ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:関根有咲


概要

敵連合のリーダー・死柄木弔の本名。

父方の祖母に7代目の『ワン・フォー・オール』継承者・志村菜奈を持つ。


幼い頃の転弧は、同世代の多くの子供たちと同じように、ヒーローに対して純粋な憧れを抱くごく普通の少年だった。

両親と母方の祖父母、姉と共に暮らし、家族の愛情や経済的にも恵まれ、表面上は何不自由の無い生活を送っていたようである。

彼が如何にして、この世界の全てを憎み、破壊を自らの悦びとする男。『死柄木弔』という存在に変貌を遂げたのか。

それを理解するためには、彼の生まれる前、転弧の祖母の世代の因縁にまで時を遡らなければならない。


生い立ち

※この記事には、僕のヒーローアカデミアのストーリーのネタバレが含まれます。






ワン・フォー・オール7代目継承者・志村菜奈は、ヒーローとしての戦いの末に、何者かに夫を殺害された。ヒーロー活動は時として多くの恨みを買い、もしもの時に危険が及ぶのは、自分一人であるとは限らない。家族が敵に命を狙われることを危惧した菜奈は、残された最愛の息子を信頼できる人物の元へと里子に出すことにした。

そして程なくして、彼女はオール・フォー・ワンとの最後の戦いに挑み、命を落とすこととなる。

生前の彼女は、グラントリノオールマイトに、「私にもしものことがあっても、あの子には関わらないでほしい」という言葉を残しており、その遺言に寄り添う形で、彼女の息子はヒーローの世界とは縁遠い環境で成長することとなった。



その後、彼女の残した一人息子・弧太朗は、両親との離別を乗り越えて成長し、若くして社会的な成功を収めた。

大人になった彼は、母の行動は自分を守るためのものだったことを理解していた。

それでも尚、幼くして母を失った悲しみは、彼の心に癒えることのない深い傷跡を残しており、「ヒーローである母は、他人を救うために息子の自分を捨てた」というある種のトラウマを抱え込んだまま、彼は自らの家庭を持つことになった。

住宅街の庭付きの一軒家に大型犬を飼い、義理の両親と妻、二人の子供と共に生活する。まさに理想を絵に描いたような幸せな家庭だったと言えるだろう。


そして彼は、自分の手に入れた「理想の家庭」に、ひとつのルールを設けた。


それは、「ヒーローの話をしないこと」


弧太朗は自身の幼い頃の経験から、「ヒーローが家族を傷つける」という想いに囚われていて、自分の子供達がヒーローに憧れることを強く反対していたのである。

妻と義父母はそんな弧太朗の想いや境遇に一定の理解を示していたし、それだけでなく当時5歳の転弧には"個性"が発現していなかった。(5歳までに"個性"の発現しない子供は、ほとんど例外なく"無個性"である)

転弧のヒーローへの憧れは、いずれ近い将来、彼自身にとっての重荷になってしまう。それは誰の目にも明らかなことだった。


幼い転弧には、自分の置かれた境遇を理解できなかったが、そこには紛れもなく父親なりの家族に対する不器用な愛情があった。

父親だけではなく、母親も祖父母も、ただ転弧の幸せを願っていた。

志村菜奈は、息子を愛していたから母子の縁を切り、置き去りにした。

弧太朗は家族を守りたいがために転弧の想いを否定した。


親から子へ、子から孫へと受け継がれた歪み。その小さな積み重ねは、やがて途方もなく大きな不幸を招くこととなる。


志村転弧:オリジン

幼い頃の転弧は「ヒーローに憧れる」という、同世代の子供達にとって当たり前のことを禁じられていた。

ヒーローの話をする度に父親に叱られ、時には泣きながら庭に無理やり連れて行かれ、「自分から謝るまで家には入れない」と言われることまであった。


父親に叱られることは転弧にとって理不尽に思えたが、優しかった母親も祖父母も、何故かそのことについてだけは転弧の味方になってはくれなかった。

転弧には、父親がヒーローを嫌う理由も、家族が自分の想いを認めてくれない理由も分からなかった。

家にいる間、転弧はいつも身体の痒みに悩まされていた。

母はそんな転弧をいつも優しく抱きしめて、痒みを抑える塗り薬を塗ってくれた。そうしたとき、確かに転弧は自分に向けられた家族の愛情を感じることができた。



―――父の建てたこの家は、僕を優しく否定する。



そうした幼い転弧を取り巻く平穏な日常は、ある日突如として終わりを迎えることとなる。

Shimura Siblings [January 2020]


切っ掛けは、ほんの些細なことだった。

その日、転弧の姉「華ちゃん」は、弧太朗に隠れて彼の書斎へと忍び込み、引き出しの奥に大切にしまわれていた一枚の古い写真を転弧に見せた。

その写真の中には、彼女達の「おばあちゃん」と、幼い頃の父が仲睦まじく微笑む様子が映されていた。

理由は分からないが、彼女は自分達の祖母・志村奈菜が、本当はヒーローだったということを知っていたようである。

転弧は自分の家族にヒーローがいたことに驚き、そして素直に喜んだ。

周りの大人達は、自分のヒーローへの憧れを肯定してくれない。

そんな中で、本物のヒーローであった志村菜奈の存在は、転弧のことを大きく勇気づけてくれたのだろう。


華ちゃんとしては、いつも泣いてばかりだった弟を可哀想に思い起こした行動だったが、子供達が無断で書斎に入ったことは、すぐに父に気づかれてしまうことになる。

子供達が写真を覗き見たことを知ったとき、弧太朗はかつてないほどに激しく感情を荒立てて、華と転弧を叱りつけた。

子供達や妻でさえその心情は理解できなかったが、母の形見であるその写真と手紙は、弧太郎にとって家族にさえも見せることができない大切な秘密であり、彼は心の中に隠していたトラウマを不用意に刺激されたことで、正常な判断力を著しく欠いた状態になっていた。

弧太郎は、まるで自分自身の母親への愛情を否定したいかのように、幼い転弧に対して感情に任せて暴力を振るってしまう。


転弧の憧れが強くなるほどに、父はその憧れをより強引に否定し続けた。

姉も、祖父母も、母でさえも。誰も身を挺して転弧を庇ってはくれはしなかった。

父の建てた一軒家。その小さな世界に、転弧を救ってくれるヒーローはいなかったのである。


"個性"の発露

日が沈み切った頃、転弧は庭でペットの「モンちゃん」を抱きながら一人で泣いていた。


「みんな…嫌いだ…」


今までずっと心の中で思い続け、それでも言葉にすることができなかった。

転弧はずっとお父さんのことが嫌いだったのだ。

父だけではない。父の立てた家も、父に逆らえない母や祖父母も、父に隠れて嘘を吐いた姉も、自分を取り巻く「全部」が嫌いだったのだ。


心の底から沸き上がったその言葉を口にしたとき、彼の"個性"は発現した。

突然変異によって発現した未知の"個性"『崩壊』。

自分の手で触れたものが次々とバラバラに崩れていく。

その手によって、転弧は訳も分からないまま飼い犬を、姉を、祖父母を、そして母親を。次々と崩壊させていった。


みんな嫌いだ


最初のうち、転弧は自分の周囲で何が起こっているのか理解できていなかった。「悪いヴィランに狙われている」と考えさえもした。

しかし父の恐怖の表情と制止の言葉によって、それが自分の手で引き起こされたものであることを直感的に理解し、そして同時に彼は、自分が今まで本当に望んでいたことを自覚する。


この時転弧は、衝動の赴くまま、自分自身の意志で、明確な殺意を持って、父に『触れた』。


「死ねェ!!!!!」


自分のずっと嫌いだったものが、自分の手で崩れていくのを見たとき、転弧は途方もない快感を感じていた。

父の築き上げた全てが跡形もなく消え去ったとき、転弧はもう痒みを感じていなかった。


オール・フォー・ワンとの出会い

その後、転弧は帰るべき場所を失い、長い間一人で街を彷徨っていた。

個性が発現した際、元々は黒かった転弧の髪の毛は、薄い灰色へと変化していた。

幸か不幸か、そんな転弧に対して手を差し伸べてくれる者は誰もいなかった。

街を行く人々は、薄汚れた服を身に着け、目に隈を浮かべ、不気味な笑みを張り付かせてふらふらと歩く転弧のことを気味悪がり、「きっとヒーローが救けてくれる」と自分を誤魔化して見て見ぬふりをし続けた。

しかし、転弧のことを救ってくれるヒーローは現れなかった。

転弧が再び身体の痒みに苛まれていた頃、唯一彼に手を差し伸べたのが、他でもないオール・フォー・ワンだった。


精神的に大きなショックを受けたためか、このとき転弧はそれまでの記憶のほとんど全てを失っていた。

オール・フォー・ワンは彼に対して、家族の残骸である「手」を肌身離さず身に着けるように言い聞かせる。

オール・フォー・ワンは転弧を苦しめる「痒み」について、自分自身にさえもコントロールできない強過ぎる破壊衝動が、「行き場のない苛立ち」となって溢れたものだと分析していた。


家族の手は、その温かい優しさと共に、転弧が心の奥底に封じ込めた記憶にこびりついた負の感情を呼び起こし、常に彼を破壊の衝動へと向かわせた。

沢山の娯楽や人々が幸せに暮らす光景でさえも、彼に怒りと憎しみを抱かせた。

そして破壊の快感を感じるとき、唯一彼は痒みを忘れることができた。



超人社会には「"個性"によって相手の人となりを判断してはいけない」という社会規範が存在している一方で、「人の持つ"個性"は、その人の人格に少なからず関係している」という事実もまた、社会における暗黙の了解として、人々の間に広く知られている。

それが転弧の個性が発現すると共に芽生えた感情だったのか。それとも生まれながらに彼の心の中に宿っていたものだったのかは定かではない。

切っ掛けが少しでも違えば別の道もあったのかもしれない。だが、彼は初めて個性を発現させた際に、取り返しのつかない罪を背負ってしまい、そしてそれ以上に破壊の快感を覚えてしまった。

転弧がどれだけ救いを求めても、彼に対して手を差し伸べてくれるヒーローは現れなかった。

彼の生まれ育った環境はヒーロー社会に対する怒りを増幅させ、オール・フォー・ワンは彼の「先生」として、彼が感情の赴くままに行動する意思を大切に育んだ。



不安と憎しみに苛まれる日々の中、転弧が初めて他者への殺意の言葉を口にしたとき、その姿を見たオール・フォー・ワンは、暗く静かにほくそ笑んだ。

転弧が自分一人の力で初めて殺人を成し遂げた記念として、オール・フォー・ワンは彼に新しい名前を与えた。

死を悲しみ別れを告げるという意味の「弔」と、彼自身の苗字である「死柄木」───こうして彼は、オール・フォー・ワンの生徒として、そして新たな「家族」として迎え入れられ、現在の『死柄木弔』という名を名乗るようになる。


補足

迷子になった転弧のその後

転弧が家族を殺めてしまった事故を起こした後には、道を行く無数の人々が、さ迷い歩く転弧の姿を見て見ぬふりをし続ける様子が描かれている。

このときプロヒーローや警察、真っ当な一般市民が転弧に声を掛け、適切に保護をしていれば、後に転弧を取り巻く運命は大きく変わっていただろう。

しかし、死柄木自身が後に回想していたように、人の多く集まる街中では迷子よりも緊急性が高いトラブルが度々起きており、転弧がプロヒーローや警察の目に留まらなかったことは仕方のないことだったと言える。

更にプロヒーローが当たり前のように周辺をパトロールする中、多くの一般市民は街中のトラブルの解決を「ヒーローの仕事」と捉えており、仮に目の前でトラブルが起きていてもヒーローの邪魔をしないため、あるいは単に面倒事を避けるために、自分からは手を出さないという土壌が出来上がっている。

つまりこのシーンで転弧の前にヒーローが現れなかったことは偶然ではなく、「ヒーロー飽和社会」と呼ばれる社会が、迷子の子供、それも明らかに暴力を受けているぼろぼろの子供が保護されない社会であることを表しているのであり、延いては安定期を迎えた超人社会の堕落が暗示されているのだと言える。


関連イラスト

Innocent Days父の建てたこの家は僕を優しく否定する


関連タグ

僕のヒーローアカデミア 死柄木弔

オール・フォー・ワン 志村菜奈 志村弧太朗

魔王(僕のヒーローアカデミア)

マスターピース(僕のヒーローアカデミア)


アレルギーアトピー性皮膚炎):「家にいると痒い」の原因と思われる。ストレスが原因で症状が悪化することもあり、ストレス原因が消えることで解決する場合もある。また、アトピー自体が治ってもクセとしてストレスを感じると身体を掻く人もいる。

関連記事

親記事

死柄木弔 しがらきとむら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 269209

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました