ピクシブ百科事典

最強のふたり

さいきょうのふたり

2011年のフランス映画。実話を基に、首から下が麻痺した大富豪と、その介護人となった黒人青年が真の友情を育んでいく姿を描く。
目次[非表示]

概要

『最強のふたり』(原題: Intouchables)は、2011年のフランス映画。
実話を基に、頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに、ときに感動的に描いたヒューマンドラマ。

ストーリー

パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった大富豪のフィリップ(演:フランソワ・クリュゼ、吹替:小川真司)。
彼の新しい介護人募集の面接にやって来たスラム街の黒人青年ドリス(演:オマール・シー、吹替:菅原正志)。
彼の目的は、失業手当をもらうための不採用の証明書だった。
周囲の憐れみの同情と腫れ物に触るような態度に辟易していたフィリップは、そんなドリスのふてぶてしい態度に興味を抱き、思いつきで採用してしまう。
クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ── 趣味や生活習慣にいたるまで互いが歩んできた世界はまるで水と油。
いつまで持つかと思われたが、障がい者相手にも遠慮することなく本音で接するドリスは、他の誰よりもフィリップの心を解きほぐし、いつしか2人は固い絆で結ばれていく。

関連動画


関連タグ

フランス映画

pixivに投稿された作品 pixivで「最強のふたり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6963

コメント