ピクシブ百科事典

エコール

えこーる

『エコール』(Innocence)とは、2004年に制作されたルシール・アザリロヴィック監督の映画。
目次[非表示]

誘導

  1. 機動戦士Ζガンダム』の漫画エコール・デュ・シエル
  2. 日本ゲームメーカー。『デスクリムゾン』で有名→エコールソフトウェア

あらすじ

どことも知れないの中、少女たちの暮らす屋敷があった。
全寮制の学校のようだが、習うのはバレエ生物学だけ。男性はおらず、大人女性がわずかにいるのみだった。
そして、外に出ることは規則により禁じられていた。少女たちは外への好奇心を募らせるが、生きて帰ってきた者はいない。外との接点があるのは、地下にある劇場でのバレエの発表会のみ。
そんな少女たちにも、やがて卒業のときがやってくる。

概要

ドイツの劇作家フランク・ヴェデキントが記した小説『ミネハハ』が原作
フランスの女性監督ルシール・アザリロヴィックの初長編作品となる。

原題は『Innocence(無垢)』だったが、日本ではアニメ映画の『イノセンス』と被ることで『École(学校)』の邦題がつけられた。

キャスト

イリス - ゾエ・オークレール
ビアンカ - ベランジェール・オーブルージュ
アリス - リア・ブライダロリ
エヴァ - マリオン・コティヤール
エディス - エレーヌ・ドゥ・フジュロール

スタッフ

監督・脚本 - ルシール・アザリロヴィック
原作 - フランク・ヴェデキント
製作 - パトリック・ソベルマン
音楽 - リチャード・クック
撮影 - ブノア・デビエ
編集 - アダム・フィンチ
配給 - キネティック

データ

公開 - 2005年1月15日(フランス) / 2006年11月4日(日本)
上映時間 - 121分
製作国 - ベルギー / フランス / イギリス / 日本
言語 - フランス語

関連タグ

映画 / 洋画 / フランス映画 / 映画の一覧
少女

外部リンク

エコール (映画) - Wikipedia
エコール - allcinema

pixivに投稿された作品 pixivで「エコール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132147

コメント