ピクシブ百科事典

八百万百

やおよろずもも

漫画『僕のヒーローアカデミア』の登場人物。
目次[非表示]

「常に下学上達!一意専心に励まねばトップヒーローになどなれませんので!」

概要

プロフィール

クラス雄英高校1年A組 (ヒーロー科)
個性創造
出身校掘須磨(ほりすま)大付属中学校
誕生日9月23日 (15)
身長173cm
血液型A型
出身地愛知県
好きなもの読書 (図鑑とかすき)
CV井上麻里奈


主人公・緑谷出久のクラスメイトで、クラスの副委員長。

轟焦凍と同じく推薦枠で入学した特待生。
立ち居振る舞いが上品で、常に敬語で喋り、語尾に「ですわ」をつけるなど育ちの良さが窺える。クソ下水煮込み発言や峰田のエロ策略を不快に思う等、下品な事柄は好ましく思わない様子。
頭脳明晰で出久達の模擬戦を講師のオールマイトよりも的確かつ詳細に分析し、体力テストでも轟や爆豪らを抑えて一位を獲得するなど身体能力も優れており、正に文武両道を地で行く優等生。
加えて向上心が強く下学上達をモットーとしており、学級委員長を決める投票で出久に負けて悔しがるなど負けず嫌いな一面もある。
思うように活躍できなかった体育祭後は自分に自信をなくしてしまい、期末テストでそれを相澤に指摘された。

高校生ばなれしたナイスバディの持ち主で、クラスメイトからは「発育の暴力」(by耳郎響香)、ヤオヨロッパイ(by峰田実)などと称されており、公式でもエロい人呼ばわりされた。

個性

個性は『創造』
あらゆる物を自分の体内(脂肪)で創り出し、取り出す事が出来る能力を持つ。
創り出せる物は衣服、ネット、絶縁シート、刀剣など多岐に渡り、物体の分子構造まで把握する彼女の膨大な知識量がそれを可能にしている。
凄まじく高い汎用性を持つ個性だが、大きな物を創るにはそれなりに時間が掛かってしまう上に、生物は創る事が出来ない(本誌掲載時は「有機物以外なら何でも産み出せる」となっていたが、コミックスで「生物以外なら~」に修正された)。また、創造物を産出する場所を選べないために(場所によっては)衣服を破ってしまうこともあり、おまけに破れた衣服も個性で直せば良いと思っているので露出に対する羞恥心は薄い。
その羞恥心のなさは期末テストのときにも見られた。すぐ隣に同い年の男の子がいるにも関わらず胸を完全に出した状態で個性を発動させていたのだ。いくら背中を向けているとはいえ女子として如何なものか。ちなみに轟はそれに触れることはせず目線をそらしている。

この個性の性質上、彼女のヒーローコスチュームはかなり露出度が高いものになっており、胸元から臍にかけてパックリと開いたレオタードと腰にヒーロー活動に役立つモノの材質や構造が書かれた辞典を留めるためのベルトを装着している。ヒーロー科最高
因みにこのコスチュームは手直しされたもので、最初の要望は法律に抵触する恐れがある程の露出度だったらしい。しかし作者のアレでヘソあたりの露出がどんどん広くなっている。
腰にはベルトが巻かれてあるが後ろにある辞書を支えるために分厚く作られている。辞書とそれを支える部分には磁石が入っているので開いたり落ちたりはしない。

個性のエネルギー源は摂食から得るので、まさかの大食いキャラである。
しかし、常日頃個性を使ってるためか太ったりガリガリになったためしが無く、むしろナイスバディを形成する結果になるあたり衣服が破れる程度以外のデメリットが無いのかもしれない。

僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!

本編と差ほど変わらず優等生。Fカップ
人に頼れると断れない質で、生徒の忘れ物の代用品を生み出す便利屋と化している。あまつさえ高級自転車を創造し譲る。このお人よしぶりは「絶対に駄目男にひっかかる」と周囲に案じられてしまう。
また、ずっと遊ばず勉強続きの日々を送ったせいか子供に玩具をねだられ贈ったときはデフォルメとは遠く離れたリアル設計だったので不評であった。
ちなみに体力テストで一位を獲得したのは自らの個性で道具を使用していたからである。
(例・砲丸投げ=大砲)

関連イラスト

やおもも
ヤオヨロッパイ


八百万百さん
八百万百



関連タグ

僕のヒーローアカデミア
緑谷出久 オールマイト 轟焦凍
耳郎響香 上鳴電気 峰田実

ヤオヨロッパイ 発育の暴力
ヒーロー科最高 へそ出し

pixivに投稿された作品 pixivで「八百万百」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6482083

コメント