ピクシブ百科事典

サメ映画

さめえいが

サメ映画とは、サメが恐怖の対象として登場する映画のこと。動物パニックムービーの元祖にして1ジャンル。スピルバーグ監督作品の「ジョーズ」が世界的に有名。その一方ではイロモノも多い謎ジャンルでもある。
目次[非表示]

概要

狭義的には「サメを題材とした映画」であるが、広義的には「サメが登場する映画」であり、更に広義的で身も蓋もない言い方をすれば「タイトルにシャークジョーズが使われパッケージにサメがいて本編で1秒でもサメが出ていればそれはサメ映画」である。

サメ映画と言えばほとんどの人がまず思い浮かべるのが、1975年の「JAWS」だろう。ジュラシックパークや宇宙戦争などで有名なスティーブン・スピルバーグが制作したこの映画は世界中で大ヒット。ホオジロザメを「人食い鮫」というモンスターに変身させ、「動物パニックムービー」という新たなジャンルを打ち立てた。

  • おかげで世界中の罪もないサメが危険生物と誤解され、絶滅を危惧されるまでに殺されるという憂き目にあった。詳細はリンク先の余談を参照。

恐怖映画といえば、それまでは吸血鬼フランケンシュタインゾンビなどの想像上のモンスターの出現による殺戮と恐怖を描いたものが多かった。これらはどれだけ怖くても「結局は実在しないしねー」で笑い飛ばせる、ある意味安心して物語を楽しめる存在だった。
ところがサメは実在する生物である。そのため人が容赦なくサメに食われ、肉体を失う残酷な描写は生々しく、肌身にしみる恐ろしさがあった。さらに、人的被害を防ぐために一刻も早く規制や対策を行いたい主人公(警察署長)側と、観光地としてのイメージダウンを避けるべく問題を隠匿し、何事も無く穏便に済ませたい自治体(市長)側のドロドロで生々しい動向、そして両者がゴタゴタしている間に犠牲者が次々と増えていく状況は、あまりにもリアルだった。

身近な存在によってパニックが引き起こされる映画といえば、1965年作の「」があげられる。「鳥」は「身近で無害と思っていたものが、急に牙をむく恐怖」だったが、ジョーズの恐ろしさは「明らかに肉食で危険な生物が、意図的に人間に襲いかかる」ところにあった。
なおかつ、ジョーズにはモデルとなった実際の事件があり、サメ自体の洗練されたデザインと生態、捕食に特化したその身体能力という要素も手伝って、実在する恐怖の象徴として確固たる地位を獲得した。

この映画のスーパーヒットにより、以降二匹目のドジョウならぬ二匹目のサメをあてこんだB級・C級の動物パニックムービーが雨後の筍のように生えまくることになる。中には恐怖映画としてそれなりのクオリティを出したものもあったが、多くはモノを置き換えただけの駄作であった。「ジョーズ」自体も続編が作られるものの1作目の衝撃を乗り越えることはできず、しまいにはラジー賞に輝く始末で、その音楽やシークェンスは次第にネタとして扱われるようになっていく。

その中にあって、1999年に公開された「ディープ・ブルー(Deep Blue Sea)」は、人間並みに狡猾になったサメと、圧倒的不利な状況での脱出を試みる人間の攻防を綿密に描き、サメ映画・動物パニックムービーとして久々の高評価を得た。
「特殊な施設で病気の治療研究のためサメを遺伝子操作し、サメの知能を高めた結果ものの見事に反逆された」という斬新な題材、人物の軽重を問わず一人また一人と食われていく贅沢な描写、地の利を完全に得たサメの暴れっぷりは観客の大喝采を浴びた。「ディープ・ブルー」は名作として語り継がれ、新作として2018年にリメイクされる程のコアな人気を獲得した。

これに対し、2003年の「オープン・ウォーター」は、見渡せど陸地はなく誰一人いない海のど真ん中で、観光客夫婦がたった二人置き去りにされ、じわじわと迫りくる死を味わうという静かでリアルな恐ろしさが話題となった。
この映画は、グレートバリアリーフのダイビングツアー観光船が沖合から港に戻った後、レンタル用のダイビング装備が2つ足り無いことが発覚し、しかも名簿上ではいるはずの夫妻の姿がどこにも見当たらなかった……という、世にも恐ろしい実話が基になっている。
  • 夫妻はそのまま行方不明として処理されたが、この事件には保険金詐欺の疑惑も囁かれている。
そして物語の中で、死の象徴、絶望の対象として使われたのがサメだった。

このようにサメ映画と口にする場合、思い浮かぶのは人が普段意識もしない被捕食者の立場となり、サメに食われる絶望感を描いた恐怖映画なのだが……


サメ映画=地雷?

アサイラムと言う罠

サメ映画はなんといっても地雷が多い
その理由としてはZ級映画や名作映画に似たタイトルを付けて騙す「モックバスター」映画を手がけるアサイラム社がよく題材として利用し、制作した作品が多いため。

  • アサイラム以外が作ったとしても地雷が多く、またイメージと違うサメの使われ方をして「映画として見れば良い作品だが、サメ映画として見たら駄作」と評されてしまう作品も多い。先述のオープン・ウォーターも表紙やあらすじにはサメをメインに掲げているが、実際は「逃げ場の無い海のど真ん中に置き去りにされる恐怖」が主題のため、JAWSのような「サメを主題とした恐怖」を期待した人からはこう評される可能性がある。
何故アサイラム社だとダメなのかというと、とにかくこの会社は「低予算かつ短時間の撮影・制作による質より数」を重視するため。そのため、一度使ったフィルムや社内にある資料映像を他の映画で流用することもザラであり、中にはタイトルを変えただけで内容は全部同じという事もある。
だがアサイラムは「数」で勝負の会社であり、かつサメ映画だけを撮っているワケではない。しかしその「数の中」にサメ映画がいくつも入る上、掛ける予算や時間はまともな制作会社の何十分の一。そして、そもそもサメ映画の市場自体がニッチなためにまっとうな会社による作品数が少なく、結果的にサメ映画のコーナーにはアサイラム製がズラリと並ぶ…というワケである。

そのため、JAWSやサメ映画の中でも名作と名高い「ディープ・ブルー」のクオリティを期待してサメが表紙の映画を手に取ると…
「中身の無い会話」
「破綻したシナリオ」
「盛り上がりに欠ける演出」
「基本的に喧嘩ばかり」
「チープなCG」
「無駄に凝ったのはゴア描写だけ」
「そしてサメの出演時間は上映時間90分中1分も無い」 
という地獄を味わうことになり、心に傷を負ったまま借りたビデオをTUTAYAに返却するか、買ったディスクを叩き割ることになる。

しかし「元々サメ映画なんてそんなもん」と割り切ってしまえば、別の楽しみ方もできるというものである。飲み物とお菓子を用意し、友人と演出やシナリオの粗を探してツッコミを入れつつ観れば、これはこれで案外面白いと感じることだろう。もしかしたら大爆笑の連続でストレス解消し、なんだかさわやかな気持ちで眠りにつけるかもしれない。
このように「一般的な映画の楽しみ方から逸脱した映画の楽しみ方」をすることで、逆に普通に映画を観るよりも楽しめる作品も希に存在するのである。
  • C級以下の映画の楽しみ方として、ややスレた映画マニアにはおなじみの方法である。
また、アサイラム側もたまに本気を出すときがあり、内容はともかくコンセプトだけでニッチで強固な人気を獲得した「シャークトパス」や、一作目で味を占めた後少しずつ本気をだしてクオリティが上がっていった「メガシャークVS」シリーズ、内容もコンセプトも完璧でTwitterのサメ映画界隈などのニッチ市場に大受けシリーズ化し5作も作られ、映画のデップーにすら言及された伝説の「シャークネード」を産み出す等、中々侮れない部分もある。一概に「アサイラムのサメ映画=クソ映画」という図式に納めることはできないのだ。
事実、映画専門チャンネルである「ムービープラス」ではアサイラム製のサメ映画を取り扱った特集「アサイラム・アワー」を組んだ事もある。その人気はニッチであるが強固で大きな市場であり、それだからこそアサイラムが大量にサメ映画を作る理由でもある。

とはいえ、「サメが出てくる→驚異であるサメに立ち向かう or 為す術も無く命を奪われる」という構図は、オープン・ウォーターとJAWSという完成形が世に出てしまった時点で、後は何を作ってもそれらに似通った内容になってしまう。似通ったとしてもコンセプトや演出で負けずとも劣らない傑作を生み出す事もできるが、アサイラムには、この部分を意識して上手くサメ映画を撮る技術も金も、ましてや時間なんて欠片も無いわけである。

ならばどうするか

サメを幽霊にしたり、サメを悪魔にしたり、サメに核を搭載したり、サメをメカにしたり、サメにタコを組み合わせたり、なんだかんだメガロドンをとりあえず出して一呑みしてもらったり、サメを伴う低気圧を発生させたりと、サメ自体にとんでもなく濃い味付けをするのである。
そのせいで最近はもう「サメ映画と銘打っておきながら、出てくるのはもはやサメをベースにしただけのただのクリーチャー」というものが少なくないのも事実だったりする。
  • だから身も蓋もない広義的なサメ映画の定義がアレなのである。
だが、その味付けの中で奇跡的に調合に成功したのが上述の「メガ・シャークVS」シリーズ、「シャークトパス」シリーズ、そして「シャークネード」なのである。

かくしてアサイラムがあの手この手でサメを魔改造して新作を出し、まっとうな会社はサメ映画なんかに見向きもせず、コミックヒーローの実写化に力をいれていく。
おかげで”サメ映画”は「サメという驚異に恐怖する」のでは無く「サメが驚異的な魔改造を施され(たまに)暴れ回る姿に戦慄する」映画というジャンルに一大変遷を遂げたのである。ただしアサイラムの(モックバスターとして似た題名のタイトルのDVD/BDを本家の円盤発売前に出して騙すという)売り方的に、映画と銘打ってはいるがこれらの作品が実際に銀幕を飾る事はまず無かった。

このように、パニック映画からイロモノ映画へと変遷を遂げたサメ映画ジャンルだが、そんな中でも正統派なサメパニック映画として久方ぶりにサメ映画で銀幕を飾るのが2018年公開予定のMEG ザ・モンスターである。この映画もキャスティングのせいでイロモノ枠に片足を突っ込んではいるが、逆の見方をすればそれによって、昔と今のサメ映画の流れが混じり合う大海流となった作品を観る事が出来るチャンスだとも言える。


代表作


アサイラム製で有名なもの

  • ジュラシック・ジョーズ(シャーク)
  • メガ・シャークVSメガ・オクトパス(シリーズ、続編は相手がワニ・メカ・巨人と続く)
  • ゴースト・シャーク
  • アイス・シャーク
  • シャーク・ウィーク
  • シン・ジョーズ
  • シャーク・ナイト
  • シャーク・アタック!!(スッパシャ!!)
  • ダブルヘッド・ジョーズ(続編が作られる度に頭が増える)
  • シャークトパス(シリーズ)
  • シャークネード(第5作までシリーズが作られる名作)





関連タグ

映画 パニック映画 ホラー映画

サメ


B級映画 Z級映画 クソ映画

pixivに投稿された作品 pixivで「サメ映画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38148

コメント