ピクシブ百科事典

ラブライカ

らぶらいか

ラブライカとは、TVアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』で結成された、新田美波とアナスタシアによるペアユニット。正式なユニット名表記は「LOVE LAIKA」だが、pixivタグとしては片仮名表記の「ラブライカ」が浸透している。ラブ=愛、ライカ=犬である。
目次[非表示]

儚い夜を乗りこえて あなたにとっての星になりたい

ラブライカ ロゴ


メンバー

新田美波(CV:洲崎綾
アナスタシア(CV:上坂すみれ

アニメ版の作中では臨時メンバーとして神崎蘭子が加わったエピソードも存在している(後述)。

概要

 ユニット名の由来は、新田美波が持つ愛と美の女神ヴィーナスのイメージから「LOVE」を、またロシアハーフのアナスタシアが天体観測を趣味としている事から、ソヴィエト時代にスプートニク2号で初めて宇宙へ行ったライカ犬から「LAIKA」を取り、合わせたもの。

 新田美波、アナスタシアの両者はアニメ版『アイドルマスターシンデレラガールズ』第2話にて、他のシンデレラプロジェクトのメンバーと共に登場。日本語に不慣れなアナスタシアをメンバー最年長である美波が何かと手助けしており、2人で一緒にいるシーンが多く描かれている。ユニット名が判明するまでの間、この2人のカップリングタグとして「新田ーニャ」が使用されていた。

 第4話のラストでこの2人が正式にユニットを組むことが決まり、ニュージェネレーションズと共にシンデレラプロジェクトのユニットデビュー第1弾のメンバーとなる。第6話にて初ライブとなるCD発売記念ミニライブに臨み、続く第7話ではデビュー直後ながらテレビ番組への出演が2つ決定しているなど、プロデューサーの尽力もあり順調にキャリアを積んでいる事が窺える。 

 デビュー曲は『Memories』。この曲は『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 02』として2015年3月18日に発売された。
 CDに収録されている『マジックアワー』では『Memories』の宣伝として二回目のラジオ出演を果たしているが、二人が凄まじいまでのイチャイチャぶりを聞かせてくれるファン必聴の内容となっている。時系列としては6話の前。

 第12話の合宿エピソードでは、美波の発案でユニット対抗競技大会を行うこととなり、人数合わせのため、ラブライカに神崎蘭子を加えた3人組のチームが組まれることになる。即席チームであるためにチームワークの面で苦戦するものの、他のプロジェクトメンバーから声援を受け、無事に3人は競技をやり抜くことができた。このエピソードで発揮された美波のリーダーシップがメンバー全員に支持され、美波は来るべきサマーフェスライブに向けて、シンデレラプロジェクトのリーダーに任命されることとなる。

 しかしフェスの様子を描いた第13話では、本番前に美波が体調不良でダウンし、ラブライカがステージに立てるかどうかの瀬戸際となった。そこへ蘭子が美波の代役として立候補。蘭子とアナスタシアによるその日限りのユニット(通称ラブランコ)で『Memories』が披露され、別室の美波たちが見守る中、ライブは無事成功する。前話での合宿での関わりが一種の伏線となっていたと言えるだろう(このコンビは原作ゲームで行われた第2回シンデレラガール選抜総選挙で1位と2位を獲得した2人でもある)。ほどなくして美波も回復し、プロジェクトの全体曲に参加。感極まってか涙を流す彼女に、アナスタシアと蘭子が寄り添う様子も描かれた。

 1st season終了後も、『マジックアワー』にて二人でのお買い物デートについて話すなど、ラブラブぶりを見せつけていたが、2nd seasonに入って第20話ではアナスタシアがプロジェクトクローネへの参加を表明。当分の間はクローネでの活動とラブライカとしての活動を両立することとなる。
 第21話ではそれに伴い、美波もソロ活動の開始を表明。秋フェスにはソロでの参加が決定するが、ラブライカ名義は外していない。
 第22話の秋フェスでは、アナスタシアが新曲『Nebula Sky』を、美波が『ヴィーナスシンドローム』を引っさげて登場。舞台裏では活動はバラバラでも、気持ちはつながっているところを見せた。

 視聴者や原作プロデューサーとして見ればふたりの絆は明らかなのだが、アニメ作中のファンにとっては夏フェスの『美波がドタキャンして代わりに蘭子が入ってMemoriesを歌唱、美波はなぜか全体曲には参加』を皮切りに秋フェスで2人ともソロ、舞踏会でもユニット活動はせず全体曲でのみ共演……という不仲説が週刊誌を賑わせて胃が痛くなりそうな展開になっている。
 余談だがシンデレラプロジェクトのユニット中で唯一EDを歌唱していない。

原作ゲームでの関わり

 2015年当時は原作ゲームでは、アニメとは対照的にこの2人の絡みが(ドラマCDで少々触れられている以外では)ほとんど描かれておらず、アニメによって交友関係が掘り下げられたカップリングの一つとなっている。
 その後の歴史や活発な二次創作の影響により、346アニメのオリジナルユニットというよりもあまたあるシンデレラガールズのユニットの一つがアニメで初出したといった方が近いのかも知れない。

 作中ではアニメから逆輸入する形で第10回アイドルLIVEロワイヤルに、スペシャルゲストLIVEのユニットとして登場した。この際、両者のカードはフライデーナイトフィーバーキャンペーンで提供されたSR+[ラブライカ]が使用されていたが、美波の[ラブライカ]はこの時点では未提供であった。
 当初はゲームでのユニット名表記が「Love LAIKA」になっており、NO MAKEやサウンドブースにもこの表記で記載されていた(後にNO MAKEとサウンドブースは「LOVE LAIKA」表記に修正されている)。
 フライデーナイトフィーバーキャンペーンでは2015年2月7日からの週でSR+[ラブライカ]アナスタシア、14日からの週でぷち衣装「ピュアホワイトメモリーズ・アナスタシア」、21日からの週でSR+[ラブライカ]美波がそれぞれプレゼントされラブライカ攻勢の一ヶ月だった。

 特定のアイドルを同時にフロントに置いた時にランダムで発生する『アイドルトーク』は存在しない。ついでに「ピュアホワイトメモリーズ・美波」も存在しない(ぷち衣装レベルならどちらも同じデザインだと云えるが)。

 アナスタシアの担当声優である上坂すみれは時々自身のラジオ等で一人ラブライカを披露しているが、美波を再現しようとするとアーニャが冷酷な奴になると発言している。
その後、スターライトステージの『シンデレラガールズ劇場わいど☆』で美波が大貧民の罰ゲーム「美波☆モノマネオンステージ!」でアナスタシアのモノマネを披露している。おそらく最初にしたのがアナスタシアの真似だと思われる。

 2016年12月と2017年1月の月末ガチャはそれぞれ「雪梅の羽衣」アナスタシアと「スイートグラティチュード」美波が連続して登場し久しぶりにラブライカの絆を見せつけた。

 第6回シンデレラガール総選挙では中間結果でふたりとも影も形もなかったため、よもや圏外落ちかと心配されていたが、最終結果は美波36位のアナスタシア39位と無事、それも近い位置で圏内入りを果たした。
 6周年記念アンケートの「好きなユニット」部門では26位。担当アイドル部門では美波が21位、アナスタシアが29位だった。
 ユニットからクリスマスケーキを受け取ることになった2017年のクリスマスイベントではアニメ初出ユニットとして唯一選出された。構成人数など種々の理由は考えられるものの新田美波にとっては選出された唯一のユニットでもある。
 第7回シンデレラガール総選挙ではアナスタシア21位、美波28位。ちなみにアナスタシアの票数は秘匿されているが前後の票数が属性内順位の都合でわかっているため589,166>X>566,336である。

スターライトステージ

 Memoriesが配信開始時からゲーム内マニーでの購入曲として実装されている。

 スターライトステージではカードイラストが大型化した影響かカードイラストに他のアイドルが描かれる事が増えたのだが、美波のノーブルヴィーナス特訓前でアナスタシアがコラっぽく美波を見つめている。

 2017年秋のシンデレラフェスでアナスタシアがフェス限定SSR『極光のしらべ』で登場した直後、入れ替わりで開始した速水奏の『ミスティック・ドーン』特訓前には奏と一緒に温泉に入る美波の姿が。そして上記ノーブルヴィーナスよろしく美波の風呂を覗くアーニャのネタが発生したのであった。

 山手線広告企画では2015年冬期に大崎駅で揃い踏みし、冬コミ参加者の目を楽しませた。
 美波はノーブルヴィーナス特訓後、アナスタシアはクリスタルスノー特訓後が選ばれた。
 ただしアナスタシアは下りエスカレーター乗り口脇で立ち止まって眺める事が出来ず、美波はそのエスカレーターを降りてホームを逆方向に進んだ位置に配置されており、また車両が来ると隠れてしまうという地味な罠の仕込まれた仕様であった。

 LIVEGrooveは全属性を含む属性一つから無作為に選ばれた3曲をプレイするイベントだが、ラブライカはクール単一属性で、構成員全員に個人曲が存在し、ユニット曲が存在する2人ユニットなので、個人曲×2+ユニット曲という選曲結果に絆を感じてよろこぶ遊び方が出来る。単色トリオで個人曲×3を狙えるユニットはいくつかあるが、個人曲とユニット曲で組めるのは稀有。

2018年最後のキャンペーン『今年もプロデュースお疲れ様でした!』のキャンペーン画面ででウォーミング・ハートアナスタシアとノーブルヴィーナス美波が並んだ。

ゴールデンウィークには『生存本能ヴァルキュリア』『Nothing_but_You』『桜の風』『無重力シャトル』となぜかラブライカメンバーが参加している曲のLIVE Grooveイベントが開催される事が多く、というか2019年現在皆勤である。

シンデレラガールズ劇場

 2018年5月19日現在モバゲー内の『シンデレラガールズ劇場』には二人が両方登場する回はない。
 スターライトステージの1コマ劇場では美波がアナスタシアに日本語を能く教えるためロシア語を勉強する事態に川島瑞樹が首を傾げている回や蘭子語とロシア語が危険な混ざり方をしている会で共演。
 アニメ版ではシーズン3の放送前記事でレイ・ディスタンスとともに登場。ピンナップ(や店舗購入特典)にもなったイラストはウェディングドレス姿の4人で、ラブライカとレイ・ディスタンスの合同結婚式であるとCoPを中心に話題に盛り上がった。ちなみにラブライカとレイ・ディスタンスでそれぞれデザインが揃えられており乱婚というわけではなさそうである。また、この世界でもLOVE LAIKAを組んでいる事が明言されており関係図では両矢印で「頼れるパートナー」となっている。
第4期CLIMAX SEASONに合わせたデイリーヤマザキの『春らんまんキャンペーン』の景品ポスターでも二人並んでおり相も変わらぬ仲の良さを見せた。

LIVE

 6thLIVEMERRY-GO-ROUNDOME!!!ではMemoriesを披露、ついに実現した徹頭徹尾純粋ラブライカのMemoriesに担当達は酔い痴れた。
 また、朗読劇コーナーでは海エリア前に登場、誰かに『サメ映画では可愛い子から襲われる』と入れ知恵されて『ミナミは可愛いです』と美波を守護るために浮き輪を買ってくるアナスタシアと、可愛いと言われて照れながらもよろこびを隠せない美波の一幕が描かれた。
 これに合わせて開催された西武線スタンプラリーではふたり揃って鷺ノ宮駅に設置された。(「あの」鷲宮ではない)
 同駅には「しんげき」記事で自分は楓とよろしくやりながらラブライカのふたりを見守っていた川島瑞樹も配置された。また、駅名からイメージされる鷺沢文香もラブライカのふたりとは縁深いアイドルであるというクールエリア。

LITTLE STARS!

 アニメシンデレラガールズ劇場2期主題歌クール版『秋めいてDing_Dong_Dang!』歌唱メンバーにふたりとも選出されている。ちなみに他のメンバーは佐々木千枝速水奏北条加蓮

グランブルーファンタジー

 コラボイベントシンデレラファンタジーでアナスタシアが6弾、美波が7弾でそれぞれ登場して共演している。
 美波は奥義の追加効果でクリティカル率上昇、1アビで味方水属性攻撃上昇、2アビで連続攻撃率上昇、3アビで敵水属性防御減少と水属性支援に特化しているが、通常攻撃に水属性の追撃を付けて殴るアナスタシアとの相性が非常に良い。もちろん掛け合いも存在する。
 イベントシナリオでは美波がけっこう大変な事になっているが、幸か不幸かアナスタシアは同シナリオ内には全く登場しないので見られたくない姿を見られたかどうかはプレイヤーのご想像におまかせします。

関連イラスト

ラブライカ♡
ラブライカ


寿引退の準備も出来ている
シンステ新刊 みなみの季節



もしかして

→ ラブライブ!

ラブライカ!
「ブ」と「カ」の区別がつかなくなったNITTA先輩。
→ ゼブライカ
ゼラブライカ
→ ラブカ イカ

関連タグ


関連リンク

ラブライカとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

シンデレラプロジェクト しんでれらぷろじぇくと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラブライカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15948871

コメント