立ち上がり、最後には魔王を倒す。兄さん、悪者は最後に倒されるんだ

 やがて、どうしても自分に屈しない弟の姿に兄は業を煮やし、遂に衰弱した初代OFAでも使いこなせる『個性』を見つけ、それを無理矢理に弟に移植する。

邂逅、警鐘、覚醒

 そこまでの記憶を出久に見せた初代OFAは、まだ出久が20%しかOFAを使いこなせていないことを憂い、警告を告げる。
 どうやら危険な状況、『特異点』を過ぎてしまっているらしい。緑谷の身を案じた初代はそれでも、「君は一人じゃない」と緑谷を励まし、何らかの力を目覚めさせる。

 この時の初代のイメージと、出久のイメージは、身体の一部に同じように黒い靄がかったものに覆われたものであり、出久のOFAの使用率と、初代との意思疎通の関係性が示唆されており、出久がオール・フォー・ワンを使いこなせるようになればなるほど、初代との意思疎通が行えるようになることが暗示されている。

 また、この時の夢の中では歴代継承者の内2人だけが暗くなって明示されておらず、彼等もまた、出久のOFAの使用率が上がることでその姿が明らかになるであろうことと、これからの物語に深く関わる重要人物であろうことが予想される。

 そして、彼らの夢を見て目覚めた出久は、『個性』を暴発させると同時に、(暴発の騒ぎで夜中に起こされ部屋まで文句を言いに来た青山と共に)その右腕に不思議な痣とも模様ともつかないものが浮かんでいるのを目撃する。

余談

考察・いつからOFAはあるのか

 初代OFAが何年前の人物かは今のところ不明だが、OFAの特性から年代を割り当てることができる。
 まず、八代目の継承者であるオールマイトは、作中の描写と情報から出久と同じく雄英高校入学前、恐らくは15歳ごろにOFAを受け継いだと思われる。
 そこから、現在の年齢が何歳かは不明だが、エンデヴァーとの関係性からおよそ40歳前後と推察される。
 仮に出久と出会った時期が40歳であるとして、彼はOFAを受け継いでから次世代に受け継ぐまで、25年間の期間を設けていたことになる。
 此処から単純計算して初代から出久までにOFAが渡るのにかかった期間は25×8で200年となる。つまり、OFAとAFOの二人の兄弟は、実に200年に渡る因縁の戦いを繰り広げているのである。

 ただ、アニメの描写ではOFAの本気を出す時の描写に、オールマイトなら8色、緑谷なら9色の光が紡がれていくシーンが挟まれる。この際1色ごとの紡がれていく距離・時間は一定ではなく、明らかに短いものも含まれている。この描写がもしそれぞれの所持者の所持期間に比例するならもう少し短いのではないかと思われる。

関連タグ

僕のヒーローアカデミア オール・フォー・ワン OFA組
志村菜奈(7代目)→オールマイト(8代目)→緑谷出久(9代目)

根津校長 リカバリーガール グラントリノ サー・ナイトアイ 爆豪勝己

原義

one for all, all for one
訳:一人は万人のために,万人は一人のために

ドイツの保険学者アルフレッド・マーネスが引用した有名な言葉“Einer für Alle, Alle für Einen”の英訳。相互扶助の精神を説いた。))

pixivに投稿された作品 pixivで「ワン・フォー・オール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 855

コメント