ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

エコールソフトウェア』とは日本のゲーム会社。
もともとはCADの開発を行っており、現在もそちらが本業である。

1995年、セガサターンのパズルゲーム『ぱっぱらぱおーん』でコンシューマゲームに参入。
「宇宙初のゲーム」と大見得を切ったものの、ぷよぷよと大して変わらない陳腐な内容であり、また音声を社長自ら吹き込んだことで、演出的にも微妙な出来になってしまった。

そして1996年、『デスクリムゾン』を発表。「最下位帝王」「キングオブクソゲー」と評される出来の悪さでゲーム史にその名を刻みこんだ。
望まぬ形で名が広まったことに一時期は困惑していたものの、次第に態度を軟化させ、自らネタにするようになる。

現在はアーケードゲームの家庭用移植も手掛けており、『MELTY BLOOD』シリーズ(Act Cadenza以降)で有名。
他の作品は『せがた三四郎 真剣遊戯』『ムサピィのチョコマーカー』『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』『UNDER NIGHT IN-BIRTH』など。

2018年、アニメ版ポプテピピック最終12話のPOP TEAM 8BITのデスクリムゾンパロディにおいてなんと協力していた事が判明。
クソアニメにクソゲーという謎のコラボレーションを果たしてしまった。

余談

現在は旧サイトのドメイン「http://www.ecole.co.jp/」を鳥取県の学習塾エコール鳥取が買収した。

外部リンク

公式サイト
エコールソフトウェア - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「エコールソフトウェア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94

コメント