ピクシブ百科事典

アメリ(映画)

あめり

『アメリ』(Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain)とは、2001年に公開されたジャン=ピエール・ジュネ監督のフランス映画。
目次[非表示]

あらすじ

1973年9月3日午後6時28分32秒、一つの卵子に精子が到達し、その9ヵ月後にアメリ・プーランが生まれた。
両親は厳格かつ冷淡な人物で、アメリはろくにかまってもらえなかった。元軍医の父親が娘を検診をしたとき、珍しく触れてもらえたことからアメリの心臓はバクバク鳴り出し、それで父親は娘が心臓病だと勘違いした。アメリは学校に行かせてもらえず、元教師の母親に勉強を習った。
人との接し方がわからないアメリは、空想の世界に生きるようになっていく。
22歳になるころには、母親は事故で他界。父親が一人暮らす実家を離れ、モンマルトルにある《ドゥ・ムーラン》というカフェウェイトレスをしていた。

1997年8月31日、ダイアナ妃の事故死のニュースを見た拍子に、ふとアパートで小さな箱を発見する。それは以前の住人が子供のころに隠した宝箱だった。
アメリは持ち主を探し出し、本人には会わず、そっと返した。感涙する持ち主を物陰から見ていたアメリは、これを機に周囲の人を幸せにするいたずらを仕掛けていく。
そんなアメリもをした。相手はニノ・カンカンポワという、証明写真の写り損じを収集する不思議な青年だった。

概要

原題は「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意。
美しいパリ風景と、それを取り巻くおかしな人々、ファンシーなインテリア、ブラックユーモアによる独特の世界観が魅力のコメディであり、ラブロマンスである。
フランスをはじめ、世界中で社会現象になった大ヒット作。

アメリ+映画」で検索するとアメリカと名の付く映画ばかり出るので推奨できない。主演女優(オドレイ・トトゥ)の名で検索したほうが早いかもしれない。

キャスト

役名配役日本語吹き替え
アメリ・プーランオドレイ・トトゥ林原めぐみ
ニノ・カンカンポワマチュー・カソヴィッツ宮本充
レイモンセルジュ・マーリン小林恭治
リュシアンジャメル・ドゥブーズ根本泰彦
マドレーヌヨランド・モロー池田昌子
シュザンヌクレア・モーリア木村有里
ジョゼフドミニク・ピノン内田直哉
ジーナクロディルデ・モレ定岡小百合
プーランリュファス池田勝
ジョルジェットイザベル・ナンティ銀粉蝶
イボリトアータス・デ・ペンクアン原康義
ナレーションアンドレ・デュソリエ野沢那智


スタッフ

監督 - ジャン=ピエール・ジュネ
脚本 - ジャン=ピエール・ジュネ / ギヨーム・ローラン
製作 - クロディー・オサール
音楽 - ヤン・ティルセン
撮影 - ブリュノ・デルボネル
編集 - ハーヴ・シュナイド
配給 - UGC(フランス) / アルバトロス(日本)

データ

公開 - 2001年4月25日(フランス) / 2001年11月17日(日本)
上映時間 - 122分
製作国 - フランス
言語 - フランス語

関連タグ

映画 / 洋画 / フランス映画 / 映画の一覧

外部リンク

アメリ - Wikipedia
アメリ - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「アメリ(映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2696

コメント