ピクシブ百科事典

クエンティン・タランティーノ

くえんてぃんたらんてぃーの

クエンティン・ジェローム・タランティーノ (Quentin Jerome Tarantino) は、アメリカの映画監督、脚本家、俳優であり、世界有数の映画バカ。
目次[非表示]

概要

1963年3月27日、テネシー州ノックスビルで、イタリア系アメリカ人の父と、アイルランド系アメリカ人でインディアンチェロキー族の血も引いていた母との間に生まれる。
母子家庭で、幼少期から母と映画を観る日々を送っていた。16歳のときに劇団に入り、俳優として経験を積む。22歳でレンタルビデオ店員となり、古今東西の映画を観まくる。
映画プロデューサーのローレンス・ベンダーに薦められて脚本を書くようになり、『レザボア・ドッグス』(1992年)で監督・脚本デビュー。
続く二作目の『パルプ・フィクション』(1994年)で、アカデミー賞脚本賞、カンヌ国際映画祭パルム・ドール(最高賞)の栄冠に輝き、映画界の寵児と称された。

監督作品には自らの愛してやまない映画のオマージュをちりばめており、それらを探すのも観客の楽しみになっている。暴力描写は過激で、だいたい人がたくさん死ぬ。
日本映画では深作欣二、石井輝男、三池崇史の監督作品、女優は梶芽衣子らを好む。

記者会見など公の場でハイテンション且つハッちゃけたことをよくするためか、アホの子、キチガイと呼ばれることも。

作風

デビュー当時から一貫して、バイオレンス映画を撮り続けており現在もその姿勢は変わらない。
初監督作『レザボア・ドッグス』はその凄惨な暴力描写から、上映前に妊婦や心臓に悪い人は鑑賞を控えるよう、注意が呼びかけられた。
最新作『ジャンゴ・繋がれざる者』でも容赦のない流血描写、バイオレンス描写を見せつけた。

初期の作品、『レザボア・ドッグス』や『パルプ・フィクション』では、時間軸を巧みに使ったシナリオ構成が高く評価された。
近頃は影をひそめたが、本筋とは関係がない、他愛のない会話シーンを場面場面で挟むといった演出を好んで使っている。

人物

映画界きっての変人として知られており、上述のとおり、非常にハイテンションな人物である。
メディアへの露出が非常に高く、自身が制作に携わった映画や、懇意にしている監督の作品に俳優として出演することもある。ちなみに演技力は非常に高い。

2009年に『イングロリアス・バスターズ』のプレミアで来日した際に、ソフトバンクのCMに本人役で出演した。
ハリウッドの有名映画監督日本のCMに出演することはたびたびあることだが、映画とは無関係なCMに好んで出演するのは、おそらく彼くらいだろう。

『SMAP×SMAP』の企画『ビストロSMAP』にゲストとして招待された際、強烈なマシンガントークを披露し、司会の中居正広に制止された。

いわゆる名作・大作より、B級映画・カルト映画を好み、自身の作品にもそれらの影響が色濃く反映されている。
日本映画はジャンルを問わず大好きで、黒澤映画のような世界的な知名度のある作品から、深作欣二作品のような、ややマイナーな作品、はては東宝のゴジラ映画といった特撮ものにも精通しているという自他ともに認める日本映画オタク

以上のように、映画監督としては非常に変わった部類の人物であるが、その手腕は確かであり、映画界最高の栄誉であるアカデミー賞では、脚本賞を二度受賞しており、映画『パルプ・フィクション』では、世界三大映画祭に数えられるカンヌ国際映画祭で、最高賞の『パルムドール』を受賞するなど、批評家や映画ファンから高く評価されている。

作品

監督

レザボア・ドッグス』1992年
パルプ・フィクション』1994年
『ジャッキー・ブラウン』1997年
キル・ビル Vol.1』2003年
『キル・ビル Vol.2』2004年
『デスプルーフ in グラインドハウス』2007年
イングロリアス・バスターズ』2009年
ジャンゴ・繋がれざる者』2012年

脚本

(監督作を除く)
『トゥルー・ロマンス』1993年
『ナチュラル・ボーン・キラーズ』1994年 - 原案
『フォー・ルームス』第4話「ペントハウス ハリウッドから来た男」1995年
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』1995年
『Curdled』1996年
『CSI:科学捜査班シーズン5』「CSI"12時間"の死闘」2005年

出演

『スリープ・ウィズ・ミー』1994年
『サムバディ・トゥ・ラブ』1994年
『ジョニー・デスティニー』1995年
デスペラード』1995年
『フロム・ダスク・ティル・ドーン』1996年
『ガール6』1996年
スティーブン・スピルバーグのディレクターズチェア』1996年
『リトル★ニッキー』2000年
『エイリアス』2002年
『バッドアス・シネマ』2002年
『Z Channel: A Magnificent Obsession』2004年
『マペットのオズの魔法使い The Muppets' Wizard of Oz』2005年
プラネットテラー in グラインドハウス』2007年
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』2007年
『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』2008年

関連タグ

映画監督 / 脚本家 / 俳優

外部リンク

クエンティン・タランティーノ - Wikipedia
クエンティン・タランティーノとは - ニコニコ大百科
クエンティン・タランティーノとは - はてなキーワード
クエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino) のプロフィール - allcinema
クエンティン・タランティーノ - Yahoo!映画
クエンティン・タランティーノ - 映画.com

pixivに投稿された作品 pixivで「クエンティン・タランティーノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9859

コメント