ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

作者は海野つなみ。「Kiss」(講談社)にて2012年12号から2013年6号、同年6月号から2017年2月号にかけて連載された。なお「Kiss」は2013年に月2回刊雑誌から月刊誌に転換している。
契約結婚を題材としており、2016年10月からテレビドラマが放送された。
パロディが至るところに用意されているのも見どころ。
ちなみにタイトルはハンガリーで有名なことわざを少し略したもの。正式には「逃げるは恥である。だからこそ役に立つ」

その後「Kiss」2019年3月号から2020年4月号まで再び連載された。平匡とみくりの新婚生活模様が描かれている。

あらすじ

大学院卒でありながら派遣切りによって職無しとなった森山みくりは、父親の紹介でかつて彼の部下であった津崎平匡の家で家事代行として働くことになる。ところがそんな中、みくりの両親が定年を機に田舎暮らしを宣言。現状維持を望む二人は就職としての結婚をすることとなるが・・・。

テレビドラマ

概要

2016年10月から12月にかけてTBS系列火曜22時台にて放送された。
出演は新垣結衣星野源ほか。

評判

視聴率は初回10.2%とTBS火曜10時枠としては初の2桁発進、そこから一度も数字を落とさず最終回では20.8%を記録した。ネットの拡散と共にどんどん視聴率を伸ばした近年稀に見るドラマと言えるだろう。ちなみにこの数字は関東地区のもの(ビデオリサーチ調べ)であり、地方では結構早い段階から、15%どころか20%に達した所もあった。
また、出演する星野の主題歌「恋」に合わせてキャストが踊るエンディング恋ダンスが話題となり、動画投稿サイト等でファンによる踊ってみた動画が多数投稿され社会現象となった。

再放送

その大ヒットを受け、TBSでは2017年12月31日に第1話から第8話まで、2018年1月1日に第9話から最終話まで再放送を行った。またそれ以外にも放送枠確保の上で後日再放送した局があるほか、毎日放送のように前半数話を年末に、後半数話を年明けに再放送した局もある。

その後、COVID-19の影響で「私の家政夫ナギサさん」の放送の目処が立たなくなった事を受け、2020年5月19日から2度目の再放送を、全系列局同時ネットで実施したものの、「ナギサさん」が7月から放送される事になったため、6月30日放送の第7話を持って打ち切らざるを得なくなった。そのため残り4話分に関しては、TBSでは7月4日と5日に2日連続・2話連続2時間枠という格好で消化したものの、系列局によっては平日のベルト帯(例えば昼4時台や夕方5時台)を使って4日連続放送で消化したり、臨時に週1の放送枠を、本来放送されている番組を1時間後ろに回すか番組そのものを休ませる措置を執ることでやりくりして設けた上で消化している。

パロディ・オマージュ

原作に倣い、パロディやオマージュがたくさん盛られている。特にTBSドラマスタッフが携わった過去の作品のパロディが多い。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』『Eテレ2355』『真田丸』がパロディの題材となったNHKは、朝の情報番組『あさイチ』でこのドラマをパロディで返している。作者の海野つなみが2016年12月19日放送の『あさイチ』にゲスト出演したほか、11月24日放送の『クローズアップ現代+』に原作が取り上げられた際にもインタビューに答えた。放送終了の翌年、『おんな城主直虎』の総集編の章タイトルの一つにこの作品名を起用した。

アニメにて

  • TBS系列の『アニメサタデー630』枠のアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』第65話にて、上田アズサの家に居候していたスザクが、アズサに「『大宮ラブストーリー』を全話見終わったんだけど、何かおすすめ無い?」と話しかける場面があるが、そこでアズサが勧めていたドラマは『逃げるは萩だが薬院大通』、略して『逃げ萩』だった(その際、作中のテレビ画面に映っていたのは「電車のシートに並んで座る男女」という、既視感漂う場面だったことも付け加えておく)。


関連項目

逃げ恥 恋ダンス 逃げ絵 ムズキュン
逃げるし、恥だし役立たず(実はこれも元ネタはTBSの番組)

外部リンク

講談社による原作単行本1巻の紹介
テレビドラマ公式サイト

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「逃げるは恥だが役に立つ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1734172

コメント