ピクシブ百科事典

アレクサンドル・プシュキン(文豪ストレイドッグス)

あれくさんどるぷしゅきん

アレクサンドル・プシュキンとは漫画「文豪ストレイドッグス」の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

性別男性
誕生日6月6日
出身地ロシア
身長不明
体重不明
特技不明
好きなもの不明
嫌いなもの不明


概要

卑劣にして野心家(注:ドストエフスキーとは一緒にしない)な小太りな男。
死の家の鼠のメンバーであるが、ドストエフスキーには尊敬と従順の念の片鱗もない男で、彼曰く「ドストエフスキーも死の家の鼠も娯楽の為の道具だ!」と。
敦や芥川をバカにしたり、戦地から逃げたり、ゴンチャロフを囮に使ったり、捨て台詞を吐いたりと、もはや完全にクズキャラである。
芥川に一時捕縛され、情報を吐けと脅迫されるが、実は彼こそ武装探偵社とポートマフィアの「共喰い」抗争の元凶であり、ウイルス異能力者である。卑怯な手段を多々駆使し敦と芥川を苦しめながら逃亡する。そのまま逃亡して、振り切ったと思いきや・・・

出口には武装探偵社とポートマフィアのメンバーらが既に待ち構えており、プシュキンは絶句し、命乞いをして、自首するが、福沢諭吉と森鴎外のダブルパンチにダウン。今は多分いろいろと酷い目に合わされてることだろう。

諸悪の根源だから、どんな強いキャラだと思ったら、クズキャラであり、あっけない終わりを迎えた。


福沢曰く「幻夢の化身たるドストエフスキーと較べ、予測が容易過ぎる」とのこと。

当たり前だ。

異能力

能力名黒死病の時代の饗宴
解説死に至るウイルスを自在に操る異能力。ウイルスを同時に2名に感染させ、助かるためには48時間以内にどちらかの宿主がウイルス以外の理由で死ぬことにより解除されるかプシュキン自身が解除するしかないという異能力。ウイルスに感染すると高熱を発し、目眩などの全身症状に侵される。


名前の由来

文ストではこんな扱いになってしまっているが、史実のほうのアレクサンドル・プシュキン(プーシキンとも)は、(日本における坪内逍遥の様に)ロシア近代文学の先駆者という偉大なる人物。代表作は「スペードの女王」、「大尉の娘」など。ロシアで初めて口語文を使い、自国の国語学の改革を行い、ドストエフスキーやゴーリキーなどにも影響を与えている。

コメント