ピクシブ百科事典

エクトプラズム(僕のヒーローアカデミア)

えくとぷらずむ

『エクトプラズム』とは、堀越耕平による漫画作品『僕のヒーローアカデミア』に登場するヒーローの名称。
目次[非表示]

概要

ヒーロー育成の名門校『雄英高校ヒーロー科に所属する教師の1人。

プロフィール

本名不明
出身地沖縄県
誕生日3月23日
血液型不明
身長180cm
年齢41歳
所属学校雄英高校
所属学科ヒーロー科
担当科目教科:数学、実技:個性強化
好きなものカラオケ
個性分身
声優西田雅一


人物

どこかの世界の奇妙な覆面を被った魔法使いに似ている。突っ込んだら負け

カタカナ表記(アニメ版では加工音声)で発言する独特の口調、体の大部分を包み隠す立襟付きダブルボタンマント、禍々しいフェイスマスクなど一見しただけではどう考えても犯罪者勢力『ヴィラン』としか思えない悪役じみた風貌をしている。
それに反し、ヴィランとの戦闘で両脚を失う絶望に直面するもその逆境を特製の義足によって見事に克服してみせた「不屈の」の異名で根強い支持を受け、現在は雄英高校で教鞭を取る教員のも併せ持つプロヒーロー。

ヒーロー活動を離れたオフの時は日常生活用の義足に交換し、眼鏡を着用。の線は意外と細く、私服髪型もさっぱりとまとめているが素顔は吊り上がった白目を剥き出した口裂けの強面、つまりコスチュームのマスクとさほど変わらない。

  • マスクと遜色無い素顔

気がついて欲しくて



一人称を「我」とし、発言に用いる言葉の端々を見る限り常闇踏陰に通じる中二病を彷彿とさせる一方、趣味にカラオケを挙げる上に授業中でもそれに関連する問題を唐突に出題する事もある。また、スピンオフ小説『雄英白書I』によると学生時代遅刻があったらしく、

  • 「我ノ身体ハ長ク寝具ノ中ニ留マル間ニ、時間ノ速サデ過ギテイッタ」=要は「寝坊した
  • 「絶望シテ学ビ舎ニ駆ケタガ、無情ノ鐘ガ鳴リ響キ、分身ヲ教室ニ出現サセタ」=要は「分身に代返させて遅刻をごまかした
と振り返って当時の若気の至りを恥じている。
『雄英白書Ⅲ』では酒が入ると飲み屋からカラオケに場所を変える提案をするが、みんなそれぞれ騒いでるので誰にも聞こえず。その後も何回か提案を繰り返したが誰も聞いてくれない。突如キレて
  • 「モウイイ!我ハ一人デ、カラオケニ行ク!」
と一人でいこうと立ち上がるも酔いが回ってそのまま夢の世界へ。しばらくするとこれまた突如目を覚まし『ヒーロー酒場』という曲を歌い出した。どうやら夢の中で先にカラオケに行ったようで飲み会ではよくある光景のようだ。(いつも以上に酒は入ってるようだが)
41歳、まだまだお茶目なお年頃である。

個性

『分身』
ヒーローネームの由来でもあるエクトプラズム、即ちエネルギーから吐き出して自身の複製を実体化させる『分身』を持つ。(イメージは『NARUTO』の『影分身の術』に近い)

吐き出されるエクトプラズム自体はのような不定形物質であり、噴出対応範囲の許す限り遠近両用・広狭不問・硬軟自在・大小自由の能力性質を状況によって任意で使い分け、偵察に基づいた神出鬼没の白兵戦から閉鎖環境への救助活動まで幅広くこなす。
現時点で一度に実体化出来る最大人数は概ね30人としているが、本人の談によると「カラオケで2~3曲歌った後は36人くらい出る」らしく、時にはそれらを一点集約・超巨大化させて広範囲捕縛術『強制収容 ジャイアントバイツ』を放つ。

しかし、恵まれた個性に驕らず磨き上げた蹴り主体の体術も使いこなし、より早く蹴るために強度と軽さを兼ね備え、より鋭く蹴るために敢えて足部を取り去り刺突性を追求した戦闘用義足から繰り出される千変万化の脚技は驚異的。
期末試験では圧倒的実力差を持って1年生屈指と目される常闇の汎用個性『黒影』(ダークシャドウ)の猛攻を、ハンデの重り付きにも関わらず脚技だけで凌いでみせた。


関連タグ

僕のヒーローアカデミア 雄英高校 ヒーロー科

pixivに投稿された作品 pixivで「エクトプラズム(僕のヒーローアカデミア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56

コメント