ピクシブ百科事典

ゴーストライター

ごーすとらいたー

ゴーストライターとは、名目上の作者とは別個に存在し、正体を隠して作品を代筆する人物のことである。
目次[非表示]

概要

本来、著作物の作者というものは「それを作った人」を指す言葉である。しかし、この場合「作者が著作物すべてを作ったわけではなく、ほかの人が作成したこともある」ということが多々発生する。そして、「ほかの人」が「名前を出さない」あるいは「協力アシスタント編集者として名前が挙がる(実はそれは名ばかりで作品の内容のほとんどを作成)」というばあい、こう呼ばれる。

本業の作家研究者作品のすべてをゴーストライターに代筆させるのは、盗作並みのタブーである(データマンと呼ばれるアシスタントライターが取材をしてまとめた下原稿を、作者が添削、再構成して最終的な著作とする形式が多い。仮に本職の作家が作品のすべてを代筆させた場合は、「著作」ではなく「監修」という形になる)。

また、文章を書くことを本業としない俳優アスリート経営者といった人々の作品を用意するにあたっては広く用いられているようである。

その他、放送業界や音楽業界など、ゴーストライターの活躍が噂される局面は数多い。しかし、これらの行為は公言できるような質の行為ではないため、表に出るケースは全体のごく一部である。

ウィキペディア「ゴーストライター」の項目で出典つきで挙げられている人物の中には超のつく有名人も含まれており、見た人は驚くかもしれない。

なぜ行われるか

 このような行為がなぜ行われるかに関しては、以下の状況が考えられる。

  • 著作者が多忙である 作者が有名になると仕事の発注が増え、大量の仕事を締め切りに間に合わせるため「仕事を手伝う人」というものが必要となってくる。場合によっては「名目上の作者はアイデア出し監修のみを行い、実際の取材、執筆作業はライターに丸投げ」という形式で行うことになる。
  • 著作者が能力的にできないことを代行する
文章を書くことが本業ではない人に原稿用紙数百枚分(単行本1冊分)の文章、しかも一般人が読むことを前提としたものを記述するということは苦行か拷問である。そのため、「作者のメモを再構成して清書」したり、「作者の話をもとに代筆」したりする人が必要となってくる。
  • 仕事の下請け
 無名な作者には仕事は来ないが、有名な作者には、仕事が断らなければいけないくらい来るものである。そこで、有名な作者が仕事を受け、無名な作者に丸投げしたり、双方納得の上で代作したりしてしまえば、双方ともにメリットがでる(有名作者は仕事を断らずに済み、無名作者は仕事ができる)。

問題

 著作物は「その人が行った」ということにより価値を持つ場合があるため、「別の人が作ったものでした」ということが分かった場合、(名目上の)著作者に傷がつく場合が存在する。
 また、(名目上の)著作者は、ゴーストライターの仕事に責任を取らなければならないことにも注意が必要である。
 これらの作業を行った場合、著作権の設定、金銭の問題や事実の公表など当事者同士きちんと契約を交わし、後に問題とならないようにしなければならない。

関連タグ

新垣隆 ネオン=ノストラード
ゴーストライダー - 一文字違いだがまったくの別物

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーストライター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155067

コメント