ピクシブ百科事典

Z級映画

えいがのようでえいがでないすこしえいがっぽいなにか

Z級映画、それは映画として最底辺の等級を与えられた映画。
目次[非表示]

概要

物事をABCD…といった具合に等級を付けていく手法を映画にも取り入れた際、「映画なのかどうかも疑わしい」という最低等級として付けられる称号。

別項のクソ映画とほぼ同義の言葉であるが、この場合は“低予算かつ超少数での制作体制”に合わせて“出演俳優はほぼ新人か素人で演技が拙い”“演出や画面効果がショボくて映えない”“シナリオが意味不明な超展開のオンパレード”などなど、とにかく作品全体における基本的なクオリティ自体が低いのが傍から見て丸わかりなものがそうだと見做されやすい(無論例外は多数ある)。

中には最近ヒットした話題作やかつての人気作のパロディおよびそれのパクリのようなコンセプトの作品がちらほら見られるのも特徴(例:『アイアンマン』→『メタルマン』など)。

とは言え、「あくまでネタとして」ハードルを下げる意味で付けられることも多く「存在さえ許せない!!」「外道!お前らこそ悪魔だ!!」などと強烈に罵られるようなケースはそこまで多くない…はずである。また、公的な機関が格付けをしてくれるわけではないので、人によって「Z級映画」に分類される映画は異なる(所詮は好き嫌い)

例えばエド・ウッド作品は、某動画サイトの大百科Z級映画に分類しているが、この記事の初版においては「エド・ウッド作品はD級相当である」との記載があった。自分がZ級だと思っていないものを誰かがZ級だと言っていたり、逆に自分がZ級だと思っているものを誰かがZ級でないと断じることは普通にありえることである。

「Z級」の称号はあくまでネタであると割りきり、他人の反応について柔軟に受け止める姿勢が大事であろう。なお、実際にAから順番に付けていって最後のZまで行き着いたわけではなく「最低」「最悪」として一番最後の字を当てただけなので、X級やY級映画というものはまず聞かない。

楽しみ方

「Z級」の捉え方による。
先述のエド・ウッド作品などは、一般人から見ればひどい駄作でしかなく、「これは糞のような映画ではない。映画のような糞だ」と酷評されたこともあるほどだが、ティム・バートンデヴィッド・リンチサム・ライミクエンティン・タランティーノがファンを公言しており、ごく一部でカルト的な人気を誇る。こういった作品に関して言えば、人を選ぶというだけで、「楽しむ」ことは決して不可能ではない(困難であるだけ)。

しかしそんなカルト的な人気すらも持つことができないトンデモ作品もまた存在する。ここまでのレベルに来ると、視聴者の態度は「見ることを途中でやめる」か「ネタとして叩きながら(文句をつけながら)見続ける」か「ネタにすることも放棄し自分を虐めるため、もしくは地獄を体感するためにあえて見続ける」ぐらいしかなくなってしまう。こうなると、もはや正常な楽しみ方とは言いがたくなり、粗探し目的の愉快犯苦行を自分から求める変態しか楽しめない映画ということになるだろう。

どこまでをZ級と捉えるか、そしてどのような「楽しみ方」を選択するかはあなた次第である。

Z級と称される作品

加筆・修正大歓迎です。ただし、他の作品のレベルと比べ「本当にZ級と呼べるか」よく考えてから入れること。


キャッチコピーとしてのZ級映画

近年のジャンル分けとして、ゾンビ映画を指して「Z級エンターテイメント」「Z映画」などと表記する場合もある。

関連タグ

黒歴史 原作レイプ サメ映画

pixivに投稿された作品 pixivで「Z級映画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3657

コメント