ピクシブ百科事典

プルシュカ

ぷるしゅか

プルシュカとは、つくしあきひとによるファンタジー漫画「メイドインアビス」の登場キャラクターである。
目次[非表示]

概要

深界五層の「前線基地(イドフロント)」に住む、「黎明卿」ボンドルドの娘。
ボンドルドと、その部下「祈手(アンブラハンズ)」、帽子の中に飼っている不思議な動物「メイナストイリム」ことメイニャと共にに暮らしている。
「プルシュカ」とはボンドルドに付けてもらった名前で、作中世界で『夜明けの花』を意味する単語から来ている。
だが彼女は生まれて一度もアビスから出たことはなく、夜明けがどんなものかを知らないらしい。

ボンドルドは自身とプルシュカとの間の「血は薄い」と語っているが……

人物像と劇中での活躍

活発で気の強いしっかり者で、強い冒険心の持ち主。
赤笛(探窟家見習い)でありながらアビス深層を目指したリコほどではないが、危険な箇所のある「前線基地」内の探検、ボンドルドの実験の手伝いなど、様々なことにチャレンジしている。
「前線基地」内でリコ達を丁寧に案内するなど面倒見もよく、おかげで「ボンドルドのアジト」ということで警戒していたリコ達3人ともすぐに打ち解けることができた。
ちなみに、三人が寝泊まりする部屋を掃除したのも彼女。

その後、「前線基地」のすべての扉が閉ざされている状態を不審に思って、姿を消したレグナナチの捜索を始めたリコと合流。上昇負荷による事故で傷を負っていたリコに応急処置を施し、彼女とともにレグナナチの捜索を行う。

その後レグとナナチを発見するものの、レグが「祈手」達によって解体されかけ右手を切り落とされた事を知る。「祈手」達を叱咤するプルシュカだが、この事がきっかけで3人は「前線基地」を離れてしまう。(一応、ナナチについてくるかどうか尋ねられてはいるが、プルシュカは責任を感じて留まることを選んでいる。)

その後、ボンドルドと共に現れるが……。

関連イラスト


一緒に
プルシュカ



関連項目


メイドインアビス ボンドルド





ここから先ネタバレ




























再登場後、プルシュカは程なくしてボンドルドによって眠らされ、そのまま彼の実験室へ連れ去られた。
そこでそれまでの子供たちと同じように手足、顎、一部を除いた内臓および骨のすべてを切除され、生きた呪い除け道具「カートリッジ」へと加工されてしまう。
同じく「カートリッジ」にされた子供ともども、プルシュカはボンドルドの上昇負荷回避実験に消費され、そのまま廃棄されそうになる。

しゅくふかぁ

pixivに投稿された作品 pixivで「プルシュカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276538

コメント