2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

CV:田島裕也

概要

志村菜奈の実子であり、志村転弧死柄木弔)の父親。劇中では既に故人。
志村転弧が「死柄木弔」へと変貌する直接の原因を作った人物。

幼少期に父を亡くし、また自分の家族がオール・フォー・ワンに危害が加えられることを危惧した菜奈により里子に出されたため、幼くして両親と別れる事となる。しかし、この菜奈による母の愛ゆえの決断は、のちの成長した彼に深い心の傷を残すこととなった。

その後は若くして実業家として成功し、妻と2人の子供、1匹の愛犬に加え妻の両親を自分の家に招いて暮らしていたが、自らの過去からヒーローに対しては「他人の幸せのために自らの家族を不幸にする」(人間が一番守らねばならない人間を犠牲にして赤の他人を守っている)と嫌っており「ヒーローの話はしてはいけない」というルールを家に設けていた。

母・菜奈は里子に出す前に息子に詳細を綴った手紙を託していたが、当の弧太朗は母の真意を理解しつつも、それを受け入れる事ができない歪んだ大人へと成長してしまう。母の愛を理解する半面で、自らの寂しさによる苦しみを癒す術は得る事ができずにいた。

成長の中で、その二律背反は如何ともしがたく、常に彼を苛み続けていた。成長する中で彼は母の愛情溢れていた手紙に対して「せめて何も言わずに憎ませてくれた方が楽だった」と人知れず慟哭と独白をし続けていた。

結果無感情と苛烈さが分かれた極端な性格となり、ヒーローごっこといった子供の遊びすら許さず、子供たちに菜奈の写真を知られた時は「あれはお祖母ちゃんじゃない」と言い放ったり、特にヒーローになりたいという夢を持っていた幼い転弧に対して妻の制止を聞かず暴力を振るうまでに至ってしまう。この事で、これまで弧太朗に従っていた妻や舅や姑も流石に我慢ならなくなり、彼に対し愛想を尽かした様子を見せていた。

息子の個性が発現した後、変わり果てた家族の惨状を目の当たりにした彼は、母の言葉を思い出し、自らの過ちに気付くのだが、息子を恐れたあまり防衛反応から偶々手にした枝切り鋏で息子を殴ってしまい、激昂した彼から蓄積した自分への憎悪をぶつけられ、最期には実の息子の手によって非業の死を遂げた。
その後、身寄りを失った転弧はオール・フォー・ワンの元へと引き取られ、悪の道を突き進むこととなる。

作中では「志村菜奈の息子」であること以外に彼の素性を示すものは一切描かれておらず、彼が母との別れから家庭を持つまでにどのような人達と関わり、何を想って家族と接していたのかは、ほとんど明らかになっていない。
そんな彼の真意については、単行本幕間の人物紹介にてその一端を窺い知ることができる。
転弧の思い出の中の父は、家族に対して笑顔を見せたり、愛情を表現するようなことはほとんど無かったが、プロフィールの中には彼の「好きなもの」として彼の妻と子供達、義理の両親、そして志村菜奈の名が綴られていた。

志村家の消滅に至るまでの一連の流れで重要なのは、家族の死が引き起こされるまでの直接の経緯に、オール・フォー・ワンを含めた敵の存在が一切関与していないということだろう。
(この事件の裏でAFOらが手を引いていた可能性は排除できないが)このような不幸な事件は、超人社会においては決して起こり得ないことではなく、「次世代のオール・フォー・ワン」はこの社会のあらゆる場所で誕生する可能性があることが示唆されている。
死柄木弔という怪物を生み出したのは、ある意味ではヒーロー社会の抱える歪みそのものだったのかもしれない。

関連タグ

僕のヒーローアカデミア
志村菜奈 志村転弧 死柄木弔

出水洸汰……同じくヒーローだった家族を失ったことにより、ヒーローの存在そのものを否定するようになった境遇を持つ。ただし、自身を命懸けで守ってくれたヒーローとの出会いを機に、考えを改めている。

関連記事

親記事

僕のヒーローアカデミア登場人物一覧 ぼくのひーろーあかでみあとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「志村弧太朗」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「志村弧太朗」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102795

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました