ピクシブ百科事典

ねほりんぱほりん

ねほりんぱほりん

NHKどうかしちゃったの?
目次[非表示]

概要

2016年10月にレギュラー放送開始。顔出しNGの様々な一般人をゲストに呼んでトークする番組。出演者からスタッフに至るまですべての人間が人形に変身してトークする。
MCはモグラ、ゲストは、スタッフはカエルに変身する。

強いて言うならばEテレが培ってきた素晴らしい人形劇の技術を最大限に無駄にした番組
番組構成は先にトークを収録してから、後でそれに合わせた人形劇を演じるアフレコならぬビフォレコで制作される。NHKでありながら社名もバンバン登場し、トーク内容もかなりゲスかつ生々しい。ゲスト豚の人形は複数のパターンがあり、ゲストの実際の衣装に合わせて豚の衣装も作られる。
インタビュー映像や再現VTRもすべて豚による人形劇である。公式サイトはかなりふざけている。この番組がなぜNHK、しかもEテレで放送されているのか謎でしかない。

ちなみにレギュラー化前は「ねほりんはほりん」という番組名だったが、同名の番組「ブラックマヨネーズのネホりん!ハホりん!」があることが発覚したため現在の番組名となった。
次回予告は「ねほりんぱほりん人間予報」というタイトルで、どこかで聴いたことのある歌によく似た歌が流れる。

番組にゲスト出演した占い師の予言通り2017年3月で終了。9月には総合テレビで特番として放送。さらに占い師の予言通り2017年秋にシーズン2の放送を開始。テレビ事情を考えれば占わなくてもだいたい想像がつく。
2018年3月にシーズン2が終了し、シーズン3でお会いしましょうとの挨拶の通り2018年10月にシーズン3の放送を開始した。番組制作が大変らしく、シーズン2以降は毎月1週目と2週目を新作を残りの週に再放送枠として放送する形式を取るようになった。

演出

ゲストにちなんだダシャレや、既存の社名や商品名を豚やモグラにちなんだものに変えたりといった演出が随所に仕込まれている。
例えば、


公式サイトの悪ふざけの数々

印刷して使えるものが多い。

  • 大人の絵描き歌
  • 偽装キラキラ女子になれるキラキラ女子メーカー
  • ねほりんぱほりん よいこのぬりえ
  • 印刷すれば本当に使えるオリジナル出生届
  • ネトゲ廃句を募集
  • 「六法豚書」などの擬態ブックカバー
  • ねほぱほキャラで架空のBL作品タイトルを考えるねほぱほ妄想CPグランプリ
  • パリピがノッていますステッカー

出演動物

ねほりん 山里亮太
ぱほりん YOU
ナレーション ウシ澤典夫(石澤典夫)
カエルD

ブタ その回のゲスト…何故ブタなのかというと、「ブタ」をひっくり返すと「タブ」=「タブー」であるかららしい。

シーズン毎の主なゲスト


パイロット版

シーズン1

シーズン2

シーズン3


余談

人形劇として再現シーンもあるが、かわいらしい動物の人形である反面やはり生々しさは隠しきれていなかったりする







そっくりさん

クルテクとねほりん (他人の空似)‥‥なのか?

関連タグ

NHK教育NHKの本気
香川照之の昆虫すごいぜ!担当プロデューサーが同じ大古滋久より

外部リンク

公式サイト
twitterアカウント

pixivに投稿された作品 pixivで「ねほりんぱほりん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48745

コメント